1. Home
  2. EAT
  3. 2018年、フード&ドリンクの注目トレンド

2018年、フード&ドリンクの注目トレンド

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

16,433

2018年、フード&ドリンクの注目トレンド

次々とプロバイオティクスや他の健康指向の成分が含まれている食品やドリンクが登場しています。2018年、注目していきたいフード&ドリンクをご紹介します。

試したい食品、プロバイオティクスのドリンク、健康にいいドリンク

食品

グラノーラ人気の朝食。プロバイオティクスが新たに加えられることに。

キムチ以前からトレンドになっている韓国のサイドディッシュ。白菜の漬物。ますます多くの製品が登場しています。

チョコレート腸を健康にする商品に注目。プロバイオティクス入りチョコレートバーやチョコレート味の食用サプリメントが登場。

はちみつ好まれてきた自然の甘味料を発酵させて。プロバイオティクス入りにするイノベーション。

プロバイオティクスのドリンク

お茶ますます多くのブレンド品。熱に強いプロバイオティクスが入るように。

コンブチャ人気の発酵茶。古くからあるルートビアは健康面で見直され、より現代的な現代的なアレンジが加えられます。

ジュース果実飲料は、プロバイオティクスのトレンドに乗り、生きた培養菌が加えられることに。

飲用酢次なるコンブチャと予測される飲用酢。ジュースや炭酸水でうすめて飲むと、通常、十億個単位の生きた培養菌が入っています。

健康にいいドリンク

スイカジューストレーニング後の疲労回復によいとされるドリンク。抗酸化物質に富み、筋肉痛を減少させるアミノ酸も含みます。

ピクルスジュース低カロリーの製品が、筋肉のけいれんに良いと注目。アイスキャンディーやフルーツポンチなどの意外な形で。

植物由来の水カバ、カエデ、サボテンから取った水。糖を加えなくても風味は十分。

オート(燕麦)ミルク新しいインスタント飲料ドリンク。乳製品を含まずにミルクに替わる甘みに関心が寄せられます。

2018年、去るものと来るもの

20171228_healthytrend_1.jpg

新しい製品を採点して、健康のニュースやこれからの大きな動きについて、認定管理栄養士で「80トウェンティ・ニュートリション」社長のクリスティ・ブリセットさんに聞きます。

2018年に来るものと去るものとは?

去るもの

20171228_healthytrend_2.jpg

極端なダイエット炭水化物を排除したケトン食のような厳しい食事プランのほか、肉や乳製品を食べないヴィーガン。重要な食品群が排除されてしまいます。

ジュースでデトックス「毒素」を排出するのはウソだと明確に。継続的な体重減少にもつながりません。

ザワークラウト食のメインストリームに速やかに取り入れられました。バーベキューでは腸に良いといってももはや目新しくはありません。

ココノナッツオイル米国心臓協会が2017年、ココナッツオイルには莫大な飽和脂肪が含まれると注意を促しました。

アーモンド小麦粉グルテンフリーの流れの中で小麦粉の代替品の一つとして最初に注目されましたが、熱狂はさめました。

マイクログリーンルッコラやケールなどのよくある葉物のスーパーフードのスプラウトですが、ブームは過ぎました。

ターメリックポップコーンやトルティーヤから始まり、2017年にはさらに多くのものに振りかけられたスパイス。でも今は次の香辛料へと関心は移っています。

古代の穀物スペルト小麦とファッロ(エンマー小麦)は昨年まではエキゾチックではあったのですが、目新しさはなくなってしまいました。

豆乳植物由来のミルク界で最初にブレークした人気者。大豆はさまざまな新しいナッツミルクを前に輝きを失いつつあります。

来るもの

20171228_healthytrend_3.jpg

フレキシタリアン(柔軟な菜食主義者)食健康への緩やかなアプローチ。植物をベースにした食事ですがときどき肉も食べられます。

飲むスープジュースではなく、食物繊維も詰め込まれた野菜のビン詰めスープです。

納豆発酵させた大豆から作られた日本のサイドディッシュ。その魅力的なうまみのおかげでトレンドに。

アボカドオイル飽和脂肪がココナッツオイルよりもはるかに少なく、チップスやマヨネーズなどの多数の製品で見られそう。

キャッサバ粉ブラジル原産の根菜から作られ食物繊維が豊富。グルテンを含まず、穀物原料も含まない新しい粉です。

ベビーキヌア小さくてコリコリしたベビーキヌアは、キヌアと同様に健康上の多くのメリット。やや多めのタンパク質を含みます。

生姜生姜は飲み物に風味を添えます。生姜水、ジュース、抽出液が、市場に多く出回りそう。

根菜類天然甘味料、ビタミンAが豊富なサツマイモやカボチャのデンプンから作られたパンを多くみることになるでしょう。

カシューナッツミルクアーモンドミルクは大豆に代わって安定して人気がありますが、それより少し甘味が少ないカシューナッツミルクが支持を広げそう。

The Editors of Prevention/These Are The Hot New Health Trends To Look For In 2018訳/ STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「糖質制限なんてする必要ありません」食事制限ダイエットの落とし穴

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    8. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    9. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    8. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    9. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    5. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?