1. Home
  2. EAT
  3. 2018年、フード&ドリンクの注目トレンド

2018年、フード&ドリンクの注目トレンド

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

11,749

2018年、フード&ドリンクの注目トレンド

次々とプロバイオティクスや他の健康指向の成分が含まれている食品やドリンクが登場しています。2018年、注目していきたいフード&ドリンクをご紹介します。

試したい食品、プロバイオティクスのドリンク、健康にいいドリンク

食品

グラノーラ人気の朝食。プロバイオティクスが新たに加えられることに。

キムチ以前からトレンドになっている韓国のサイドディッシュ。白菜の漬物。ますます多くの製品が登場しています。

チョコレート腸を健康にする商品に注目。プロバイオティクス入りチョコレートバーやチョコレート味の食用サプリメントが登場。

はちみつ好まれてきた自然の甘味料を発酵させて。プロバイオティクス入りにするイノベーション。

プロバイオティクスのドリンク

お茶ますます多くのブレンド品。熱に強いプロバイオティクスが入るように。

コンブチャ人気の発酵茶。古くからあるルートビアは健康面で見直され、より現代的な現代的なアレンジが加えられます。

ジュース果実飲料は、プロバイオティクスのトレンドに乗り、生きた培養菌が加えられることに。

飲用酢次なるコンブチャと予測される飲用酢。ジュースや炭酸水でうすめて飲むと、通常、十億個単位の生きた培養菌が入っています。

健康にいいドリンク

スイカジューストレーニング後の疲労回復によいとされるドリンク。抗酸化物質に富み、筋肉痛を減少させるアミノ酸も含みます。

ピクルスジュース低カロリーの製品が、筋肉のけいれんに良いと注目。アイスキャンディーやフルーツポンチなどの意外な形で。

植物由来の水カバ、カエデ、サボテンから取った水。糖を加えなくても風味は十分。

オート(燕麦)ミルク新しいインスタント飲料ドリンク。乳製品を含まずにミルクに替わる甘みに関心が寄せられます。

2018年、去るものと来るもの

20171228_healthytrend_1.jpg

新しい製品を採点して、健康のニュースやこれからの大きな動きについて、認定管理栄養士で「80トウェンティ・ニュートリション」社長のクリスティ・ブリセットさんに聞きます。

2018年に来るものと去るものとは?

去るもの

20171228_healthytrend_2.jpg

極端なダイエット炭水化物を排除したケトン食のような厳しい食事プランのほか、肉や乳製品を食べないヴィーガン。重要な食品群が排除されてしまいます。

ジュースでデトックス「毒素」を排出するのはウソだと明確に。継続的な体重減少にもつながりません。

ザワークラウト食のメインストリームに速やかに取り入れられました。バーベキューでは腸に良いといってももはや目新しくはありません。

ココノナッツオイル米国心臓協会が2017年、ココナッツオイルには莫大な飽和脂肪が含まれると注意を促しました。

アーモンド小麦粉グルテンフリーの流れの中で小麦粉の代替品の一つとして最初に注目されましたが、熱狂はさめました。

マイクログリーンルッコラやケールなどのよくある葉物のスーパーフードのスプラウトですが、ブームは過ぎました。

ターメリックポップコーンやトルティーヤから始まり、2017年にはさらに多くのものに振りかけられたスパイス。でも今は次の香辛料へと関心は移っています。

古代の穀物スペルト小麦とファッロ(エンマー小麦)は昨年まではエキゾチックではあったのですが、目新しさはなくなってしまいました。

豆乳植物由来のミルク界で最初にブレークした人気者。大豆はさまざまな新しいナッツミルクを前に輝きを失いつつあります。

来るもの

20171228_healthytrend_3.jpg

フレキシタリアン(柔軟な菜食主義者)食健康への緩やかなアプローチ。植物をベースにした食事ですがときどき肉も食べられます。

飲むスープジュースではなく、食物繊維も詰め込まれた野菜のビン詰めスープです。

納豆発酵させた大豆から作られた日本のサイドディッシュ。その魅力的なうまみのおかげでトレンドに。

アボカドオイル飽和脂肪がココナッツオイルよりもはるかに少なく、チップスやマヨネーズなどの多数の製品で見られそう。

キャッサバ粉ブラジル原産の根菜から作られ食物繊維が豊富。グルテンを含まず、穀物原料も含まない新しい粉です。

ベビーキヌア小さくてコリコリしたベビーキヌアは、キヌアと同様に健康上の多くのメリット。やや多めのタンパク質を含みます。

生姜生姜は飲み物に風味を添えます。生姜水、ジュース、抽出液が、市場に多く出回りそう。

根菜類天然甘味料、ビタミンAが豊富なサツマイモやカボチャのデンプンから作られたパンを多くみることになるでしょう。

カシューナッツミルクアーモンドミルクは大豆に代わって安定して人気がありますが、それより少し甘味が少ないカシューナッツミルクが支持を広げそう。

The Editors of Prevention/These Are The Hot New Health Trends To Look For In 2018訳/ STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    2018年、フード&ドリンクの注目トレンド

    FBからも最新情報をお届けします。