1. Home
  2. EAT
  3. 肝臓が疲れたら、イチゴとコーヒーを摂るのがよい理由

肝臓が疲れたら、イチゴとコーヒーを摂るのがよい理由

3,128

林 ゆり

肝臓が疲れたら、イチゴとコーヒーを摂るのがよい理由

忘年会から年が明け新年会と、肝臓が疲れる時期です。空っ風にお肌も乾燥して疲れてしまうので、しっかりケアしたいもの。そんなときに、ちょっと意識して摂りたいのが、イチゴポリフェノールコーヒーポリフェノールなんだとか! その理由を金沢大学の太田富久名誉教授に伺いました。

ポリフェノールの効果効能とは?

ポリフェノールが体に良いということはよく聞きますが、その理由は詳しく知らないという人も多いのでは。そもそもポリフェノールとは、植物が自らを酸化ダメージから守るために作り出す物質で、赤ワインやコーヒーなどに豊富に含まれています。

すべてのポリフェノールに抗酸化作用や抗炎症作用があります。また、種々のポリフェノールに置いて、血糖値の上昇抑制、肝機能改善、血中コレステロール上昇抑制など、さまざまな効果について研究がすすめられています」と、太田名誉教授。

なかでも、コーヒーポリフェノールであるクロロゲン酸類などは、アルコールを分解する肝臓のサポート機能が期待されています。また、イチゴポリフェノールであるアントシアニン、エラグ酸は、抗酸化作用があり、お肌のシミリスクの緩和が期待されているそう。この時期、摂るのがおすすめのポリフェノールなんだとか。

ポリフェノールの1日の摂取目安とタイミングは?

ポリフェノールは、体から流れ出てしまうものなので、こまめに摂取するのがよいそう。1日に摂取する目安としては、コーヒーなら1日3杯で、朝昼晩がおすすめだそうです。えっ!夜は眠れなくなるのにと思いましたが「夜はカフェインレスコーヒーにすれば、問題なくポリフェノールを摂ることができ、眠れなくなる心配もない」と太田教授。

また、イチゴポリフェノールは、ブルーベリーやラズベリーにも含まれているので、それらを意識して食事のデザートとして食べるのが◎。

イチゴとコーヒーがマリアージュした不思議なデザートが登場

この両方のポリフェノールを一緒においしく食べられるデザートが、「KICHIRI渋谷」に期間限定で登場しました。その名も『温泉くまモンのコーヒーバスタイム』です。天然素材にこだわった溶けない!? アイスの「金座和アイス」とのコラボで、溶けないのは、イチゴポリフェノールのなせる技なのだそう。室温40度で3時間たってもほとんど溶けない不思議なデザートで、お風呂に見立てたくまモンにホットコーヒーをかけてもすぐに溶けることなく、ゆっくり楽しめます。イチゴとコーヒーのポリフェノール効果が食後のデザートで楽しめるなら、パーティー後のデザートにぴったりです。

171228_kumamon_1.jpg
温泉くまモンのコーヒーバスタイム 790円(税抜)

お酒を飲む機会が多い時期だからこそ、疲れた肝臓とお肌に健康と美容を意識したデザートをプラスして、元気にこの時期を乗り越えましょう。

KICHIRI渋谷」 住所:東京都渋谷区宇田川町23-5 ハイマンテン渋谷ビル 5F 営業時間:月~木・日 17:00~2:00/金・土 17:00~5:00 販売期間:2017年12月12日~2018年1月21日

image via shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?