1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 自分のドーシャに合わせたスキンケア体験ができるサロン

自分のドーシャに合わせたスキンケア体験ができるサロン

自分のドーシャに合わせたスキンケア体験ができるサロン

アーユルヴェーダの「ドーシャ」という考え方が少しずつ知られてきたように思います。最近、出会って印象的だったのが、自分の「ドーシャ」に合わせた基礎化粧品。コスメからシャンプーまで幅広いアイテムを提供するイタリアのオーガニックコスメブランド「LAKSHIMI(ラクシュミ)」を知り、とてもいいアプローチだと感じました。

トスカーナ発、アーユルヴェーダコスメ

LAKSHMIとは25年前にイタリアの土地で始まったブランドです。創始者のフランコ・カンテーリはインドでアーユルヴェーダと出会い、その叡智に衝撃を受けました。人々の心身の健康により貢献したいと考え、トスカーナの研究室から植物由来成分のみで作った化粧品を作り始めました。

20180105_lukshmi2.jpg

ラクシュミの化粧品は、イタリア有機農業協会AIAB・アイアブ(Associazion Italiana per I'Agricolture Biologica)の有機認証を取得しています。また、ラクシュミはオーガニック栽培された原料、バイオダイナミック農法された原料、野生生物から得られる天然の植物エキス、フローラルウォーター、植物性の乳化剤、低温圧搾したオイル、エッセンシャルオイルのみを使用しています。

日本で唯一、LAKSHMIの認定を受けているサロンへ

アーユルヴェーダに関する記事でも取り上げられていますが、アーユルヴェーダの知恵は、その人が持つドーシャにハーブやアロマ、音楽、マッサージなどを通して五感に働きかけることで、生き生きと過ごせるようになる、という考え方です。

それぞれのドーシャに体質の傾向があるように、肌にも特徴があります。その特徴に注目したラクシュミでは、それぞれのドーシャに合わせたアイテムをそろえています。

20180105_lukshmi1.jpg

・ヴァータ

ヴァータは、風のように駆け抜けるバタバタ忙しい働き者。皮膚が乾燥しやすく、シワになりやすい、くすみやすく、乾燥による湿疹があることも。

環境ストレスに弱いヴァータ肌に必要なのは、うるおいを与えてしっかりと保湿することが大切です。 ヴァータのスキンケアラインは、お肌に水分を与え、柔軟性を保ち、みずみずしくしっとりとした肌へと導きます。

・ピッタ

ピッタは、火のように熱く情熱的なリーダー。ピッタは、肌が赤くなったり、日焼けに弱かったり、ヒリヒリしやすい敏感な肌であることが多いそう。

必要なのは、肌を落ち着かせて過酷な環境やストレスから守ること。 ピッタのスキンケアラインは、バランスを整え、落ち着きのあるすこやかな肌へと導きます。

・カパ

土のように安定して大らかでおっとりした人、カパ。Tゾーンがテカりやすく、吹き出物やニキビができやすく、混合肌でTゾーンのテカり、くすみを気にしていることが多いそう。

化粧崩れが気になるカパ肌に必要なのは、肌をしっかりと清浄し、うるおいを与えること。カパのスキンケアラインは、さっぱりと洗浄しながらも肌のキメを整えるように処方されています。

20180105_lukshmi4.jpg

サロンでは、セラピストがその人のライフスタイルや体質を慎重に見て、カウンセリングしてからアイテムを選びます。スキンケアシリーズは、クレンジングクリーム、化粧水、ナイトクリーム、フェイスマスクなど幅広いアイテムがありますが、とくにいいと感じたのがクレンジングクリーム。テクスチャーは柔らかめで、自分のドーシャと合っているからなのか、肌にどんどんなじんでいく新しい感覚がありました。

自分をケアするアイテムだからこそ「ドーシャに合っているかどうか? 」という切り口で、見直してみるのもいいと感じます。

AROMAVEDA JAPAN,LAKSHIMI

小竹美沙

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    自分のドーシャに合わせたスキンケア体験ができるサロン

    FBからも最新情報をお届けします。