1. Home
  2. EAT
  3. 薫り高きフランス発の自然派フレーバーシロップで毎日の料理が変わる!

薫り高きフランス発の自然派フレーバーシロップで毎日の料理が変わる!

2,855

松崎桃子

薫り高きフランス発の自然派フレーバーシロップで毎日の料理が変わる!

ホームパーティーのとき、おもてなし料理に時間をかけてしまってスイーツやドリンクまで手がまわらない! なんてことありませんか? そんなときに活躍するのがシロップ。素材にこだわった豊かなフレーバーのシロップが登場しました。

研究から生み出されたノンコレステロールの自然派シロップ

2017年10月に日本に上陸した「1883 Maison Routin(メゾンルータン)」は、1883年創業によるフランス産自然派シロップブランド。薬草師が構想し、創業以来アロマの研究を続けてきました。ヨーロッパでは初となる味覚や調香の研究施設1883ラボ」を有し、日々2000種類以上ある調香の中から調合を繰り返し、代々受け継がれてきたレシピです。

1801_maisonroutin_01.jpg
1883 メゾンルータン <左から>フレンチバニラシロップ、キャラメルシロップ、ローズシロップ、ストロベリーシロップ / 各3,240円(税込)

全てフランスの自社工場で生産され、アルプスの恵みから培われる透き通る天然水。さらには、通常の白糖よりも口当たりがさらっと滑らかで、ミネラル分も多く含まれ、ノンコレステロールの100%甘蔗糖(サトウキビから作った砂糖)を使用。その甘蔗糖にそれぞれのフレーバーを混ぜ込んでいくのですが、ほぼ自然の素材から摘出したエッセンスを使用しているため、まるで本物を味わっているようなジューシーで繊細な香りを楽しむことができるんです。

カフェ、カクテルはもちろんのことサラダ、スイーツやかき氷など使い方は自由。素材を邪魔しないので、オリジナルレシピを作り出すことができます。「キャラメル」、「ヘーゼルナッツ」、「チャイティー」、「ストロベリー」「ブルーキュラソー」、「モヒートミント」、「ライチ」、「ローズ」「ポップコーン」など全部で18種類。2018年1月には「チェリー」「ラベンダー」「オーキッド」、「キュウリ」「ミラベル」などさらに10種類の味が加わる予定になり、よりレシピも幅も広がります。

カフェ、カクテル、サラダ......アイディア次第でさまざまなメニューに

シロップを使うだけでテーブルが一気に華やぐ! お好みの素材にかけるだけで完成する手軽さも魅力です。

・フレンチバニラヨーグルト

1801_maisonroutin_02.jpg

香り豊かなフレンチバニラシロップはヨーグルトにもぴったり。お好みでナッツやグラノーラを入れて。

・ローズフレンチソーダ

1801_maisonroutin_03.jpg

シロップを炭酸で割っただけで、いっきにおしゃれなフレンチソーダの出来上がり。見た目にも鮮やかでフルーツやミントを添えるだけ。女性にはローズがおすすめ。

・ドゥミ ストロベリービア

1801_maisonroutin_04.jpg

フランスではどこのバーも置いているビールのシロップ割り。ストロベリーシロップは、ビールのほろ苦さをまろやかに変えるので、ビールが苦手な人もこれならいけるかも。

・ホットチャイ焼酎

1801_maisonroutin_05.jpg

あたたかいミルクの焼酎割り。チャイのスパイシーで濃厚な味わいと、ミルク、焼酎の相性が抜群。身体をポカポカ温めます。

・チョコレートパンケーキ

1801_maisonroutin_06.jpg

パンケーキには出来上がりにかけるだけでなく、チョコレートシロップを生地に砂糖の代わりに練り込むのも◎。焼いている最中に香りが広がり、心も味わいもリッチに。

その他にも、サラダにライムシロップをまぜてドレッシングにしたりと使い方は無限大。手軽なのに手の込んだ料理やドリンクが作れる「1883 Maison Routin」のシロップ。食卓を一気に華やかにしてくれること間違いなしです。

1883 Maison Routin

aroma_banner_640_148-1.jpg

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?