1. Home
  2. MIND
  3. セレブも注目する編み物のセラピー効果とは?

セレブも注目する編み物のセラピー効果とは?

1,726

セレブも注目する編み物のセラピー効果とは?

最近フランスでたびたび目にするのが、「ヨガとしての編み物」という言葉。よくよく読めば、単調なリズムを手が刻むことで、心に平穏がやってくる現象を指しています。

編み物でアンチ・ストレスできる!

実際、Sain et Naturelによれば、アメリカの医療関係者には、編み物をアンチ・ストレスのひとつと考える人も少なくありません。

ニューヨークのカブリーニ医療センターは、重度で痛みを伴う治療を受けなければならない患者に(編み物を)勧めています。また、ハーバード医学スクールのハーバート・ベンソン教授は、編み物は、慢性的疼痛をやわらげ、高血圧を軽減し、不眠の改善に効果的であると説いています。

(「Sain et Naturel」から翻訳引用)

フランスのジャーナリストであるイネス・ペレは、そのブログの中で、撮影中のストレス軽減のために、編み物に魅せられた女優として、ウマ・トゥルマンや、ジュリア・ロバーツ、シャーロン・ストーン、スカーレット・ヨハンソン、また俳優のラッセル・クロウやライアン・ゴズリングを挙げています。

編み物でマインドフルネスも

日常の家事の単調作業がマインドフルネス効果をもたらすということは、以前から言われていますが、編み物のリズムもまた同様の効果を生むのでしょう。

それに加えて、毛糸の手触りや、色の組み合わせを見たり想像したりすることで、五感へも心地よい刺激を得ることができます。

編むことは、視覚と触覚への喜びとも関連します。

(「Sain et Naturel」から翻訳引用)

そうして、忘れてはいけないのが、最後には何らかの作品が残る、つまり、達成感ももたらせてくれるという点です。

ライアン・ゴズリングが言うように、この活動の最後には、美しい作品を得ることができます。

(「Totalement Inès Peyret」より翻訳引用)

言ってみれば、一石三鳥をもたらす「ヨガとしての編み物」。じわじわと編み物人口が増えているのも当然なのかもしれません。フランスでは、これまで、編み物というと、おばあちゃんの専売特許という認識で、趣味に挙げる人には滅多に出会うことがありませんでした。

けれども、ここ最近、気をつけて見てみると、本屋の「心の健康」コーナーに、瞑想や塗り絵の本と並んで、編み物の本が置かれているではありませんか。

いつの間にか、トレンドになりつつある編み物。夜が長く、かえって手持無沙汰なこの季節。安眠のためにも、うん十年ぶりに編み針に触れてみようかなと、私も思案中です。

Sain et Naturel ,Totalement Inès Peyret

image via Shutterstock

Writing by冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    2. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    3. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    4. 携帯の見すぎや遅刻グセ。「6つのよくある悪いクセ」とサヨナラする方法

    5. 温朝食の新習慣で冷え性対策。1日を温かいスープではじめる提案

    6. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    7. 今夜は立食の「焼肉」です【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    8. 『乳酸菌がすべてを解決する』の著者が教える、乳酸菌を効果的に摂り入れる方法

    9. こんなに可愛い「大福茶」というセット【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    10. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    1. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    2. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    3. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    4. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    5. 女性が不安になる原因のひとつ。生理にまつわる悩み4

    6. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

    7. 寒い夜に火鍋、最高!【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    8. 願いを叶える、新年にはじめたい新習慣4つ

    9. 「馬肉のカルパッチョ」を作ったら、こりゃ美味い!【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    10. 身につけたら一生もの。生きていく上で役立つスキル5つ

    1. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    2. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

    3. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    4. 1年の終わりにやるといいこと、やらない方がいいこと

    5. 目にも楽しい朝食で整える「築地本願寺カフェTsumugi」の朝ごはん

    6. すっぴん美人が実践するお風呂活用術

    7. 2018年、目指すは「快腸」! たった3日でできる「腸」リセット法

    8. この冬に欲しいのは「やわらか肌のほっぺた」

    9. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    10. ネガティブをポジティブに変える、3つの思考法

    セレブも注目する編み物のセラピー効果とは?

    FBからも最新情報をお届けします。