1. Home
  2. EXERCISE
  3. 裸でヨガする「ヌードヨガ」のメリットとは?

裸でヨガする「ヌードヨガ」のメリットとは?

22,130

キュンメルめぐみ

裸でヨガする「ヌードヨガ」のメリットとは?

世の中には、家にいる間に何も着ないでリラックスする、いわゆる「裸族」が存在するようです。そしてヨガの世界にも「裸でヨガをする」教室が、世界中のあちこちにあるのだとか。裸でヨガをするメリットはどこにあるのでしょうか。

実践、裸でヨガ。解放感と心地よさ、集中力がアップ

はじめから他人の前で服を脱ぐのは抵抗感があるため、自宅にて試してみた時のこと。思った以上に心地よく、温かい部屋の温度も手伝って、なんだかいつも以上に身軽で、解放感を感じます。あたりの空気の香りや流れが肌に直接触れれば、神経が研ぎ澄まされたような感覚に。血の巡りが良くなり体感温度が上がっていく様子、また全身の毛穴が開く感じが直で伝わってきます。衣服をまとっていないため、余計な音や圧迫感に悩まされることがないので、いつも以上に集中することができました。

実はこのブームのきっかけは、2年前のこと。ある26歳の女性が、裸でヨガをしている自身をSNSにアップしたこと。どんな体形であれ、歳や見た目などに関係なく、自分はそのままでよいのだという「ボディポジティブ運動」を広げるために始めたのでした。彼女が裸でヨガをしているところをSNSに投稿するように促したところ、66万人ものフォロワーが付いたのだとか。

SNSで発信される、自信に満ちた美しい裸体

現在SNS上では「#nygyoga」で裸でヨガをするヨギーニ達の姿が頻繁に見られます。

まるでアート作品のように美しいボディ。

筋肉の流れや動きが臨場感をもって伝わる。

カップルが一緒になって裸でヨガをすれば「心のつながり」を感じられそう。

彼女たちの写真からは、一種の力強さと静けさ、そして自分の体をありのままに愛するポジティブなエネルギーを感じて、たとえどんな体形をしていてもとても美しく、彫刻のようだと感じます。ヨガの真意でもある「調和」や「融合」が表現されていて、神秘的でもある。日本にも、このブームの波は来るでしょうか。

image via shutterstock

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら