1. Home
  2. SPORTS
  3. 裸でヨガする「ヌードヨガ」のメリットとは?

裸でヨガする「ヌードヨガ」のメリットとは?

18,115

キュンメルめぐみ

裸でヨガする「ヌードヨガ」のメリットとは?

世の中には、家にいる間に何も着ないでリラックスする、いわゆる「裸族」が存在するようです。そしてヨガの世界にも「裸でヨガをする」教室が、世界中のあちこちにあるのだとか。裸でヨガをするメリットはどこにあるのでしょうか。

実践、裸でヨガ。解放感と心地よさ、集中力がアップ

はじめから他人の前で服を脱ぐのは抵抗感があるため、自宅にて試してみた時のこと。思った以上に心地よく、温かい部屋の温度も手伝って、なんだかいつも以上に身軽で、解放感を感じます。あたりの空気の香りや流れが肌に直接触れれば、神経が研ぎ澄まされたような感覚に。血の巡りが良くなり体感温度が上がっていく様子、また全身の毛穴が開く感じが直で伝わってきます。衣服をまとっていないため、余計な音や圧迫感に悩まされることがないので、いつも以上に集中することができました。

実はこのブームのきっかけは、2年前のこと。ある26歳の女性が、裸でヨガをしている自身をSNSにアップしたこと。どんな体形であれ、歳や見た目などに関係なく、自分はそのままでよいのだという「ボディポジティブ運動」を広げるために始めたのでした。彼女が裸でヨガをしているところをSNSに投稿するように促したところ、66万人ものフォロワーが付いたのだとか。

SNSで発信される、自信に満ちた美しい裸体

現在SNS上では「#nygyoga」で裸でヨガをするヨギーニ達の姿が頻繁に見られます。

まるでアート作品のように美しいボディ。

筋肉の流れや動きが臨場感をもって伝わる。

カップルが一緒になって裸でヨガをすれば「心のつながり」を感じられそう。

彼女たちの写真からは、一種の力強さと静けさ、そして自分の体をありのままに愛するポジティブなエネルギーを感じて、たとえどんな体形をしていてもとても美しく、彫刻のようだと感じます。ヨガの真意でもある「調和」や「融合」が表現されていて、神秘的でもある。日本にも、このブームの波は来るでしょうか。

image via shutterstock

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?