1. Home
  2. STYLE
  3. ブルームーンが2回に、スーパーマーズも! 2018年注目の天体イベントまとめ

ブルームーンが2回に、スーパーマーズも! 2018年注目の天体イベントまとめ

星と暮らす

12,446

景山えりか

ブルームーンが2回に、スーパーマーズも! 2018年注目の天体イベントまとめ

あけましておめでとうございます。本連載『星と暮らす』を執筆している、景山えりかです。今年で連載は5年目に突入。これまで様々な天体イベントをご紹介してきました。なかでも昨年はやや控えめな年でしたが、そのぶん今年は華やかです! それでは2018年注目の天文現象&こよみのイベントをご紹介しましょう。

2018年最大の満月/スーパームーン(1月2日)

新年最初の満月は、2018年のうちで地球にもっとも接近したタイミングで満月になり、見かけの大きさが年内最大に。俗にいう「スーパームーン」です。夜明け前、月が西の空に沈む直前が見頃です。

皆既月食&ブルームーン(1月31日)

全国で、月の欠け始めから終わりまでの全過程を肉眼で観察できます。21時前から部分食が始まり、22時30分頃に皆既食がピークに達し、部分食が終わるのは日付が変わって午前0時過ぎ。皆既食の最中は、赤銅色に変化した月が夜空に浮かびます。また、この日の満月は、1月中に生じる2度目の満月なので、ブルームーンでもあります。

ブルームーン(3月31日)

ブルームーンとは天文現象ではなく、月が青く輝くわけでもありません。こよみと関係があり、1ヵ月間に2度満月が生じるときの、2度目の満月のことです。2018年は1月31日と3月31日の満月がそれにあたります。ブルームーンを見ると幸せになれるという言い伝えがあります。

ストロベリームーン(6月28日)

6月の満月をストロベリームーンと呼びます。また、夏至の日に近い満月や、初夏の赤みがかった満月をさす場合も。ストロベリームーンを見ると「幸せになれる」「好きな人と結ばれる(結婚できる)」といわれています。

皆既月食(7月28日)

年内2回目の皆既月食です。未明から明け方にかけて食が起こり、月食の状態のまま月が西へ沈んでいく「月入帯食」となります。月の近くには地球に接近中の火星が赤く輝き、2天体の美しい共演が見られるでしょう。

火星の大接近(7月31日)

火星は、約2年2ヵ月の周期で地球への接近を繰り返しています。前回(2016年5月31日)の接近では、地球と火星の距離は約7500万kmでしたが、2018年は約5800万kmまで距離が縮まって「大接近」に。ここまで接近するのは2003年以来で、なんと15年ぶり。スーパーマーズの到来です!

ペルセウス座流星群(8月13日)

見頃は、8月13日未明となりそうです。新月を迎えて間もないので、月明かりの心配もなく、たくさんの流星をキャッチできるでしょう。

中秋の名月(9月24日)

中秋の名月とは、旧暦8月15日のお月様のこと。昔から、1年のうちでもっとも美しい月とされ、お月見をするのが習わしです。

ふたご座流星群(12月14日~15日)

見頃は、14日の夜遅くから15日の明け方まで。月は上弦になる手前で、日付が変わる前には沈むため、月明りの影響は心配なさそうです。空を見上げるときには、防寒対策を忘れずに。

誰の頭上にも広がっている夜空を見上げ、月や星の輝きを目にすることは、何気ない日常に掘り出しものを見つけるようなもの。「空を見上げる」という簡単な行為を意識するだけで、暮らしの中でワクワクや感動を体験できるのです。2018年は星空を人生の一部に、日々の暮らしをより楽しく、心豊かに過ごしましょう。

>>星と暮らすをもっと読みたい

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?