1. Home
  2. MIND
  3. 固定概念が意識をくもらせる「臭い目」を持たずに生きるには

固定概念が意識をくもらせる「臭い目」を持たずに生きるには

固定概念が意識をくもらせる「臭い目」を持たずに生きるには

先日、人間関係のゴタゴタに巻き込まれた友人と会いました。彼女をおとしめるひどい嘘をついた人間がいて、その嘘に尾ひれがついて広がってしまったのだそう。そして事実を確かめない周りの人間によって話はさらに「盛られ」、コントロールが効かなくなってしまったのです。

人間関係は壊れ、真実が知られないまま彼女は仕事を辞めざるを得なくなり......。それを聞いて人生にはこんな理不尽なこともあるのかと怒りを覚えました。

心の声を聴き、自分の意見を持つ

当然悪いのは、嘘を広めた加害者です。きっとその人物も何か大変深刻な問題を抱えているのでしょうが、そんな人間の言うことを真に受けて、相手にしてしまった人にも非があります。後に「騙された」と気づいた彼女の友達も深く傷つき、人間不信になってしまったそうです。

集団心理学のリサーチによると、人が嘘を広める理由にはいくつかあるようですが、グループの中に不安要素があることが一番の大きな原因。不確かな事や情報に関して各々の不安な気持ちを共有・情報交換し、互いになだめようとするだけでなく、集団生活を簡単にする役割を持つのだそうです。

更にグループ内でのセルフ・イメージや自分のステイタスを上げる役割をしたり、また自分よりも優れたものを何とか引きずり下ろしたいという、人間の性も関係するのだそう。企業文化として上司が人の噂ばかりすれば、それに皆が追随するような土壌ができあがり、士気もあがらず、心がバラバラになってしまいます。働く環境も人間関係も、すこしずついろんな要素が複雑に絡みあい、汚染されてしまうのでしょう。

コンプレックスや思い込みはすべて「臭い目」

ハワイには、古くから伝わる言葉「臭い目」というものがあります。「よどんだこころの眼」とか「不信感を宿した目」、また「うがった見方」とも言えるでしょうか。人に対して疑念があったり、あるいは自分の中の偏った価値観やこだわりからおこってしまう、一方的な「決めつけ」。その「決めつけ」という名のレンズが私たちの意識をくもらせ「見極める目」から遠ざけてしまい、他人との距離に悩んでいるときほど私たちの目はますます臭くなってしまうのです。

先の例でいえば、嘘を真に受けた人たちはもしかしたら「臭い目」を持っていたのかもしれません。嘘を大変上手につく人間はどこにでもいますから、やはりここで一番重要なのは、私たちが客観的に物事を見るクセをつけ、そして常に公平な心構えをもつこと。こういった自己の「臭い目」と対峙するプロセスを日頃から行うことが必要なのです。

ある新聞記事の中でダライ・ラマは、フェアであること、透明性があること、そして信頼性があるこの3つを「公平な社会」の3本柱であると言いました。職場は小さな社会でもありますので、同じことが言えるのではないでしょうか。何か問題があったら、まずはみなが同じ情報やゴールを共有できているかを確認する。それらが欠けていたなら信頼感が生まれず、透明性は存在しません。

経営に不満があるのならばそれを意見できるような信頼ある雰囲気や努力したものが公平に認められる人事と、モチベーションのあがる制度が大切。そしてすべてを理想で終わらせずに実際に行動に起こしたり、何か大きな困難が起きた時、手を差し伸べて助けてくれるようなリーダーが必要なのは言うまでもありません。

Psychology Today,HUFFPOST

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 知らない間にストレスを蓄積させている行動習慣とは

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

    8. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器

    9. オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい

    10. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    6. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    7. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    固定概念が意識をくもらせる「臭い目」を持たずに生きるには

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More