1. Home
  2. STYLE
  3. ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

2,554

ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

若々しくて爽やか、活発な印象を与えてくれる「ポニーテール」。運動するときも髪が邪魔にならず、おしゃれに決まる髪型です。けれど40を過ぎたあたりから、髪の毛のコシやボリュームが足りなくて、ポニーテールが貧弱な感じになってします。そんな問題を解決するべく生まれたのが「Pony Puffin(ポニーパフィン)」です。

まるでカヌレ型!?ドイツ国内話題No.1のヘア・ガジェット

一見すると、まるで小さなカヌレ型のようなポニーパフィン。ポニーテールを楽しみたいけれど、髪の毛の問題が原因でうまく髪の毛がしばれない女性に人気のアイテムです。

例えば髪の毛が細くサラサラで、ポニーテールをしていると結び目が落ちてきてしまう人。スポーツをする際にすぐにほどけてしまうため邪魔になり、どうしても集中できないという声も多くありました。また伸びかけの髪の毛をアップして、可愛らしい印象を楽しみたいけれど、髪の毛のボリュームが足りなくてバサバサ。高い位置でしばれないため、シルエットが崩れて、逆に老けているようにも見えてしまいます。

ポニーパフィンは自然な形でボリュームアップさせてくれるだけでなく、ポニーテールがしっかり長持ちし、かつ見た目も美しいポニーテールを作ることに特化した見せないヘアアクセサリーなんです。

使い方はとても簡単! ただ髪の毛に一緒に入れ込んで結ぶだけで自然なボリューム感のあるポニーテールが仕上がります。

手軽にすっきりおしゃれな印象を作るなら断然、ポニーテール

髪の毛を結ぶ位置を変えるだけで、その印象がガラリとかわるポニーテール。ちょっと高めに結べばスポーツをするときに便利なだけでなく、元気で活発なハキハキした印象を与えます。服に合わせて大人っぽいアレンジにしたいときにはミディアムがおすすめ。ちょっとそこまで、の距離を出かけるときにもお手軽に結ぶことができ、シュシュなどを合わせればかわいらしくて華やかに。真面目でしっとりとしたシルエットを作るならローポニーテール。ビジネスシーンでも外さず、夜にはくるりんぱすればラフなまとめ髪にも変身でき、女性らしく仕上げることができます。

水にも強く、安全で衛生的なシリコンを使っているため、水泳などのスポーツする際にもピッタリ。若い女性のみならず30代や40代のスポーツウーマンが特に注目しているようで、この時期購入、値段のお手ごろさからも友達にプレゼントしているのを見かけます。ドイツ国内のみで生産されており、ビジネスはまだ始まったばかりのポニーパフィン。カラーのバリエーションを含め、これから世界進出が楽しみです。

[Pony Puffin]

image via shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    6. 自分に合う仕事を探していませんか? | 禅僧のおことば 18

    7. ロマンスを進める準備はできてますか? カップルに試してほしいこと<前編>

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

    10. ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

    1. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

    FBからも最新情報をお届けします。