1. Home
  2. STYLE
  3. ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

2,952

ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

若々しくて爽やか、活発な印象を与えてくれる「ポニーテール」。運動するときも髪が邪魔にならず、おしゃれに決まる髪型です。けれど40を過ぎたあたりから、髪の毛のコシやボリュームが足りなくて、ポニーテールが貧弱な感じになってします。そんな問題を解決するべく生まれたのが「Pony Puffin(ポニーパフィン)」です。

まるでカヌレ型!?ドイツ国内話題No.1のヘア・ガジェット

一見すると、まるで小さなカヌレ型のようなポニーパフィン。ポニーテールを楽しみたいけれど、髪の毛の問題が原因でうまく髪の毛がしばれない女性に人気のアイテムです。

例えば髪の毛が細くサラサラで、ポニーテールをしていると結び目が落ちてきてしまう人。スポーツをする際にすぐにほどけてしまうため邪魔になり、どうしても集中できないという声も多くありました。また伸びかけの髪の毛をアップして、可愛らしい印象を楽しみたいけれど、髪の毛のボリュームが足りなくてバサバサ。高い位置でしばれないため、シルエットが崩れて、逆に老けているようにも見えてしまいます。

ポニーパフィンは自然な形でボリュームアップさせてくれるだけでなく、ポニーテールがしっかり長持ちし、かつ見た目も美しいポニーテールを作ることに特化した見せないヘアアクセサリーなんです。

使い方はとても簡単! ただ髪の毛に一緒に入れ込んで結ぶだけで自然なボリューム感のあるポニーテールが仕上がります。

手軽にすっきりおしゃれな印象を作るなら断然、ポニーテール

髪の毛を結ぶ位置を変えるだけで、その印象がガラリとかわるポニーテール。ちょっと高めに結べばスポーツをするときに便利なだけでなく、元気で活発なハキハキした印象を与えます。服に合わせて大人っぽいアレンジにしたいときにはミディアムがおすすめ。ちょっとそこまで、の距離を出かけるときにもお手軽に結ぶことができ、シュシュなどを合わせればかわいらしくて華やかに。真面目でしっとりとしたシルエットを作るならローポニーテール。ビジネスシーンでも外さず、夜にはくるりんぱすればラフなまとめ髪にも変身でき、女性らしく仕上げることができます。

水にも強く、安全で衛生的なシリコンを使っているため、水泳などのスポーツする際にもピッタリ。若い女性のみならず30代や40代のスポーツウーマンが特に注目しているようで、この時期購入、値段のお手ごろさからも友達にプレゼントしているのを見かけます。ドイツ国内のみで生産されており、ビジネスはまだ始まったばかりのポニーパフィン。カラーのバリエーションを含め、これから世界進出が楽しみです。

[Pony Puffin]

image via shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    2. 20分以内でつくることができる高タンパク質メニュー6

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?