1. Home
  2. STYLE
  3. ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

1,785

ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

若々しくて爽やか、活発な印象を与えてくれる「ポニーテール」。運動するときも髪が邪魔にならず、おしゃれに決まる髪型です。けれど40を過ぎたあたりから、髪の毛のコシやボリュームが足りなくて、ポニーテールが貧弱な感じになってします。そんな問題を解決するべく生まれたのが「Pony Puffin(ポニーパフィン)」です。

まるでカヌレ型!?ドイツ国内話題No.1のヘア・ガジェット

一見すると、まるで小さなカヌレ型のようなポニーパフィン。ポニーテールを楽しみたいけれど、髪の毛の問題が原因でうまく髪の毛がしばれない女性に人気のアイテムです。

例えば髪の毛が細くサラサラで、ポニーテールをしていると結び目が落ちてきてしまう人。スポーツをする際にすぐにほどけてしまうため邪魔になり、どうしても集中できないという声も多くありました。また伸びかけの髪の毛をアップして、可愛らしい印象を楽しみたいけれど、髪の毛のボリュームが足りなくてバサバサ。高い位置でしばれないため、シルエットが崩れて、逆に老けているようにも見えてしまいます。

ポニーパフィンは自然な形でボリュームアップさせてくれるだけでなく、ポニーテールがしっかり長持ちし、かつ見た目も美しいポニーテールを作ることに特化した見せないヘアアクセサリーなんです。

使い方はとても簡単! ただ髪の毛に一緒に入れ込んで結ぶだけで自然なボリューム感のあるポニーテールが仕上がります。

手軽にすっきりおしゃれな印象を作るなら断然、ポニーテール

髪の毛を結ぶ位置を変えるだけで、その印象がガラリとかわるポニーテール。ちょっと高めに結べばスポーツをするときに便利なだけでなく、元気で活発なハキハキした印象を与えます。服に合わせて大人っぽいアレンジにしたいときにはミディアムがおすすめ。ちょっとそこまで、の距離を出かけるときにもお手軽に結ぶことができ、シュシュなどを合わせればかわいらしくて華やかに。真面目でしっとりとしたシルエットを作るならローポニーテール。ビジネスシーンでも外さず、夜にはくるりんぱすればラフなまとめ髪にも変身でき、女性らしく仕上げることができます。

水にも強く、安全で衛生的なシリコンを使っているため、水泳などのスポーツする際にもピッタリ。若い女性のみならず30代や40代のスポーツウーマンが特に注目しているようで、この時期購入、値段のお手ごろさからも友達にプレゼントしているのを見かけます。ドイツ国内のみで生産されており、ビジネスはまだ始まったばかりのポニーパフィン。カラーのバリエーションを含め、これから世界進出が楽しみです。

[Pony Puffin]

image via shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    ボリューム多めで形も完璧「最高のポニーテール」を作るコツ

    FBからも最新情報をお届けします。