1. Home
  2. BODY
  3. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

67,684

体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

長い人生、これまでずっと食べてきたわけですから、食事の習慣というのは誰にもあります。

ピーナッツバターなしでバナナが食べられないとか、常にお昼ご飯を食べるのが遅いとか。自分にとってルーティンな食べ方があるのは普通でしょう。多くは大した問題にならないのですが、中には体重を減らそうという努力を台無しにしてしまうものもあります。

「悪い習慣が、自分の運命を左右するかもしれません」とニューヨークに拠点を置く栄養士、ジェシカ・コーディングさんは言いいます。

ニューヨーク・ニュートリション・グループのCEO、リサ・モスコヴィッツさんも同じ意見。「不健康な習慣があるのだとすれば、食事の計画を工夫することが大切です。体重を減らすのは、オーケストラのようなもの。すべてが一体になるよう適切なタイミングに、適切に配置していく必要があるのです」。

体重を減らしたいけれども、生活を大きく変えたくないのであれば、悪い習慣を気にすることです。あなたの生活を大きく変える必要はありません。

01.毎日、ワインを飲まずにはいられない

20171117_weigth_1.jpg

「毎日、ワインを少しずつ飲むことは身体に良いとされますが、家では飲みすぎる傾向があります」とコーディングさん。一晩でワイン1杯飲むと、750mL入りボトルだと5日間分。ワインはカロリーをともなうので、総カロリーに加えられます。さらにワインを飲むと、食欲も増すので、気をつけないと食べ続けてしまうのです。一方で、量や回数を減らせば、逆に大きなインパクトはあるのです。

02.食事を飛ばしがち

20171117_weight_2.jpg

仕事に夢中になってお昼を忘れることがあります。でも、あなたの体重を減らそうという努力を台無しにするかもしれないとモスコヴィッツさん。それは夕食の時間まで空腹なままだと食べ過ぎてしまうためです。

03.コーヒーにクリームと砂糖を入れる

20171117_weight_3.jpg

コーディングさんによれば、コーヒーにクリームと砂糖を入れるとおいしくなりますが、飲み過ぎの原因にも。完全にやめられないならば、徐々に減らしていくようにしましょう。人は徐々に砂糖に対して鈍感になる傾向があるのです。舌で味を感じる「味蕾(みらい)」の状態が元に戻るまでにはしばらくかかります。砂糖やクリームを容器から入れるのではなく、小さなポーションで入れるようにしてみるのもいいでしょう。

04.食事の後には、必ず甘いものを食べる

20171117_weight_4.jpg

あっという間に癖になりますが、デザートはすべてが総カロリーに乗ってきますと、コーディングさんは厳しい指摘。スイーツがないと、満足できなくない?「食事の終わりの決まりごとか、口の中の味を変えるものを望んでいるだけかもしれません」(コーディングさん)。おすすめは、代わりにガムやミントを口にすること

05.自分が食べるべき分量を知らない

20171117_weight_5.jpg

あなただけではないのです。コーディングさんは語ります。「多くの人々は自分が食べている量を少ないと思い込んでいます。ごはんやパスタ、肉の量のいずれもそうなのです」と。コーディングさんに相談してくる人は、多くの場合、自分は普通に1人分を食べていると思っていますが、実際には3人分を食べてしまっている。思っているよりもいつも多めに食べているから、食べ過ぎ状態というわけです。アメリカ心臓協会では、一般的な食品の1人分の量を簡単に示してくれています。1人分の量、あらためて意識してみてはいかが?

06.ストレス解消のために食事をとっている

20171117_weight_6.jpg

「疲れたときに塩辛いものを何も考えずに間食していると、あっという間に癖になってしまいます。ストレスを癒やそうとしているのですが、体重は減ることなく、どんどん増えていきます。」とベス・ウォレン・ニュートリションの創設者&『リアルフードでリアルライフを生きる(Living a Real Life With Real Food)』の著者であるベス・ウォレンさんは言います。ポテトチップスやプレッツェルの食感が好きなら、同じ食感のニンジンスティックを試してみてはいかがでしょう?

07.十分に眠れていない

20171117_weight_7.jpg

毎晩同じ時間に寝ることは難しいのですが、いつも夜更かししていると、体重を減らせなくなるのです。理由は、睡眠不足だと食欲に影響があるホルモン、レプチンおよびグレリンが乱れてしまうと研究から分かっています。さらに、疲れ果てているという感じがあるために、もっと食べたい気分になってしまうのです。

08.夜遅くに食事を取ってしまう

20171117_weight_8.jpg

「多くの場合、夜遅くにおなかがすくことはありませんが、夜更かししている上に、食べる習慣までつくと、体重はますます増えてしまいます」とウォレンさん。カラダは日中のように余分なカロリーを一夜で効率的に燃やせませんから、カラダには本当に良くなく、やめることができれば大きいわけです。

まずはこの8つの習慣をやっていないかどうか、自分の生活を振り返ってみてはいかがでしょう?

KORIN MILLER FOR WOMENSHEALTHMAG.COM/ 8 Habits You Need To Break If You Want To Lose 5 Pounds 訳/ STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン