1. Home
  2. BODY
  3. 丸める、伸ばす、ねじる。しなやかでヘルシーな背中を作るストレッチ

丸める、伸ばす、ねじる。しなやかでヘルシーな背中を作るストレッチ

3,442


一児の母となったモデルの友達とランチをしたときのこと。相変わらず細く、スタイルの変わらない様子をうらやましく思っていたのですが、そんな彼女の腰にもお肉がのっているのをみて安心してしまいました。

憧れるのはしなやかで美しい背中

私はスポーツブラやブラトップキャミで過ごすことが多いのですが、久しぶりにきちんとしたブラを着けると背中のお肉がはみ出るのが気になっていたんです。

しかし友人のスタイルをみて、こんなに細くてもハミ肉があるんだと安心してはいけませんよね。ハミ肉は太って老けてみえ、全体的にマイナスな印象を与えてしまいます。年齢を重ねるのは自然なことですが、脂肪を重ねるのは加齢にあぐらをかいた怠惰。しなやかな美しい背中をつくるためには努力が必要です。

ハミ肉の原因としては以下の2つが考えられます。

・姿勢の悪さ

体型の崩れや、リンパの流れが悪くなるため背中に贅肉がつきやすい。

・加齢による筋力の低下

筋肉にかわって脂肪がつきやすくなる。

今回は、これらの原因によってたるんでしまった背中にアプローチするストレッチをご紹介します。

ハミ肉、さようなら。背中のストレッチ

STEP1 反って丸める

足の裏を合わせる合蹠(がっせき)の姿勢で座り、かかとをできるだけ自分の方へ引き寄せる。つま先か足首を両手でつかみ、一度息を吐き出す。

次の吸う息で背中を大きく反らせて目線は天井に。吐く息に合わせておへそを覗き込むように背中を丸くする。

呼吸に合わせて動作をくり返す。

※凝り固まりやすい肩甲骨・骨盤まわりをほぐします。

STEP2 伸ばす

四つんばいの姿勢になる。

腰骨は膝のうえのまま、両手を前の方へ歩かせおでこか顎を床につけたところでキープする。

※伸びをする猫のイメージで行いましょう。

STEP3 ねじる

STEP2の背中をしなやかに伸ばしている状態のまま、右わきのしたから左手をくぐらせ左肩・左頬を床につける。

右手を天井に持ち上げ、目線を天井に向けキープ。余裕があれば右手を腰に巻きつけひねりを深めましょう。

反対側も同様に行う。

※雑巾しぼりのイメージで、伸ばしてねじりましょう。ねじることが目的なのではなく、ひねりの効果を得ることが大切なので背中を長く伸ばすことを意識します。

最初は想像以上に体が開かず苦戦するかもしれませんが、普段意識することの少ない背中だからこそ、努力すれば大きな結果が得られるはず。日常的にストレッチを取り入れて、しなやかで健康的な美しい背中を手に入れましょう。

※2016年8月の記事を再編集して公開しています。

image via Shutterstock

(國本さくら)

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    8. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?