1. Home
  2. EAT
  3. 美容に、ダイエットに。1日3杯のお抹茶を飲もう

美容に、ダイエットに。1日3杯のお抹茶を飲もう

新習慣

1,945

20150623_greentea_1.jpg

抹茶というと、かしこまったイメージがあるかもしれませんが、インスタントコーヒーのように手軽に楽しむことができるのだそう。日本茶アンバサダー協会で代表理事を務める満木葉子さんに、抹茶の魅力を教えてもらいました。

抹茶には、美容健康にうれしい効果が満載

お茶の中でも抹茶は、葉っぱをそのまま乾燥させて、それを細かくしたものなので、茶葉の持つ栄養をそのまま取り入れられます。たとえば、美白や美肌に有効なビタミンCをはじめ、テアニンというリラックス効果のある成分、腸のお掃除をしてくれるサポニン、アンチエイジング効果のあるエピガロカテキンガレートのほか、肝臓の脂肪代謝機能を高め、脂質の吸収を防いで体脂肪・内臓脂肪を減らす効果のあるカテキンが含まれています。抗菌作用があるので口臭予防、虫歯予防にもなるほか、腸内のビフィズス菌の増殖を助け腸内環境を整えて便秘の解消にもなるそう。

抹茶を上手に泡立てて、気軽に楽しもう

20150623_greentea_2.jpg

そんな素敵な効果満載の抹茶。作法も難しそうですが、茶筅があればどこでもいつでも気軽にたてられます。「抹茶だから抹茶茶碗でないといけないということはなく、カフェオレボウルを使ってもいいですね」と満木さん。

抹茶の苦味を敬遠する人もいますが、抹茶をたてる際、上手に泡立てることで、苦味の原因であるサポニンが分離され、マイルドでおいしい味わいになります。

簡単でおいしい抹茶の点て方

●用意するもの
・お茶を点てる茶碗(カフェオレボウルでもOK)
・茶筅
・抹茶
・お湯

●抹茶の点て方
(1)茶碗をお湯で温める。このときに茶筅をお湯につけてほぐす。
(2)茶碗が温まったら、茶碗の中の湯を捨てて、水分を拭き取る。
(3)抹茶を小さじすりきり1杯茶碗に入れる(目安は2g程度)。
(4)お湯(茶碗の半分より少な目くらい)を茶碗をななめにして入れる。
(5)茶筅で抹茶とお湯がなじむようにまぜる。
(6)泡立ちがクリーミーになったら完成

●ポイント
・まぜる際は、空いている手で茶碗の淵を押さえ、利き手の手首をぶらぶらさせるように泡立てます。力はいれなくても大丈夫。

【重要】抹茶はあらかじめ茶漉しで漉しておくとダマになりにくくきれいにたちます。

1日3杯の抹茶で、ダイエット効果も

1日に200mg以上カテキンを摂取すると、ダイエット効果が現れやすそうです。抹茶なら2g(小さじ1杯)以上に相当するので、1日3杯くらい飲むのがよいそう。食物繊維も豊富で、抹茶一杯(2g)で0.8g摂取できます

「何気なく飲んでいるものを抹茶に変えるといいことあるかも」と満木さん。日本茶アンバサダー協会では、抹茶をはじめ日本茶のさまざまな楽しみ方を提案しています。あなたも、身体にうれしい抹茶ライフを実践してみては。

20150623_greentea_4.jpg[日本茶アンバサダー協会]

※2015年6月の記事を再編集して公開しています。

(高田薫)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    美容に、ダイエットに。1日3杯のお抹茶を飲もう

    FBからも最新情報をお届けします。