1. Home
  2. EAT
  3. 時短でヘルシー栄養たっぷりサバカレーの作り方

時短でヘルシー栄養たっぷりサバカレーの作り方

9,799

MYLOHAS編集部

20180110_sabacurry_top

新しい年を迎えたと思ったら、あっという間に通常モード。むしろちょっと忙しくなってきた……そんなとき、つい手を抜いてしまうのが毎日のごはん。でも、お手軽でも栄養もおいしさも外したくないなら、活用したいのが缶詰です。

今日は、骨まで柔らかく煮込まれたサバ缶を使ったカルシウムたっぷりの時短メニュー「サバ缶カレー」を作ります。魚でカレー? と思うかもしれませんが、カレーのスパイスとサバのハーモニーが絶妙で後を引く一品です。

速攻できる!サバ缶カレー

<材料>(1人分)

サバ水煮缶 1/4缶(50g)

干しシイタケ 1個

タマネギ(中) 1/8個

ナス 1/4本

カラーピーマン(黄) 1/2個

トマト 1/4個

ニンニク(みじん切り) 小さじ1/2

カレールー 13g

油 小さじ1/2

ご飯 110g

<作り方>

(1)干しシイタケはもどしてみじん切りにする。玉ねぎはみじん切り、ピーマン・ナス・トマトは1cm角に切る。

(2)フライパンに油を熱し、ニンニクとシイタケ・タマネギを炒めて、しんなりしたら残りの野菜を順に加えて炒める。

(3)(2)にサバ缶とカレールーを加えて弱火で煮込み、ご飯と一緒に盛り付けて、出来上がり。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス!

大人から子どもまで大人気のカレーですが、コクがあり満足感も高いのでついつい食べ過ぎてしまうことも。カレーは脂肪分が多くカロリーもやや高くなりがちなので、ダイエット中に食べる場合や夜遅い時間に食べる際には注意しましょう。血糖値を急激にあげないためにも野菜をたっぷり使い、歯ごたえを出すために大きめにカットするのがポイントです。白米も食物繊維が豊富な玄米に切り替えたり、普段の白米の量よりも少なめを心がけることでダイエット中でも安心して食べることができます。また、サバ缶を使用することで手軽にカルシウムを補給することが可能です。

(管理栄養士:服部麗)

>>体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

こんなレシピも人気です!

>>さば缶そぼろのちらし寿司

>>肝機能回復!牡蠣の豆乳クミンチャウダー

>>鶏肉とれんこんのカレー照り焼き

レシピ提供:ダイエットプラス

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由