1. Home
  2. MIND
  3. 他人を受けいれる第一歩。聞き上手になる3つのレッスン

他人を受けいれる第一歩。聞き上手になる3つのレッスン

運命を変えるマインド革命

1,788

斎藤芳乃

他人を受けいれる第一歩。聞き上手になる3つのレッスン

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。たとえば、すぐになんだか人から好かれて認められる女性。その人は女を使って媚びているわけではないのに、なぜかモテる......。そんなことってありますよね。でも、そういう人は、いったい、ただ綺麗な人とどう違うのでしょうか?実は、素敵な男性と多く出会える人は、日常生活でも常に他人を受け入れながら生活しています。しかし、これは「今お茶しませんか?」と声をかけるということで起きるのではありません。

潜在意識ベースで他人を受け入れながら、自分自身が人と関わることによって恋のチャンスを落とす、こうしたふれあいが増えていくのです。では、他人を受けいれるってどういうことでしょうか?ここでは具体的に見ていきましょう。

Lesson1:相手の話を聴くレッスン

相手の話を遮らずに最後まで聴くこと。相手の話が混乱したとしても、どこが本筋なのかをしっかり見極め、きちんと最後まで話を聞くことで、相手は「ありのままの自分を理解された」と感じられるようになります。そして、相手の言っていることを理解できたら、相づちをうったり、意思表示をする。これは、「私はあなたに同意します。私はあなたの意見をそのまま受け止めます」という究極の尊重になります。

Lesson2:相手を否定せずに受けいれるレッスン

外見や社会的な地位でジャッジしないこと。誰もが本当の自分の価値を見て欲しいですし、収入や外見だけで判断されたくはありません。しかし、パッと見てすぐに相手への態度を変えたり、最初から収入を尋ねてしまったり......すると、相手も「自分はモノとして見られているんだな」という拒絶感につながってしまうのです。

Lesson3:相手を許すレッスン

相手が緊張して上手に話せなかったとしても、自分も同じだと捉えること。これは、「どうしてちゃんとしゃべれないの?」というように相手の弱さにフォーカスし、責めるのではなく、「そういうこともあるよね」と認めることで、相手もリラックスして自分を受け止めてもらっているというように変化します。

そしてその時に大切なことが、相手を受け容れていることを態度で表すこと。優しい眼差しや相手の間を受けいれるなど、ありのままを受けいれることです。誰しも攻撃的な視線や「えー!」というような批判的な言葉には、心が傷つきます。「私はこうだけれど、でも、あなたは違うんだね」と理解しながら相手の話を肯定することで、相手は違っていても、安心してあなたと接することができます。逆に、違うということに対して極端に否定したり拒絶すると、相手も「なんでこんな攻撃されるんだ!」と、感情をぶつけあい、批判し合うような関係になってしまうのです。

このように、ちょっとした「聞くコツ」で、相手はどんどんあなたを愛したくなるもの。ぜひ、今日から使って、今日から愛されるあなたに変化してみてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ