1. Home
  2. EAT
  3. 蕎麦の実やキヌアを使った雑穀フルーツ甘酒の作り方

蕎麦の実やキヌアを使った雑穀フルーツ甘酒の作り方

フルータリアン旬レシピ

2,506

福田カレン

蕎麦の実やキヌアを使った雑穀フルーツ甘酒の作り方

2017年種類も増え、季節を問わず人気を集めた発酵食品、麹甘酒。酵素やビタミン類、必須アミノ酸を含む甘酒は、美と健康をサポートする飲みもの。またオリゴ糖が腸内に棲息するビフィズス菌のエサになり、腸内環境を改善するとも言われています。

市販品も多数発売されていますが、甘酒を手作りする利点は、自分好みの味に調節できること。米ではなく蕎麦の実やキヌアといった雑穀を通常より少なめに使って、水分の多いサラっとした甘酒にするのが私のお気に入りです。穀物が少なめな分フルーツを加えれば、香りや色も楽しめて◎。またショウガを加えれば身体を温める効果も期待できます。

最近は、温度や時間を細かく調節できるヨーグルトメーカーが手ごろな値段で販売されています。こうした製品を使えば、より気軽に甘酒作りに挑戦できますので、ぜひ手作りしてみてくださいね。

フルーツ甘酒の作り方(レシピ)

171225_fruit_1.jpg<材料>(約800ml分)炊いた穀物(米、蕎麦の実、雑穀など) 1/2カップ麹 穀物の1.25倍程度(商品によって適量が異なりますので、注意書きをご確認ください)カットしたお好みのフルーツ(柿、リンゴ、洋ナシ、イチゴなど) 1/4カップお湯 2カップ程度千切りにしたショウガ 少々<作り方>(1)炊いた穀物と麹をヨーグルトメーカーの容器に入れて混ぜる。(2)(1)にお湯を加え、よくかき混ぜる。(3)(2)にフルーツを加え、ヨーグルトメーカーにセット。8~9時間発酵させる。(4)飲む前に千切りにしたショウガを加える。

フルーツ甘酒は、ファスティング(断食)やクレンジングの回復食に最適

手作りの甘酒は、デザート代わりにはもちろん、ファスティング(断食)やクレンズの回復食にもぴったりです。年末年始の食べ過ぎを調整するため、ファスティングやクレンズを行う場合には、ぜひ手作り甘酒をとり入れてみてください。また保温容器に入れて持ち運べば、外出先でも楽しめます。そのまま飲むだけでなく、バナナに合わせてスムージーにするのもおすすめ。ぜひお試しを。

>>「フル―タリアン旬レシピ」をもっと読みたい

(写真・文・レシピ:福田カレン)

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. えっ、この不調も更年期症状? 30代〜50代まで激変する体に対応するには【更年期まとめ】

    8. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    9. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    10. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    9. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら