1. Home
  2. EAT
  3. 蕎麦の実やキヌアを使った雑穀フルーツ甘酒の作り方

蕎麦の実やキヌアを使った雑穀フルーツ甘酒の作り方

フルータリアン旬レシピ

1,802

福田カレン

蕎麦の実やキヌアを使った雑穀フルーツ甘酒の作り方

2017年種類も増え、季節を問わず人気を集めた発酵食品、麹甘酒。酵素やビタミン類、必須アミノ酸を含む甘酒は、美と健康をサポートする飲みもの。またオリゴ糖が腸内に棲息するビフィズス菌のエサになり、腸内環境を改善するとも言われています。

市販品も多数発売されていますが、甘酒を手作りする利点は、自分好みの味に調節できること。米ではなく蕎麦の実やキヌアといった雑穀を通常より少なめに使って、水分の多いサラっとした甘酒にするのが私のお気に入りです。穀物が少なめな分フルーツを加えれば、香りや色も楽しめて◎。またショウガを加えれば身体を温める効果も期待できます。

最近は、温度や時間を細かく調節できるヨーグルトメーカーが手ごろな値段で販売されています。こうした製品を使えば、より気軽に甘酒作りに挑戦できますので、ぜひ手作りしてみてくださいね。

フルーツ甘酒の作り方(レシピ)

171225_fruit_1.jpg<材料>(約800ml分)炊いた穀物(米、蕎麦の実、雑穀など) 1/2カップ麹 穀物の1.25倍程度(商品によって適量が異なりますので、注意書きをご確認ください)カットしたお好みのフルーツ(柿、リンゴ、洋ナシ、イチゴなど) 1/4カップお湯 2カップ程度千切りにしたショウガ 少々<作り方>(1)炊いた穀物と麹をヨーグルトメーカーの容器に入れて混ぜる。(2)(1)にお湯を加え、よくかき混ぜる。(3)(2)にフルーツを加え、ヨーグルトメーカーにセット。8~9時間発酵させる。(4)飲む前に千切りにしたショウガを加える。

フルーツ甘酒は、ファスティング(断食)やクレンジングの回復食に最適

手作りの甘酒は、デザート代わりにはもちろん、ファスティング(断食)やクレンズの回復食にもぴったりです。年末年始の食べ過ぎを調整するため、ファスティングやクレンズを行う場合には、ぜひ手作り甘酒をとり入れてみてください。また保温容器に入れて持ち運べば、外出先でも楽しめます。そのまま飲むだけでなく、バナナに合わせてスムージーにするのもおすすめ。ぜひお試しを。

>>「フル―タリアン旬レシピ」をもっと読みたい

(写真・文・レシピ:福田カレン)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?