1. Home
  2. MIND
  3. 今日の運勢は? 12月31日の過ごし方【数字で読み解く365日】

今日の運勢は? 12月31日の過ごし方【数字で読み解く365日】

数字で読み解く365日

涼月くじら

今日の運勢は? 12月31日の過ごし方【数字で読み解く365日】

「数字で読み解く365日」では、数秘術をもとにカレンダーに記されている日付=数字に宿る意味を知ることで、運を動かし、人生をより豊かにするヒントを毎日お届けします。

<12月31日>

2017年最後を締めくくるデイナンバーは、ミラクルなパワーを秘めた「7」です。大みそかの今日は、サプライズに満ちた1日になりそう。起きるドラマは人それぞれとはいえ、共通しているのは、想定外の出来事によって密かに抱いていた希望や夢が実現へと向かっていくこと。急な変更やトラブルも実は、幸運サイン。ガッカリするより、むしろラッキーが近づいていると喜んで OK。浄化の意味も持つ「7」の影響を受ける今日の裏テーマは、清めること。早めにお風呂に入ったり、垢すりをしたり、たまった毒をデトックスするほど来年のツキもUP。

本日の運勢ポイント

和気あいあいとした大みそか。カウントダウンパーティーに参加するもよし、家族やパートナーとゆったり過ごすもよし。心から信頼できる人と温かい時間を持つことで、新年のスタートもスムーズに。感謝の気持ちは文字でなく、声で伝えると絆が太く。

12月31日生まれの人はどんな人?

再生パワーの持ち主。凹むことがあっても、セルフヒーリングですぐ立ち直れます。控えめで優しいあなたに惚れ込んだ異性から、強く求められるのが恋の始まりに。

数秘術とは

古代ギリシャの哲学者・ピタゴラスの説く「アルケー(物事の起源)は数である」がルーツ。森羅万象の営みはすべて数で象徴されるという考えに基づき、世界の動きや人の運命など、様々な事象を読み解く占術。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由