1. Home
  2. HOROSCOPE
  3. 2017年12月25日のてんびん座の週間占い【石井ゆかりの星占い】

2017年12月25日のてんびん座の週間占い【石井ゆかりの星占い】

2017年12月25日のてんびん座の週間占い【石井ゆかりの星占い】

妙に「目が良くなった」感じがするかもしれません。あるいは、靄が晴れたような、むくみが取れたような感じがするかもしれません。というのも、身の回りのものや人が、急にクリアに見えてくるのです。色もビビッドに、触れた感触も鋭く、周囲の事物がはっきりと、あなたの五感に飛び込んで来るのです。

私たちは少なからず「観念の世界」を生きていて、特に現代ではスマホの中の映像を見る時間のほうが、リアルな風景を見る時間よりも長いという人が少なくないのではないかと思います。目の前にある、手で触れるものを見ずに、情報として頭の中にたちあらわれるものに心を奪われている、そんな状態にある人が少なくないと思うのです。

でも、今週は不思議と、「観念」よりも目の前にある風景や人物の方に、より、強い関心と注意が向かうのではないかと思います。この現象はこの短期間だけのものでなくここからしばらく続いていくはずです。目に見えるもの、機械を通さない肉声、触れられる温度、匂い。むき出しの世界や生身の人間が持っている情報量の密度に今週、圧倒されるような思いを抱く人もいるかもしれません。

そして、そんな生身の人、むき出しの世界の中に、あなたは新しい自分の居場所を発見することになるのかもしれません。

そのほかの占いはこちら

>>2017年下半期の12星座別運勢は?<キャメレオン竹田のゆるポジ占い>>>マーキュリー占星術:12月の運勢は?>>キャメレオン竹田のゆるポジ化計画

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?