1. Home
  2. HOROSCOPE
  3. 2017年12月25日のかに座の週間占い【石井ゆかりの星占い】

2017年12月25日のかに座の週間占い【石井ゆかりの星占い】

2017年12月25日のかに座の週間占い【石井ゆかりの星占い】

なんでもかんでも「自分のせいだ」と思い込んでしまう人も世の中には少なくありませんが、実際は、全てが自分のせい、ということはほとんどないんじゃないかと思います。やるべきことを一人で抱え込んでしまったり、自分を責め続けて身動きが取れなくなったりする人も世の中にはたくさんいますがその人の目には、いくつかのことが映っていないのだろうと思います。それは、「他人の責任」ということです。

これは「人のせいにする」ということではなく、私たちはだれもが少しずつ、自分で責任を負いたいと願っています。どんなに責任が嫌いな人でも「自分には何も任されていないのだ」と思うのは、ちょっとイヤなのではないでしょうか。もちろん、中には一切の責任から逃げたい、と言う人もいるかもしれませんが、「責任」は、それが重すぎない限り、本当は結構、うれしいものであり、ある程度以上に、私たちの生活に必要なもの、なのかもしれません。

今週以降、あなたの人間関係の中であなた以外の人々が引き受けている「責任」の形がふしぎと、よく見えてくるようです。相手が喜んで引き受けている責任、あなたに対して果たしたいと思っている責任、相手の生活を、柱のように支えている責任を目にしてあなたは、ごく新鮮な感情を抱くのではないかと思います。

それらの「責任」は決していやなものではなくそのまわりに霞のように愛情がまつわりついているような、花咲く大樹のような様子をしているだろうと思います。

そのほかの占いはこちら

>>2017年下半期の12星座別運勢は?<キャメレオン竹田のゆるポジ占い>>>マーキュリー占星術:12月の運勢は?>>キャメレオン竹田のゆるポジ化計画

    specialbunner

    Ranking

    1. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. いまこそ知っておきたい、「生理」と「ピル」の基礎知識

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    8. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    9. 同僚へのミスの指摘。「敵」と見なされないために気をつけたいこと

    10. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験