1. Home
  2. EAT
  3. 実は高タンパク質で優秀食材!カッテージチーズの食べ方7

実は高タンパク質で優秀食材!カッテージチーズの食べ方7

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

9,969

実は高タンパク質で優秀食材!カッテージチーズの食べ方7

カッテージチーズといえば味のない、ぱっとしないダイエット食品とずっと思われてきたけれど、もっと評価されてもいい食べ物です。低脂肪あるいは専門家がすすめるフルファットのタイプを選べば、カッテージチーズはクリーミーでリッチな上に意外と満腹感もある食材です。1カップでタンパク質は30グラム以上を含まれていて、これはギリシャヨーグルトよりも多く、なんと鶏胸肉100グラム分と同じくらいです。

カッテージチーズにはメロンにのせる以外にもおいしい食べかたがたくさんあります。朝食、昼、夜、そしてデザートにも楽しめる7つの食べかたをご紹介します。

01.パンケーキに加える

20171222_No-Cook-Food_1.jpg

パンケーキにカッテージチーズを加えれば高タンパク質な朝食になります。全粒粉とジューシーなブルーベリーをたっぷり入れて、甘すぎないちょうどよいくらいの砂糖を選べば、平日午前中に食べても10時にエネルギー切れになることはありません。参考サイト:Baker By Nature

02.スムージーに加えて

20171222_No-Cook-Food_2.jpg

ドリンクにギリシャヨーグルトを入れるのに飽きたのなら、代わりにカッテージチーズを入れてみてはどうでしょう。バニラ味のプロテインパウダー、バナナ、パイナップル、カカオパウダーと混ぜれば、タンパク質が35グラムも入っていながら、まるでバナナシェイクのような味になります。参考サイト:Dashing Dish

03.ランチボウルにも

20171222_No-Cook-Food_3.jpg

ランチのパワーボウルに鶏肉、魚や豆腐などのタンパク質もよいけれど、夕食の残りが何もないときはカッテージチーズを入れてみてください。焼いたサツマイモとホウレン草、ブルーベリーと黒米と殻つきのピスタチオと一緒にのせれば満足感のある一品になります。参考サイト:Foxes Love Lemons

04.マヨネーズがわりにつかって

20171222_No-Cook-Food_4.jpg

カッテージチーズはマヨネーズのようにリッチでクリーミー。しかもマヨネーズよりタンパク質が豊富な上に油っぽさもべたつきもゼロ。野菜たっぷりのツナとサーモンのサラダにもあいます。参考サイト:Earthly Taste

05.マカロニチーズにも

20171222_No-Cook-Food_5.jpg

マカロニチーズを作るのにクリームとバターをたくさん入れなくても、カッテージチーズ、牛乳、風味づけのマチェゴチーズがあれば美味しくできます。参考サイト:24 Carrot Life

06.鶏胸肉につめて

20171222_No-Cook-Food_6.jpg

クリームとチーズたっぷりの鶏肉詰めは思わずよだれが出るけれど、いつもだと体にはあまりよくないもの。そこで、うすく切った鶏胸肉にホウレン草、カッテージチーズ、ニンニク、低脂肪モッツアレラをはさみ、甘いトマトソースをかけてきつね色になるまで焼けば、まるでイタリアンレストランで出てくるような一品になります。参考サイト:Diethood

07.デザートにも

20171222_No-Cook-Food_7.jpg

あつあつでシナモンシュガーたっぷりのリンゴとクルミにカッテージチーズをかければ、タンパク質が豊富でおいしいデザートのできあがり。しかもアップルパイに比べて悪いものはずっと少ない上に、全部食べてしまってもお腹は痛くなりません。参考サイト:Apple of My Eye

Marygrace Taylor /7 Ways To Eat The No-Cook Food That Packs Almost 30 Grams Of Protein訳/コニャック 編集/佐々木彩

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!