1. Home
  2. EAT
  3. 実は高タンパク質で優秀食材!カッテージチーズの食べ方7

実は高タンパク質で優秀食材!カッテージチーズの食べ方7

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,771

実は高タンパク質で優秀食材!カッテージチーズの食べ方7

カッテージチーズといえば味のない、ぱっとしないダイエット食品とずっと思われてきたけれど、もっと評価されてもいい食べ物です。低脂肪あるいは専門家がすすめるフルファットのタイプを選べば、カッテージチーズはクリーミーでリッチな上に意外と満腹感もある食材です。1カップでタンパク質は30グラム以上を含まれていて、これはギリシャヨーグルトよりも多く、なんと鶏胸肉100グラム分と同じくらいです。

カッテージチーズにはメロンにのせる以外にもおいしい食べかたがたくさんあります。朝食、昼、夜、そしてデザートにも楽しめる7つの食べかたをご紹介します。

01.パンケーキに加える

20171222_No-Cook-Food_1.jpg

パンケーキにカッテージチーズを加えれば高タンパク質な朝食になります。全粒粉とジューシーなブルーベリーをたっぷり入れて、甘すぎないちょうどよいくらいの砂糖を選べば、平日午前中に食べても10時にエネルギー切れになることはありません。参考サイト:Baker By Nature

02.スムージーに加えて

20171222_No-Cook-Food_2.jpg

ドリンクにギリシャヨーグルトを入れるのに飽きたのなら、代わりにカッテージチーズを入れてみてはどうでしょう。バニラ味のプロテインパウダー、バナナ、パイナップル、カカオパウダーと混ぜれば、タンパク質が35グラムも入っていながら、まるでバナナシェイクのような味になります。参考サイト:Dashing Dish

03.ランチボウルにも

20171222_No-Cook-Food_3.jpg

ランチのパワーボウルに鶏肉、魚や豆腐などのタンパク質もよいけれど、夕食の残りが何もないときはカッテージチーズを入れてみてください。焼いたサツマイモとホウレン草、ブルーベリーと黒米と殻つきのピスタチオと一緒にのせれば満足感のある一品になります。参考サイト:Foxes Love Lemons

04.マヨネーズがわりにつかって

20171222_No-Cook-Food_4.jpg

カッテージチーズはマヨネーズのようにリッチでクリーミー。しかもマヨネーズよりタンパク質が豊富な上に油っぽさもべたつきもゼロ。野菜たっぷりのツナとサーモンのサラダにもあいます。参考サイト:Earthly Taste

05.マカロニチーズにも

20171222_No-Cook-Food_5.jpg

マカロニチーズを作るのにクリームとバターをたくさん入れなくても、カッテージチーズ、牛乳、風味づけのマチェゴチーズがあれば美味しくできます。参考サイト:24 Carrot Life

06.鶏胸肉につめて

20171222_No-Cook-Food_6.jpg

クリームとチーズたっぷりの鶏肉詰めは思わずよだれが出るけれど、いつもだと体にはあまりよくないもの。そこで、うすく切った鶏胸肉にホウレン草、カッテージチーズ、ニンニク、低脂肪モッツアレラをはさみ、甘いトマトソースをかけてきつね色になるまで焼けば、まるでイタリアンレストランで出てくるような一品になります。参考サイト:Diethood

07.デザートにも

20171222_No-Cook-Food_7.jpg

あつあつでシナモンシュガーたっぷりのリンゴとクルミにカッテージチーズをかければ、タンパク質が豊富でおいしいデザートのできあがり。しかもアップルパイに比べて悪いものはずっと少ない上に、全部食べてしまってもお腹は痛くなりません。参考サイト:Apple of My Eye

Marygrace Taylor /7 Ways To Eat The No-Cook Food That Packs Almost 30 Grams Of Protein訳/コニャック 編集/佐々木彩

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた