1. Home
  2. STYLE
  3. 世界6カ国のクリスマスの祝い方!

世界6カ国のクリスマスの祝い方!

Rodale’s Organic Life 地球と人に優しいオーガニックスタイル

世界6カ国のクリスマスの祝い方!

「サンタが街にやってくる? 」は世界共通? アメリカ人にとって クリスマスの風習は生まれたときから生活に深く根づいているので、エッグノッグを飲んだり、暖炉にカラフルな靴下をぶらさげたり、サンタ用のクッキーを用意したりしない世界があるなんて、ちょっと想像つきません。でも、世界のどこもかしこも、クリスマスといえば煙突とサンタ、というわけではないのです。他の国ではクリスマスをどのように祝っているのか、見てみましょう。

01.メキシコ ("Feliz Navidad!)

20171221_christmastraditions_1.jpg

メキシコでは、クリスマスの12日間(12月25日から1月6日までの公現祭までの期間)を祝う代わりに、クリスマス・イブまでの9日間を「ポサダ」と呼び、マリアとヨセフがベツレヘムへ旅したことを祝して、毎晩その旅を再現した行列やパーティが行われます。パーティでは星の形のピニャータ(中にお菓子などをつめたくす玉)を壊し、タマレスと呼ばれる食べ物、ポンシェ(温かいフルーツパンチ)、ブニュエロ(ドーナツ)などがふるまわれます。

クリスマスにポインセチアを飾るのは、もともとメキシコからアメリカに広まったと知っていましたか? メキシコの最初のアメリカ大使ジョエル・ロバーツ・ポインセットがアメリカに持ち込んだのがきっかけです。

02.アイスランド("Gledileg Jol!")

20171221_christmastraditions_2.jpg

アイスランドでは、サンタクロースはひとりではなく13人いて、ユールラッズと呼ばれています。クリスマスの13日前から毎晩このいたずら好きなユールラッズがひとりずつ山から下りてきて、窓辺においた子どもたちの靴の中に、良い子にはプレゼント、悪い子には腐ったジャガイモを入れるのです。

またクリスマス当日には新しい洋服を着ないといけません。さもないと、恐ろしいクリスマス猫が、新品の晴れ着を着ていない人を食べてしまうから! クリスマスは1年でもっとも暗い時期なので、室内も屋外もイルミネーションで飾ります。

03.ドイツ ("Frohe Weihnachten!")

20171221_christmastraditions_4.jpg

ブーツを磨いて! ドイツのクリスマスは12月5日にスタートしますが、その前の晩、子どもたちは磨いたブーツや靴を外に出しておき、5日の朝に聖ニコラウスが贈り物を入れてくれたかどうかを確認します。「黒い本」に名前がのっている悪い子の靴には小枝が入っているのです。プレゼントを買うのはショッピングモールではなく、ハンドクラフトのものが並ぶクリスマスマーケット。グリューワイン(スパイスの入ったワイン)を飲み、熱々のソーセージにジンジャーブレットを食べながら買い物を楽しみます。

クリスマスツリーの飾りつけはクリスマス・イブに行います。プレゼントの交換もしますが、プレゼントをもってくるのはサンタではなく、クリストキント(幼児イエス)です。

04.アイルランド ("Nollaig Shona Dhuit!")

20171221_christmastraditions_5.jpg

別名エメラルド島と呼ばれるアイルランドでは、サンタは少し風変わり。トナカイがニンジンを食べるのはアメリカと同じですが、サンタまたはサン・ニコラの好物はミンスパイと寝る前のギネスビール。アイルランドでクリスマスに食べるイチジク入りプディングは、何週間も前に焼いてアイリッシュウイスキーに漬け込んだアルコールたっぷりのケーキです。

クリスマス当日には、なんと海で泳ぐという習慣もあるんです! 冷たい水に飛び込む場所としてはダブリン郊外のフォーティー・フットがもっとも有名。翌26日の聖ステファノの日は、サッカーの試合や競馬を見て過ごします。

05.オーストラリア ("Happy Christmas!")

20171221_christmastraditions_6.jpg

地球の反対側では、サンタが水着を着ているのはめずらしいことではありません。南半球は夏なので、ビーチ、キャンプ、屋外バーベキューが当たり前。ホリデーシーズンに4万人もの観光客が訪れるシドニーのボンド・ビーチでは、多くの人々がビキニを着てサンタの帽子をかぶっています。

食卓のメインを飾るのはターキーの代わりにエビ。シャンパンを飲んでデザートにはパブロバ(メレンゲにクリームやフルーツをのせたケーキ)を楽しみます。サンタのために用意するミルクとクッキーは、シェリー酒とミンスパイに!

06.フィンランド ("Hyvaa Joulua!")

20171221_christmastraditions_7.jpg

サウナを連想した人は? そう、フィンランド人はクリスマス・イブに、焚き火を囲む代わりにサウナでリラックスします。伝統的なクリスマスの食事は、豚足にオーブンでじっくり焼いたフィンランド風マッシュポテト、お米のおかゆ。おかゆの中にアーモンドが入っていた人には、来年幸運が訪れるのです。塩漬けのサーモンや酢漬けのニシンも人気のメニュー。

イブの夜にはクリスマスツリーを飾り、グロッグ(砂糖や香料をいれて温めたワイン)を飲み、もちろんサンタもやってきます。サンタはフィンランド人だという人もいるくらいですから。

Allison Young /7 Christmas Traditions From Around The World訳/Maya A. Kishida

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    世界6カ国のクリスマスの祝い方!

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More