1. Home
  2. STYLE
  3. 世界6カ国のクリスマスの祝い方!

世界6カ国のクリスマスの祝い方!

Rodale’s Organic Life 地球と人に優しいオーガニックスタイル

世界6カ国のクリスマスの祝い方!

「サンタが街にやってくる? 」は世界共通? アメリカ人にとって クリスマスの風習は生まれたときから生活に深く根づいているので、エッグノッグを飲んだり、暖炉にカラフルな靴下をぶらさげたり、サンタ用のクッキーを用意したりしない世界があるなんて、ちょっと想像つきません。でも、世界のどこもかしこも、クリスマスといえば煙突とサンタ、というわけではないのです。他の国ではクリスマスをどのように祝っているのか、見てみましょう。

01.メキシコ ("Feliz Navidad!)

20171221_christmastraditions_1.jpg

メキシコでは、クリスマスの12日間(12月25日から1月6日までの公現祭までの期間)を祝う代わりに、クリスマス・イブまでの9日間を「ポサダ」と呼び、マリアとヨセフがベツレヘムへ旅したことを祝して、毎晩その旅を再現した行列やパーティが行われます。パーティでは星の形のピニャータ(中にお菓子などをつめたくす玉)を壊し、タマレスと呼ばれる食べ物、ポンシェ(温かいフルーツパンチ)、ブニュエロ(ドーナツ)などがふるまわれます。

クリスマスにポインセチアを飾るのは、もともとメキシコからアメリカに広まったと知っていましたか? メキシコの最初のアメリカ大使ジョエル・ロバーツ・ポインセットがアメリカに持ち込んだのがきっかけです。

02.アイスランド("Gledileg Jol!")

20171221_christmastraditions_2.jpg

アイスランドでは、サンタクロースはひとりではなく13人いて、ユールラッズと呼ばれています。クリスマスの13日前から毎晩このいたずら好きなユールラッズがひとりずつ山から下りてきて、窓辺においた子どもたちの靴の中に、良い子にはプレゼント、悪い子には腐ったジャガイモを入れるのです。

またクリスマス当日には新しい洋服を着ないといけません。さもないと、恐ろしいクリスマス猫が、新品の晴れ着を着ていない人を食べてしまうから! クリスマスは1年でもっとも暗い時期なので、室内も屋外もイルミネーションで飾ります。

03.ドイツ ("Frohe Weihnachten!")

20171221_christmastraditions_4.jpg

ブーツを磨いて! ドイツのクリスマスは12月5日にスタートしますが、その前の晩、子どもたちは磨いたブーツや靴を外に出しておき、5日の朝に聖ニコラウスが贈り物を入れてくれたかどうかを確認します。「黒い本」に名前がのっている悪い子の靴には小枝が入っているのです。プレゼントを買うのはショッピングモールではなく、ハンドクラフトのものが並ぶクリスマスマーケット。グリューワイン(スパイスの入ったワイン)を飲み、熱々のソーセージにジンジャーブレットを食べながら買い物を楽しみます。

クリスマスツリーの飾りつけはクリスマス・イブに行います。プレゼントの交換もしますが、プレゼントをもってくるのはサンタではなく、クリストキント(幼児イエス)です。

04.アイルランド ("Nollaig Shona Dhuit!")

20171221_christmastraditions_5.jpg

別名エメラルド島と呼ばれるアイルランドでは、サンタは少し風変わり。トナカイがニンジンを食べるのはアメリカと同じですが、サンタまたはサン・ニコラの好物はミンスパイと寝る前のギネスビール。アイルランドでクリスマスに食べるイチジク入りプディングは、何週間も前に焼いてアイリッシュウイスキーに漬け込んだアルコールたっぷりのケーキです。

クリスマス当日には、なんと海で泳ぐという習慣もあるんです! 冷たい水に飛び込む場所としてはダブリン郊外のフォーティー・フットがもっとも有名。翌26日の聖ステファノの日は、サッカーの試合や競馬を見て過ごします。

05.オーストラリア ("Happy Christmas!")

20171221_christmastraditions_6.jpg

地球の反対側では、サンタが水着を着ているのはめずらしいことではありません。南半球は夏なので、ビーチ、キャンプ、屋外バーベキューが当たり前。ホリデーシーズンに4万人もの観光客が訪れるシドニーのボンド・ビーチでは、多くの人々がビキニを着てサンタの帽子をかぶっています。

食卓のメインを飾るのはターキーの代わりにエビ。シャンパンを飲んでデザートにはパブロバ(メレンゲにクリームやフルーツをのせたケーキ)を楽しみます。サンタのために用意するミルクとクッキーは、シェリー酒とミンスパイに!

06.フィンランド ("Hyvaa Joulua!")

20171221_christmastraditions_7.jpg

サウナを連想した人は? そう、フィンランド人はクリスマス・イブに、焚き火を囲む代わりにサウナでリラックスします。伝統的なクリスマスの食事は、豚足にオーブンでじっくり焼いたフィンランド風マッシュポテト、お米のおかゆ。おかゆの中にアーモンドが入っていた人には、来年幸運が訪れるのです。塩漬けのサーモンや酢漬けのニシンも人気のメニュー。

イブの夜にはクリスマスツリーを飾り、グロッグ(砂糖や香料をいれて温めたワイン)を飲み、もちろんサンタもやってきます。サンタはフィンランド人だという人もいるくらいですから。

Allison Young /7 Christmas Traditions From Around The World訳/Maya A. Kishida

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    世界6カ国のクリスマスの祝い方!

    FBからも最新情報をお届けします。