1. Home
  2. EAT
  3. 人気レシピ5にトライ!一番最高にふわふわになったスクランブルエッグは?

人気レシピ5にトライ!一番最高にふわふわになったスクランブルエッグは?

Rodale’s Organic Life 地球と人に優しいオーガニックスタイル

1,663

人気レシピ5にトライ!一番最高にふわふわになったスクランブルエッグは?

完璧なスクランブルエッグを作ろうとしたのに、できあがったものは可もなく不可もなく......ということは何度くらいありますか? 卵を2、3個フライパンに割り入れたら、あとは栄養満点のスクランブルエッグにするだけ、というシンプルな作業に思えますが、ぜんぜん違います。ボソボソしてしまうときもあれば、ゴムみたいな食感になることも。スクランブルエッグのコツについてちょっとググってみただけで、ものすごくたくさんの細かい説明が見つかって、パッとできる朝食の定番メニューのはずが、気が遠くなるほどややこしいものに。あるレシピでは水を加えるようにと書いてあるのに、別のレシピはミルクを入れろと言っていて、さらには絶対に何も入れずに卵だけを直接フライパンの中で混ぜなきゃいけないという作り方もあるのです。あらゆる朝食のレシピのなかでも基本中の基本であるスクランブルエッグが、こんなに複雑であっていいはずがありません。どうりで日曜のブランチを外食する人がたくさんいるはず!この混乱を整理するべく、どの方法がもっともおいしいスクランブルエッグになるのかやってみて、その過程でいくつかのコツを学びました。

おいしいスクランブルエッグにするコツ3

01.温度が重要まずなにより重要なのは温度です。フライパンにバターや油をむらなく引いてから、卵を入れる前に中火で温めておきます。そうすることで卵がパリパリになることなく、数分でできあがります。目標は、パサパサでもドロドロでもなく、やわらかくしっとりと固まること。
02.卵を先によくかきまぜるまた、調理する前に卵の準備をしておかなくてはなりません。ミルクや水を加えるにせよ、何も入れないにせよ、温めたフライパンに入れる直前に、卵をしっかりとかきまぜておく必要があります。よくかきまぜることで空気が入り、そのおかげで卵がふわふわになるのです。泡だて器を使ってもいいですが、ふつうのフォークでもだいじょうぶです。
03.何度もかきまわす卵にじゅうぶんな空気が加わったら、フライパンに卵を注ぎいれるのですが、ここで重要なのは、均等に火が通るように卵をたえずかきまわすこと。これもふわふわさせるポイントで、これをやらないとオムレツになってしまいます。

以上の基本的な指示にしたがえば、まずまずのスクランブルエッグができあがるはず。でも、多くの人にどのように卵を調理しているか聞いてみれば、さらにやわらかさを出すには、卵をかきまぜる際にミルクやほかのものを入れるべきなのか、あるいはそうじゃないのか、さまざまな主張があるはず。この議論に決着をつけるために5通りのポピュラーなレシピをためしてみました。その結果を報告します!

何も入れないスクランブルエッグ

1219_02_scrambledeggs_nothing_1000.jpg

スクランブルエッグに何も入れないというアイデアは、ちょっとつまらない気がします。おまけに、いつもよりうまくいかなかったときに、ミルクや水といったほかの材料のせいにできません。常日頃から私は、スクランブルエッグにはミルクや水が不可欠だと思って、卵に入れてきました。で、実際は? 特に入れなくても問題ありませんでした。この「何もいれない」エッグは、これまで作ったなかでももっともうまくできました。軽くてやわらかくて、ちょうどよく空気が入ってふわふわしていたのは、フライパンを事前に温めておき、卵を激しく泡だておかげです。

ミルク入りスクランブルエッグ

1219_03_scrambledeggs_milk_1000.jpg

卵にミルクを入れると、特に無調整の牛乳を使った場合、ややふんわり感が増し、コクが出ます。このレシピはレストランで食べるスクランブルエッグにいちばん近い印象でした。全体がむらなく黄色で、プレーンなタイプよりも味わいがあって、食感もう少ししっかりしています。空気と水以外に何か加えたいなら、これはかなりいけてるレシピですが、醤油を入れたときほど劇的な変化もなく、サワークリームほどぜいたくな感じにもなりません。

水を加えたスクランブルエッグ

1219_04_scrambledeggs_water_1000.jpg

水を加えるという発想の裏には、そのおかげで卵がよりふわふわになるだろうという考えがあります。調理しているあいだに水が水蒸気となり、空気の穴ができるので多少弾力がでるのです。卵2個に対して大さじ1の水を加えてみましたが、できあがったものはあまり違いがわかりませんでした。ふだんより若干水分があるかなという程度で、何も入れないスクランブルエッグとほぼ同じです。この手間をかけるのは、私はおすすめしません。入れるものが水しかなかったら、何も入れないほうがいいです。出来映えは似ていても、私の考えでは何も入れないスクランブルエッグのほうが上でした。また、水を入れる場合は、気をつけないと水分が多くなって凝縮し、卵をダメにしてしまいます。ほんの少し多く入れてしまっただけで、朝食がゴミ箱行きになりかねません!

しょうゆ入りスクランブルエッグ

1219_05_scambledeggs_soysauce_1000.jpg

かなりしょっぱい味になっただけでなく、色が変わったところが私はだめでした。卵1個につき小さじ1以下の醤油しか加えていないのに、このひとつの材料が、最終的なスクランブルエッグのあらゆる特徴を大きく変えてしまいました。味はしょっぱくて微妙、色も明るい黄色がまずそうな緑がかった茶色になり、ぼろぼろしてべたつく食感になりました。キッチンに常備している材料を活用して試してみるという発想は好きなのですが、このアイデアを考えた人はミルクを切らしていたにちがいありません(ワシントンポスト紙のことです)。

サワークリーム入りスクランブルエッグ

1219_06_scrambledeggs_sourcream_1000.jpg

これまでに食べた最高のスクランブルエッグを思い浮かべ、その味を10倍にしたのがこれ。すでに脂肪分たっぷりの食べものにどろっとしたサワークリームを追加するのは、やりすぎの気がするかもしれませんが、このレシピはこれまでのなかでも圧倒的によかったです。この退廃的な料理の作りかたは? 調理したい卵2個につき少量のサワークリームをまぜます。それをよくかきまぜて、ムラなくオリーブオイルを引いて温めたノンスティックのフライパン(たとえばセラミックなどのフライパン)に注ぎいれます。生の卵液にかたまりがあって、だまになっているように見えても、気を落とさないでください。たぶんサワークリームは均等にまざってくれないのですが、問題ないです。フライパンに流しこんでしまえば、あとは熱がなんとかしてくれます。サワークリームは、卵をよりいっそうやわらかく、濃い味わいにしてくれますよ。 Concetta Smith / I Tried 5 Popular Ways To Make Fluffy Scrambled Eggs--This Is The Best One訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?