1. Home
  2. EAT
  3. 免疫力、インフルエンザ予防で注目。ビタミンDを摂ると良いこと #ポジティブ栄養学

免疫力、インフルエンザ予防で注目。ビタミンDを摂ると良いこと #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

3,613

吉川圭美

免疫力、インフルエンザ予防で注目。ビタミンDを摂ると良いこと #ポジティブ栄養学

ホリデーシーズンも目前に迫ってきました。クリスマスパーティに年末年始の集まり、お出かけの予定など、想像するだけでワクワクします。そんな時に限って崩しがちなのが体調。いざお休みになり、お出かけの予定を入れていたのに風邪をこじらせてしまったり......。私もかつて、39℃の高熱のまま三が日を過ごした苦い経験があります。

そこで念入りに、免疫力を意識したケアをしているところです。以前紹介した腸ケアやビタミンCのほか、最近取り入れているのがビタミンDです。

いま見直されている栄養素、ビタミンD

ビタミンDといえば、かつては骨づくりに関する栄養素として知られていましたが、近年、さまざまな力があることが解明されています。たとえば糖尿病や自閉症と関係していたり、妊娠しやすい身体づくりにかかわっていたり。

そのなかのひとつが免疫力に関すること。ウイルス感染を抑えてくれるインターフェロンが出るようにうながしたり、細菌やウイルスなどの感染を抑制するカテリジンを増やすはたらきがあることがわかっています。

インフルエンザに関する研究も。ビタミンDのサプリメントをとっていた子どもたちは、そうでない子どもたちに比べてインフルエンザにかかる率が半分程度まで下がったというから驚きます。そんなビタミンDの力を毎日のケアに活かさない手はありません。

食事でとるか、紫外線の力を借りて作るか、の2通り

ビタミンDには、D2からD7まで6つの種類があります。なかでも人間の身体に必要なのはビタミンD2とD3の2つ。干ししいたけなど植物性のものにはビタミンD2が、サケや卵など動物性のものにはビタミンD3が含まれています。

コレステロールを材料に、紫外線の力を借りて皮膚で作ることもできます。ここで作られるのはビタミンD3。紫外線の一種、UV-Bは衣服やガラスを通ることができないので、寒いからと建物のなかにばかりいると、その分、ビタミンDが作られにくくなることになります。

ちなみに私の場合、基本的には屋内作業がメイン。外に出るときはマフラーや手袋が手放せず、焼けやすいのでフェイスケアでの日焼け止めは年中欠かしません。そのため、食事やサプリメントを中心にチャージ。その際はビタミンD3をチョイスしています。

年末に向けて無理をしがちなこの時期ですが、不調をひきずっていてはせっかくのお休みも台なし。いつでも楽しくごきげんでいられるよう、できることから準備をしているところです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節の定番「ポタージュ」を作るとき、はじめにしないほうがいいこと

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 気持ちよ〜く伸びてぽかぽか。冷え性にも効く「椅子ヨガ」3選

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    4. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    7. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    8. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら