1. Home
  2. MIND
  3. ネガティブをポジティブに変える、3つの思考法

ネガティブをポジティブに変える、3つの思考法

運命を変えるマインド革命

4,628

斎藤芳乃

ネガティブをポジティブに変える、3つの思考法

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。いよいよ2017年も終わりに近づいてきましたね。今年、よかったこと、素敵なこと、来年はもっと変えていきたいこと。色々あったことと思います。でもそこで、振り返って後悔する必要はありません。なぜなら、ネガティブなことさえ、一瞬で素晴らしい2018年につながる美しい思考に変えていけるから。では、ネガティブを一瞬でポジティブに変える3つの思考についてお伝えしていきますね。

癒しの本質は完了。もう「違う可能性」を見つけてあげる!

まず、「ああすればよかった」「でもできなかった」「今度こそは......」というようなネガティブな繰り返しは、どこまでいっても悪循環になりがち。反省は素晴らしいことですが、それよりも大切なことは、「いったんその経験を終わらせること」です。私たちのマインドは、過去を引きずれば引きずるほど、「あのときを取り返そう」と自分にプレッシャーをかけて必死に生きるようになります。けれど、そうした焦りや失敗にフォーカスしているとき、脳はクリエイティブな思考から離れ、より「できない自分」になってしまっているのですね。だからこそ大事なことは、まずは「ああ、ダメだったな。出来ないこともあった」と、その体験をいったん終わらせてください。

引きずったりやり直そうとせず、ただ、「失敗した」と受け入れる。そのうえで、「じゃあ、これから新しく始めるときは、どんなことをしていきたい?」と意欲を元に新しい計画を立てます。すると、「これからはこうしたい」と、よりポジティブに熱意を持って行動できるようになるのです。

実は過去の成功体験こそが「本当の私!」そこから未来を紡ぎ直して!

いい意味でも悪い意味でも、私たちは過ぎた過去をだんだん記憶から遠ざけてしまいますよね。でも、これは実はNGなこと。特に、遠ざけてはいけない記憶は「過去の成功体験」なんです。よく「過去の栄光にすがらないで」と言いますよね。けれど、過去の栄光は、何よりも大切な「自分が成し遂げた成功体験」です。2017年だけではなく、もっと過去に遡って、「私はこれができた!これをやってきたんだ!」ということを思い出してください。今年の失敗よりも、それより前の成功こそ、「できた自分」を思い出させてくれます。こうして「出来る私!」を再構築して2018年に持ち越すことで、2018年はさらに美しい飛躍の年にすることができます。

苦労や失敗は、「全部違う」!未来を「楽」で選び直して

そしてついやってしまいがちなのが、「失敗への執着」です。まじめな人ほど、失敗してしまったとき、なかなかうまくいかないとき、「でもがんばろう、来年こそは!」と思ってしまうかもしれませんね。

でも、ちょっと立ち止まってみてください。それは本当に、「今度こそ」となるような、あなたに「本当に向いているもの」でしたか?なぜこうした考えをするかというと、人は失敗したとき、失敗そのものが「それは向いていない」というサインである場合が多いのです。

「そのやり方だと、私の才能だとしづらい」「その業種(職種)だと、私の才能が発揮できない」「その相手だと、自分の良い本質が輝かない」

こんな場合は、何度やっても失敗してしまうものです。

それは「私がダメ」だからではなく、「もっとあなたにフィットする、あなたが無理なく力を発揮できること(人)があるんだよ」と教えてくれているのかもしれません。こうやって、過去を引きずらず上手に付き合いながら自分を再構築する。それによって、意識しなくても、最高のスタートを切ることができます。2018年こそ、さらにさらに「美しさを積み重ねた最高のあなた」で、1年をはじめてくださいね!

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    7. お腹を触って、便を見て。自分の腸の状態をチェックする方法

    8. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    9. レンジを使って20分で完成。簡単キムチーズうどんのレシピ

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら