1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 乾かないプロ級のふっくら肌を作るボビイ ブラウンの化粧下地

乾かないプロ級のふっくら肌を作るボビイ ブラウンの化粧下地

1,552

知恵子

乾かないプロ級のふっくら肌を作るボビイ ブラウンの化粧下地

乾燥が気になる季節は、ファンデーションのノリもいまいち。そこで手放せないのが、化粧下地です。

とくに注目なのは、2018年1月2日(火)に新色が加わり、NEWパッケージで登場するという「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」の「エクストラ イルミネイティング モイスチャー バーム」。

保湿バリア膜とパール効果でプロ級の仕上がり

女性本来の美しさを引き出し、個性を最大限に生かして「自分らしさ」を表現することをサポートしてくれるメイクブランド「ボビイ ブラウン」。肌なじみに優れたカラーアイテム、プロ並みのメイクを演出できるブラシコレクション、シンプルなコンデション別のスキンケアなど、簡単にプロの仕上がりを実現できるアイテムがそろっています。

なかでも保湿重視の女性たちに愛されているのが、高保湿スキンケアシリーズエクストラ」の「エクストラ イルミネイティング モイスチャー バーム」。その人気の秘訣は、スキンケアの延長のような、ずば抜けて高い保湿力です。水分をとどめるように働きかけるカフェインが肌そのものの保湿力をサポートしてくれるから、日中も乾かず、しっとり、ふっくらした肌を持続させてくれます。

気になるのは乳液やクリームとの違い。化粧下地だけに、ベースを整えて化粧ノリをよくしてくれるのはもちろんのこと、このアイテムは保湿バリアの膜を形成する成分も配合されているので、肌の水分バランスをもキープしてくれます。

1712_bobbibrown_01.jpg
エクストラ イルミネイティング モイスチャー バーム <左>ピンクグロウ(新色) <右>ベアグロウ / 各7,776円(税込)2018年1月2日発売

さらに、繊細なパールが自然な輝きを演出し、ピンとはったようなツヤ肌に見せてくれるという特徴も。特に新色の「ピンクグロウ」はきらめき感のあるパール効果で、ツヤ感もアップ。デコルテに伸ばしても、とってもきれいです。また健康的なツヤ肌を演出したい人は、従来からあるカラー「ベアグロウ」がおすすめです。

選び方次第でファンデーションのノリが思う以上に変わる化粧下地。フィット感があり、崩れにくい「エクストラ イルミネイティング モイスチャー バーム」をつければ、ドライ肌でも笑顔に自信がもてそうです。

ボビイ ブラウン

    specialbunner

    Ranking

    1. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    5. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    6. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. カヒミ・カリィさんがNYで出合った、高性能でおしゃれな生理用ショーツ

    9. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    10. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    6. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー