1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 乾かないプロ級のふっくら肌を作るボビイ ブラウンの化粧下地

乾かないプロ級のふっくら肌を作るボビイ ブラウンの化粧下地

乾かないプロ級のふっくら肌を作るボビイ ブラウンの化粧下地

乾燥が気になる季節は、ファンデーションのノリもいまいち。そこで手放せないのが、化粧下地です。

とくに注目なのは、2018年1月2日(火)に新色が加わり、NEWパッケージで登場するという「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」の「エクストラ イルミネイティング モイスチャー バーム」。

保湿バリア膜とパール効果でプロ級の仕上がり

女性本来の美しさを引き出し、個性を最大限に生かして「自分らしさ」を表現することをサポートしてくれるメイクブランド「ボビイ ブラウン」。肌なじみに優れたカラーアイテム、プロ並みのメイクを演出できるブラシコレクション、シンプルなコンデション別のスキンケアなど、簡単にプロの仕上がりを実現できるアイテムがそろっています。

なかでも保湿重視の女性たちに愛されているのが、高保湿スキンケアシリーズエクストラ」の「エクストラ イルミネイティング モイスチャー バーム」。その人気の秘訣は、スキンケアの延長のような、ずば抜けて高い保湿力です。水分をとどめるように働きかけるカフェインが肌そのものの保湿力をサポートしてくれるから、日中も乾かず、しっとり、ふっくらした肌を持続させてくれます。

気になるのは乳液やクリームとの違い。化粧下地だけに、ベースを整えて化粧ノリをよくしてくれるのはもちろんのこと、このアイテムは保湿バリアの膜を形成する成分も配合されているので、肌の水分バランスをもキープしてくれます。

1712_bobbibrown_01.jpg
エクストラ イルミネイティング モイスチャー バーム <左>ピンクグロウ(新色) <右>ベアグロウ / 各7,776円(税込)2018年1月2日発売

さらに、繊細なパールが自然な輝きを演出し、ピンとはったようなツヤ肌に見せてくれるという特徴も。特に新色の「ピンクグロウ」はきらめき感のあるパール効果で、ツヤ感もアップ。デコルテに伸ばしても、とってもきれいです。また健康的なツヤ肌を演出したい人は、従来からあるカラー「ベアグロウ」がおすすめです。

選び方次第でファンデーションのノリが思う以上に変わる化粧下地。フィット感があり、崩れにくい「エクストラ イルミネイティング モイスチャー バーム」をつければ、ドライ肌でも笑顔に自信がもてそうです。

ボビイ ブラウン

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    乾かないプロ級のふっくら肌を作るボビイ ブラウンの化粧下地

    FBからも最新情報をお届けします。