1. Home
  2. EAT
  3. フードロスに向き合う一歩に。新たな取り組みリメイクスイーツ

フードロスに向き合う一歩に。新たな取り組みリメイクスイーツ

フードロスに向き合う一歩に。新たな取り組みリメイクスイーツ

「フードロス(食料ロスと廃棄)問題」を考えると、罪悪感にかられます。そこで解決に向けて自分でもできることをしたいと思うけれど、せっかくアクションを起こすなら、重い気持ちでするよりもポジティブで楽しくしたいもの。たとえば"食品のリメイク"でうまれたおいしいカップマフィンをいただくのも、立派なアクションのひとつなのです。

オーガニック食品業界パイオニア同士の取組み

そのマフィンとは「BROWN SUGAR 1ST. (ブラウンシュガーファースト)」が立ち上げた、フードロス削減を目的としたプロジェクト「#食べ物を棄てない日本計画」の一環として食品のリメイクでうまれ、ナチュラルハウス青山店にて2017年12月14日(木)より販売開始されたもの。

BROWN SUGAR 1ST. とは「わが子に食べさせたいかどうか? 」を基準に食材を厳選し、輸入・卸販売をするオーガニック食品メーカーです。大切な自然を守りながら豊かな食の未来をつくることをポリシーとしているこの会社と、日本のナチュラル&オーガニックの先駆け的なショップであるナチュラルハウスの、「フードロスという問題に真摯に向き合いたい」という思いが合致し、今回の商品導入になったとか。

オーガニック食品業界パイオニア同士による新たな取り組みとして販売されることになったマフィン。そのリメイク方法とは、まずナチュラルハウスで廃棄直前となったお野菜・フルーツをBROWN SUGAR 1ST. が無償で引き取ります。そして「賞味期限が製造から3分1を切ったものは納品することが出来ない」という、日本の食品業界にある「1/3ルール」により、流通に乗らないココナッツオイルを使ったカップケーキ(マフィン)に加工し、翌日、ナチュラルハウスで販売するというもの。

おいしさ3種類、プラスα

こうして新たな商品としてリメイクされたマフィンには、次の3つの味があります。

20171215_foodloss1.jpg

CARROT -キャロット- 480円(税別)にんじんの自然な甘みとほんのり香るシナモンが上品なオリジナルキャロットケーキ

20171215_foodloss2.jpg

KANJUKU Banana -カンジュクバナナ- 480円(税別)バナナのコク深い甘味がやさしく食べ応えもバッチリなスウィートマフィン

20171215_foodloss3.jpg

Cake salé -ケーク・サレ- 480円(税別)小松菜・にんじんを使ったお野菜のほんのりしょっぱいおかずマフィン

そしてこの3種類以外にも、BROWN SUGAR 1ST. TOKYO ORGANIC店頭で人気のクリーム付きカップケーキも販売予定です。

フードロス・チャレンジ・プロジェクト」によると、世界でつくられている食べ物のうち、約3分の1が捨てられているとか。また日本でも、まだ食べられるはずのものが642万トンも捨てられており、これは1年間に獲れる魚の量(374万トン)を大きく上回るそう。

そこでこのマフィンのようなリメイク食品を食べ、「おいしい」「たのしい」というポジティブな気持ちでアクションをおこせる機会がさらに増えれば、もっと自然にフードロス問題解決の輪も広がりそうです。

ナチュラルハウス 青山店

所在地:東京都港区北青山3-6-18電話:03-3498-2277営業時間:10:00-22:00

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    フードロスに向き合う一歩に。新たな取り組みリメイクスイーツ

    FBからも最新情報をお届けします。