1. Home
  2. EAT
  3. 腸の専門医が作った罪悪感なく食べられる美腸クッキー

腸の専門医が作った罪悪感なく食べられる美腸クッキー

腸内環境を整える

1,425

片岡理森

腸の専門医が作った罪悪感なく食べられる美腸クッキー

イベントが続いたり、ストレスが重なったりすると、肌荒れや風邪をひいてしまうことがあります。身体が疲れているのはもちろんですが、一時的にも食生活が乱れたことが不調の原因になっているのかもしれません。

腸の不調がさまざまな身体の不調をまねく理由

腸は食物の消化吸収をするだけでなく、さまざまな外部環境に対応するための仕組みを備えており、とても重要な器官であることから、「腸活」といわれるブームになるほど腸内環境の改善が重要視されるようになりました。

不規則な生活や偏った食事によって腸内環境が悪化すると、悪玉菌が繁殖し免疫力の低下や便秘、自律神経の乱れなど、さまざまな身体の不調を引き起こすといわれてます。また、代謝機能が落ち、肌荒れや乾燥肌、ニキビや黒ずみ、くすみなどの原因にもなるとともに、太りやすい、むくみやすい、冷えやすいなど、美容の面でも悪影響を及ぼすことがあるとか。

そうわかっていても、忙しさで食事に気が回らない......そんな悩ましい実情に、うれしい救世主となってくれそうなスイーツが登場しました。

安心安全、最高品質の材料でおいしく美腸になるスイーツ

腸の健康をテーマに、女性の美とアンチエイジングを長年追求してきた小林メディカルクリニック院長の小林暁子先生がプロデュースしたのが「健美腸FINE SWEETS」。

1712_finesweets_01.jpg
健美腸FINE SWEETSセット(3本入り)/ 3,800円(税別)※クッキー2種、季節のグラノーラ1種

腸内環境改善には多様性に富んだ食物繊維を摂ることが重要」という最新の医学的データに基づいて吟味されたレシピには、3つのこだわりが。

1. 食物繊維が豊富 善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる良質な食物繊維がたっぷり。善玉菌の活発化により、美肌効果、免疫機能の正常化や代謝機能の向上といった様々な美容・健康の効果が期待できます。

2. 添加物・化学調味料不使用 添加物・化学調味料・白砂糖を一切使わず、オーガニックの原材料を可能な限り使用。最高品質の材料を使用しているので、子どもから高齢の方まで安心して食べられます。

3. グルテンフリー 果物や穀類など、多種多様な食物繊維をブレンドしつつ、こだわったのはグルテンフリー。腸内悪玉菌を活性化させてしまう原因のひとつとして注目されているグルテン(小麦など穀物に含まれるたんぱく質の一種)を使わず、食べ応えのあるスイーツに仕上げました。

もちろん、おいしさにもこだわっているのでダイエット中のスイーツとしても最適です。スタイリッシュな箱入りの4本セットはギフトにしても喜ばれそう。

1712_finesweets_02.jpg
健美腸FINE SWEETSセット(4本入り)/ 5,200円(税別)※クッキー3種、季節のグラノーラ1種。ギフトBOX入り

罪悪感なく、おいしく食べられるうえに、腸内環境まで整えてくれるスイーツ。忙しい毎日の食生活に、頼りになりそうです。

健美腸FINE SWEETS

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析