1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 潤肌、澄肌、柔肌......なりたい肌へ導くクラランスのフェイスマスク

潤肌、澄肌、柔肌......なりたい肌へ導くクラランスのフェイスマスク

潤肌、澄肌、柔肌......なりたい肌へ導くクラランスのフェイスマスク

顔はフェイスマスクの選び方で変わる。そう断言したくなるくらい、肌質に左右されるケアアイテムです。

水分不足なのか、皮脂不足なのか、それともオイリーなのか。自分の肌に補いたいものを間違えると、せっかくのケアも残念な結果に。でも、そもそも自分の肌になにを補うべきなのかわからない......そんなときでも失敗せずに選べるフェイスマスクが新発売されます。

植物パワー配合の3種類のマスクから、肌状態に合わせて選ぶ

それは、フランス生まれのスキンケアブランド「CLARINS(クラランス)」から2018年1月1日(月)に発売される、「コンセントレ マスク」。

1712_clarins_01.jpg

10分間で、マイベストな素肌へとサポートしてくれる、なりたい肌に合わせた3種類のマスクです。そこで、それぞれに合った肌質の特徴もふまえてご紹介します。

1712_clarins_02.jpg
イドラ コンセントレ クリーム マスク 75g / 5,200円(税別)※2018年1月1日発売

「乾燥による小じわが気になる」「ファンデーションのりが悪い、粉っぽい」「ざらつき、くすみが気になる」そんな人におすすめなのが、「イドラ コンセントレ クリーム マスク」。

真皮から表皮、角質層にいたるまで、マルチレベルで肌の保水機能を高めてくれるセイロンベンケイ(トウロウソウ葉エキス)配合。フレッシュに輝くみずみずしい潤肌へと導いてくれます。グリーンフルーティーのフレッシュな香りです。

1712_clarins_03.jpg
ピュア コンセントレ クレイ マスク 75g / 5,200円(税別)※2018年1月1日発売

「洗顔後、皮脂でべたつく」「べたつき、毛穴の開きが気になる」「メイクが崩れやすい。テカる」そんな人におすすめなのが、「ピュア コンセントレ クレイ マスク」。

過剰な皮脂分泌を抑えて、毛穴を目立たなくするアルペンヤナギ(エビロビウムフレイスケリエイス)配合。すっきりクリアでマットな澄肌へと導いてくれます。清潔感を連想させるクリアな香りです。

1712_clarins_04.jpg
コンフォート コンセントレ バーム マスク 75g / 5,200円(税別)※2018年1月1日発売

「肌のつっぱりが気になる」「ごわついて肌が固くなっている」「メイクをすると肌がむずむずする」そんな人におすすめなのが、「コンフォート コンセントレ バーム マスク」。

しなやかさ、柔らかさを与えてくれる2種類のマンゴーバター(アフリカマンゴノキ核脂、マンゴー種子油)配合。つっぱり知らずのしなやかな柔肌へ導いてくれます。イランイランのリラックスする香りです。

肌に自信がもてないときや、明日たいせつな人と会うというときに頼りになるはずのフェイスマスク。「コンセントレ マスク」3種類それぞれの選び方を参照すれば、自分の肌に必要なものを間違えることなく補えます。これで2018年こそ、なりたい肌を実現できそう。

CLARINS

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    潤肌、澄肌、柔肌......なりたい肌へ導くクラランスのフェイスマスク

    FBからも最新情報をお届けします。