1. Home
  2. BODY
  3. お風呂上りのポカポカが持続する効果的な日本酒風呂の入り方

お風呂上りのポカポカが持続する効果的な日本酒風呂の入り方

片岡理森

お風呂上りのポカポカが持続する効果的な日本酒風呂の入り方

米、米麹、水を発酵させて造る日本酒。近年の発酵食への注目度の高まりや、飲みやすい発泡タイプの登場で、若い人にも人気が出てきているように思います。

一般的には、ワインやビールよりもアルコール度数が高めなので、お酒があまり得意でないと手を出すには勇気がいるなと思っていましたが、飲む以外にも日本酒の効果的な使い道があるようです。

1712_sake_01.jpg

「アデノシン」の効果で芯から温まる日本酒風呂

37℃から38℃のぬるめのお湯にコップ2杯から3杯の日本酒を入れてよくかき混ぜ、そこに10分くらい浸かりましょう。(中略)日本酒風呂の代表的な効果としては、冷え性の改善や美肌効果、新陳代謝の促進などが期待できると言われています。日本酒に含まれる成分には、肌に浸透することで乾燥を予防し、保湿効果に期待ができます。

(「Diet Plus」より引用)

半身浴するくらいの温度が適温。ただし、アルコールが蒸発して蒸気にアルコールが含まれてしまうこともあるので、アルコールに弱い方や体調不良の方は注意が必要です。

1712_sake_02.jpg

お酒を飲むと体が温まりますが、それはアルコールが体内でアセトアルデヒドに分解されるためです。このアセトアルデヒドには、血管を拡張させる効果があるので血流が良くなります。日本酒には、さらにこんな成分も。

日本酒には他のお酒よりも圧倒的に多くのアデノシンという成分が含まれていると言います。このアデノシンには、血管の収縮を抑えるといった効果があるので、他のお酒よりも血流が良い状態が続くそうです。血流が良くなるという事は、肩こりの改善や、代謝が良くなることにも期待できますね。

(「Diet Plus」より引用)

寒さで固まった体をじんわりほぐしたり、お風呂上りの温かさを持続させるための効果的な入浴剤になってくれそう。

また、日本酒に含まれる抗酸化物は、悪玉コレステロールが酸化変性されるのを抑制してくれる効果が期待できるとも言われているので、飲む、お風呂に入れる以外にも、「調理に使う」という方法も取り入れてみたいところ。

冷え性や生活習慣病の予防、保湿・保温効果など、いまの時期にうれしい日本酒パワー。自分に合った方法で取り入れてみたいと思います。

Diet Plus

image via shutterstock

    Ranking

    1. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    2. これでは体重が減りません! 運動でよくやりがちな間違い4つ

    3. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    9. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    10. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?