1. Home
  2. BODY
  3. 手足は冷たいのに、上半身だけボーッと熱くなったら?

手足は冷たいのに、上半身だけボーッと熱くなったら?

カラダ戦略術

2,559

手足は冷たいのに、上半身だけボーッと熱くなったら?

自分の体をきちんと知ろう!をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。今回は、自律神経について取り上げます。今回は冷えのぼせの話からスタート。

冷えのぼせは、更年期障害だけではないのです

冷え症は、どの年代の女性にも多い不調です。ところが、手足は冷たいのに、顔や頭などの上半身だけボーッと熱くなる「冷えのぼせ」が増えていると言われています。更年期障害のホットフラッシュも、同じような症状ですが、冷えのぼせは、更年期世代特有の症状だけではないのです。

冷えのぼせの原因は、自律神経失調症の一種。

年代別に見ると、冷えのぼせは、50代の次に、20代、30代に多いことがわかりました。冷え症は、年齢を重ねるごとに症状が悪化する傾向があります。一方、20代、30代は冷えやすい生活習慣のため、冷え症だけでなく、冷えのぼせを起こしやすい年代でもあるのです。

たとえば、エアコンを使う生活環境、運動不足、冷えやすい食生活やファッションなども、若い世代に冷えのぼせが増えている原因とも言えます。

「自律神経失調型の冷え」が、冷えのぼせなのです

冷えのぼせは、ほてりや多汗も併せて起こることがあるので、更年期障害のホットフラッシュと間違える人も多くいます。しかし、冷えのぼせは、冷えによる血流低下が原因と言われています。冷えのぼせは、"冷え"の一種なのです。

冷えは、体の筋肉量や食事量が少なく、体が熱をうまくつくれない状態。また、夏でもエアコンの影響で温度差が激しい環境で、体を冷やすことも原因のひとつ。冷えやすい生活習慣や食生活も影響します。このような冷えが慢性的に続くと、"冷え症"になります。

私たちの体は、冷えると、手足の末端の体温を下げて犠牲にしてでも、体を守るため大事な頭部の温度が下がらないように働きます。さらに冷えが進むと、自律神経のバランスが乱れて、血管の収縮・拡張のコントロールがうまく機能しなくなります。そのために、上半身に熱が集中してしまうのです。そして、体が熱いと感じると、脳が高温になるのを防ぐため、毛細血管や汗腺が発達している頭部や胸まわりから熱を放出します。

自律神経の交感神経と副交感神経は、体温を一定に保つために、通常より一生懸命に働かなければならなくなり大混乱。その結果、自律神経がバランスを崩してしまうのです。冷えのぼせは、"自律神経失調型の冷え"といってもいいのです。

あなたは冷えのぼせですか? チェックしてみて

「冷え」と「のぼせ」は、一見、正反対のようですが、どのような症状をいうのでしょう?下記のチェックリストでひとつでもあてはまる項目があれば、冷えのぼせの可能性が高いと言えます。

冷えのぼせチェック

□ 上半身には冷えを感じないが、下半身は冷えている
□ 手足は冷たいのに、頭はボーっと熱く感じる
□ 暖房の効いた部屋に入ると、カーッと熱くなり汗をかく
□ 運動した後や気温が暑くなると、上半身が熱くなり汗がどっと出る
□ 手のひらや足の裏に汗をかきやすい

ひとつでもあてはまったら、「冷えのぼせ」の可能性があります。チェック項目が多いほど重症度が高い可能性があります。

冷えのぼせを放っておくと......

冷えのぼせは、放っておくと、さらに自律神経が乱れ、疲れ、不眠、不安、イライラ、肩こり、むくみ、めまい、頭痛、腰痛、生理痛、吹き出物などの不調を起こし、日常生活に支障が出ることもあります。負のスパイラルで、ほかの病気を誘発する可能性もないとはいえません。

冷えのぼせを改善するポイントとしては、熱を感じる上半身に負担をかけないよう、上手に下半身の冷えを解消することです。そして、自律神経のバランスを整えることが大切です。

冷えのぼせの人は、睡眠の質が低下しがちとも言われています。睡眠の質が低いことを自覚していない人も多くいます。冷えのぼせの人は、寝ている間も緊張していて、汗をかき、蒸れて暑くなってしまいがち。足先の冷えを解消しようと、靴下を履いても暑くて脱いでしまったり、入浴も体の芯が温まる前にのぼせてしまうため、長めに湯船に浸かることができないことも。

冷えのぼせが重い人ほど、うまく体を温められず、体を冷やすライフスタイルを送ってしまいやすいのです。冷えのぼせの可能性がある人は、上手に改善することが大事。

次回は、その改善法と、決してしてはいけない生活習慣を紹介します。

mika_masuda.jpg増田美加(ますだ・みか)さん女性医療ジャーナリスト。2000名以上の医師を取材。予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ http://office-mikamasuda.com/

image via Shutterstock

増田美加

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    2. 強く引き締まった足を目指す! 自宅でできる、ふくらはぎを鍛える5つのワークアウト

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    5. 寝苦しい夜にリフレッシュ。簡単にできるアロマの楽しみ方3つ

    6. 水筒にスポーツドリンクは要注意! 食中毒になる可能性も

    7. 「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

    8. 歯ぐきや口臭には赤ピーマン。おいしい3つの食べ物で、白く輝く歯を守る

    9. 暑さに負けない! 管理栄養士がすすめる「疲労回復食材」と成分リスト

    10. さらにクリーンに、さらに使いやすくなった「エコベール食器用洗剤」

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    3. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    4. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    5. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    6. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 食べたい衝動に負けない5つの方法と、ヘルシーな食生活の最新情報6つ

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    3. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    4. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    5. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    6. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    7. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    8. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    10. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    手足は冷たいのに、上半身だけボーッと熱くなったら?

    FBからも最新情報をお届けします。