MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. STYLE
  3. 自分らしくあるために。片づけられない女性のためのマインド改革

自分らしくあるために。片づけられない女性のためのマインド改革

自分らしくあるために。片づけられない女性のためのマインド改革

「部屋と心のつながり」に注目し、心理学にもとづいて"片づけ"のサポートをおこなう空間心理研究家・伊藤勇司さん。8000人以上の心と部屋を整え、2017年11月には著書『座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋』を上梓。

伊藤さんが伝えたいのが直接的な掃除や収納のノウハウではなく、片づけを通して得られる「しあわせ」や「豊かさ」の感覚だというところに興味をひかれ、「片づけられる心のつくりかた」をうかがうことに。

「片づけられない女たち」はいい人すぎる?

伊藤さんのクライアントは、じつに約9割が女性。数多くの片づけられない女性たちと出会ってきて、その特徴を「他人や状況に自分を合わせる、いわゆるいい人が多い」一方で「自己肯定力が過度に低かったり、こうしたいという決断力に欠けたりする」と見ています。

いい人すぎても物事は片づかない。遠慮しすぎず自分の意思を発する力をつけると、それがお部屋の片づき具合とリンクすることは多いもの。掃除・整理整頓を始める以前に、日ごろの思考パターンや習慣から自分軸を取りもどす必要がありそう。

結論を先に述べて、会話もすっきりさせる

会話では、先に結論を述べることを心がけて。

伊藤さん曰く、「片づけが苦手な人ほどコミュニケーションも散らかっている」「なかなか結論を言ってくれない」。ただでさえ女性の話は長く、結局何が言いたいの? と周りはヤキモキ。目的を先に述べるだけでも会話はスムーズになるし、口から出た言葉に影響されて自分の頭のなかも整理されやすい。コミュニケーションをすっきりデザインすることで、お部屋の様子も変わってくる可能性があります。

モノ・人とのかかわりを濃くする

一つ一つのモノを丁寧に扱い、そして一人一人とのかかわりも濃くしていくこと。

モノに対する態度は人に対する態度と似ている」と伊藤さん。たくさんのモノが散らかっている部屋では必然的に一つ一つのモノとのかかわりが薄くなるし、そこに住んでいると人づきあいも広く浅く表面的になりがちとのこと。数はすくなくてもお気に入りのモノ・信じ合える人と濃くかかわって、満たされた感覚をしっかり味わうことで部屋を散らかしにくい心の状態に入っていけます。

素直に、一貫した自己表現をする

人に気兼ねせず、一貫した自己表現をしていくこと。

片づけられないお部屋の主は、他人を気遣って相手に合わせた意思決定をする傾向が強いそう。いつも言葉や態度を変えているために、思考が散らかりやすいと言います。ほんのすこし勇気をもって、自分の好きなことやかなえたいことを素直におもてに出していれば、態度がブレにくくなる。一貫した自己表現ができる自分づくりが、自分にとって心地よく過ごせるお部屋づくりにつながります。

その人自身の判断基準をはっきりさせれば、部屋は自然に片づく」と確信している伊藤さんの考えにふれたことで、私も自分の部屋を見直し中。考えてみれば、私の部屋なのになぜもっと自分をしあわせにする場にしようと思わなかったのか不思議。自分がどういう部屋に住む人間でありたいのかをイメージしながら、自分らしく片づけたくなってきました。

[『座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋』]

image via Shutterstock

Writing by木谷梨子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    自分らしくあるために。片づけられない女性のためのマインド改革

    FBからも最新情報をお届けします。