1. Home
  2. BEAUTY
  3. アイスランド発、新しい肌を作る植物由来のアンチエイジング美容液

アイスランド発、新しい肌を作る植物由来のアンチエイジング美容液

キュンメルめぐみ

アイスランド発、新しい肌を作る植物由来のアンチエイジング美容液

化学製品を一切使用せず、植物由来の成分だけでできたセラム。アイスランドからやってきた「BIOEFFECT(バイオエフェクト)」は、その最新テクノロジーが話題を呼んでいます。

世界初、植物由来のEGF配合スキンケア

さまざまなファッション雑誌に取り上げられて以来、ヨーロッパの各エアラインでも機内販売されるなど人気の商品「バイオエフェクト」。使うごとに手触りがスムーズになり、ふっくら感が戻ってくるのは植物由来のEGF(上皮成長因子)のおかげです。

通常、肌のみずみずしさやハリ、滑らかさやきめの細かさといったものは、プロテインやビタミン、またホルモンなどさまざまな要因が複雑にからまり、影響を及ぼしています。そしてその中でもプロテインサイトカイン」は、私たちの表皮の細胞活動を左右する非常に重要なもの。たとえば、紫外線などの外部からのストレスから私たちの肌を守ってくれるだけでなく、ダメージから回復してくれる役割を担っています。バイオエフェクトに含まれるEGFは、いわゆるサイトカインのレプリカ。私たちの体の中にある自然のプロテインと同じ働きをしてくれることで、シミやしわなどを改善してくれるのです。

肌が自然に活力を取り戻すよう指令を出す

このEGFという成分の信ぴょう性について、とても興味深い研究結果が出されています。スタンフォード大学病院マイケル・ロンゲイカー博士によると、傷を負った動物がその傷口をペロペロと舐めるのには、唾液の中に非常に多くのEGFが含まれているからだそう。本来、体の中には誰でも自然治癒力を持ち合わせているのですが、このEGF成分がその治癒力をさらに加速させる役割を担っていることを発見したのです。体がダメージを受けると、その箇所に向かって体内からEGFが集中放出。これが「シグナル」となり、新たな表皮を作るためのコラーゲン、続けてケラチンが作り出されるようになり、層が重なり、傷がふさがってゆくのだそうです。

2010年に販売されてから、アイスランド女性の30%が使用したという強烈な人気と知名度をうけ、今ではほぼ世界中で購入が可能になりました。日本でも公式サイトから購入可能ですので、自分へのクリスマスプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

BIOEFFECT

image via shutterstock

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    3. 心理的要素を利用して食欲をコントロール。簡単にできる3つのこと

    4. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    7. しっかり満足感があるのに130kcal以内の「食べるスープ」レシピ

    8. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    9. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    4. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    5. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    6. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    7. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    8. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    4. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    5. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら