1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. アイスランド発、新しい肌を作る植物由来のアンチエイジング美容液

アイスランド発、新しい肌を作る植物由来のアンチエイジング美容液

アイスランド発、新しい肌を作る植物由来のアンチエイジング美容液

化学製品を一切使用せず、植物由来の成分だけでできたセラム。アイスランドからやってきた「BIOEFFECT(バイオエフェクト)」は、その最新テクノロジーが話題を呼んでいます。

世界初、植物由来のEGF配合スキンケア

さまざまなファッション雑誌に取り上げられて以来、ヨーロッパの各エアラインでも機内販売されるなど人気の商品「バイオエフェクト」。使うごとに手触りがスムーズになり、ふっくら感が戻ってくるのは植物由来のEGF(上皮成長因子)のおかげです。

通常、肌のみずみずしさやハリ、滑らかさやきめの細かさといったものは、プロテインやビタミン、またホルモンなどさまざまな要因が複雑にからまり、影響を及ぼしています。そしてその中でもプロテインサイトカイン」は、私たちの表皮の細胞活動を左右する非常に重要なもの。たとえば、紫外線などの外部からのストレスから私たちの肌を守ってくれるだけでなく、ダメージから回復してくれる役割を担っています。バイオエフェクトに含まれるEGFは、いわゆるサイトカインのレプリカ。私たちの体の中にある自然のプロテインと同じ働きをしてくれることで、シミやしわなどを改善してくれるのです。

肌が自然に活力を取り戻すよう指令を出す

このEGFという成分の信ぴょう性について、とても興味深い研究結果が出されています。スタンフォード大学病院マイケル・ロンゲイカー博士によると、傷を負った動物がその傷口をペロペロと舐めるのには、唾液の中に非常に多くのEGFが含まれているからだそう。本来、体の中には誰でも自然治癒力を持ち合わせているのですが、このEGF成分がその治癒力をさらに加速させる役割を担っていることを発見したのです。体がダメージを受けると、その箇所に向かって体内からEGFが集中放出。これが「シグナル」となり、新たな表皮を作るためのコラーゲン、続けてケラチンが作り出されるようになり、層が重なり、傷がふさがってゆくのだそうです。

2010年に販売されてから、アイスランド女性の30%が使用したという強烈な人気と知名度をうけ、今ではほぼ世界中で購入が可能になりました。日本でも公式サイトから購入可能ですので、自分へのクリスマスプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

BIOEFFECT

image via shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン