1. Home
  2. STYLE
  3. 英国王室御用達フローリストによるアロマキャンドルが日本初上陸

英国王室御用達フローリストによるアロマキャンドルが日本初上陸

2,805

松本典子

英国王室御用達フローリストによるアロマキャンドルが日本初上陸

キャンドルの炎が恋しくなる季節がやって来ましたね。寒くなったせいもあるし、クリスマスやさまざまなパーティでほわっと灯したくなる......そんなタイミングで、素晴らしいアロマキャンドルが日本に上陸したことをお知らせいたします。

それは、いま英国で最も注目されるアロマキャンドルとディフューザーケネス・ターナー フローラルクチュール」。先日、英国大使館で行われたローンチ記念のティーパーティで初体験したのですが、あくまでもナチュラルな、しかし絶妙なアッサンブラージュ(調合)。他にはないセンスを感じさせ、炎とともに心もふわりと揺さぶられる香りに驚き、和んだ午後でした。

1712_kennethturner_01.JPG

英国のマスターフローリストが手がけるラグジュアリーアロマ

ケネス・ターナーといえば、英国王室からも長く愛されてきた超一流のフローリスト。イギリス初の"セレブリティ・フローリスト"としてリスペクトされてきた彼が、その経験をもとに生み出したのがアロマキャンドルを中心とした香りのブランド「ケネス・ターナー フローラルクチュール」のコレクションでした。

最初のオリジナルフレグランスシグニチャー」を発表したのは1986年。フラワーアレンジメントのフィールドにフルーツや森の木の葉や苔、流木など幅広い素材を持ち込んだ先駆者ターナーだけあって、「シグニチャー」の香りもオレンジやスイカズラの花をメインにウッドやスパイスが組み合わされて独特な個性を発揮。たちまち英国のアッパークラスから支持され、やがて欧米各国へ。そして、世紀を超えてようやく日本まで届けられたというわけです。

今や、フレグランスは6種類に。「シグニチャー」のほか、「セレブレーション」「ソワレ」「バブリー」「スピリット」「ミッドサマーナイト」という名のもとにアッサンブラージュされた香りたち。パーティ会場には、それぞれの香りにインスパイアされての"フローラルクチュール"(ケネスは自らのアレンジメント作品をこう呼ぶそう)が。

アフタヌーンティーを楽しんだ後、青空を見上げながらの香り体験はテラスに移動して。炎が揺らぐ度に漂い来る香り、これがもう心地よくて、全てのキャンドルからの香りを何度も堪能いたしました。自然由来を感じさせる香りが、木々に囲まれながらというシチュエーションをより一層魅力的に演出していました。

1712_kennethturner_03.JPG

ちなみに、キャンドルが注がれているガラス製のフラワーベースもオリジナルで、キャンドルとして使用した後はもちろん花器として使って欲しいという実にフローリストらしい願いがそこに。

アロマキャンドルは「ポージーベースキャンドル」(燃焼時間最大50時間)、「ステムベースキャンドル」(燃焼時間最大95時間)、「ブーケベースキャンドル」(燃焼時間最大180時間)の3サイズ展開。

1712_kennethturner_04.jpg
ポージーベースキャンドル / 6,480円(税込)、ステムベースキャンドル / 14,040円(税込)、ブーケベースキャンドル / 25,920円(税込)※写真はポージーベースキャンドル(シグネチャー)

ナチュラルラタン リードディフューザー」はアロマキャンドルと同じ6種類の香り。こちらも使用後のガラス容器をフラワーベースとして活用できます。

1712_kennethturner_05.jpg
ナチュラルラタン リードディフューザー / 7,020円(税込)

クリスマス限定のアロマキャンドル「ウィンターベリーズ」は、レッドベリー、ウンシュウミカン、シナモンなどを組み合わせた香り。「ポージーベースキャンドル」「ステムベースキャンドル」の2サイズ展開。クリスマス限定バージョンについては、日比谷花壇 日比谷公園店と日比谷花壇 リーガロイヤルホテル店のみで2018年1月31日までの販売です。

1712_kennethturner_06.jpg

同じくクリスマス限定の「マスカレード」は、ブラックローズ、ブラックペッパー、ダークカシスがベース。こちらも「ポージーベースキャンドル」「ステムベースキャンドル」の2サイズ展開です。

1712_kennethturner_07.jpg

上質なキャンドルだけにややお値段は張りますが、その価値はあり。クリスマスギフトとしても喜ばれるのではないでしょうか。もちろん、おねだりするもよし♪

ケネス・ターナー フローラルクチュール



aroma_banner_640_148-1.jpg

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた