1. Home
  2. STYLE
  3. 植物がすくすく育つコーヒー豆からできた肥料

植物がすくすく育つコーヒー豆からできた肥料

キュンメルめぐみ

植物がすくすく育つコーヒー豆からできた肥料

淹れたてのコーヒーを自宅で味わう贅沢は最高。様々なパッドタイプやカプセルタイプのものが家電の定番ともなり、「おひとりさま」用のコーヒーメーカーも市場にずいぶんと出回るようになりました。しかし気になるのはそのゴミの量。それらゴミを100%リサイクルして、肥料にして売り出すスイスの会社が注目を浴びています

パッケージまでもが肥料になる

この「コーヒー豆からできた肥料」は、スイスのコーヒー会社・ベアナレラが売りだす「ウーマナイザー」。厳密にいえばコーヒー豆だけでなく、カフェ・カプセル、またパッケージの全てをリサイクルして肥料(68%はミミズたい肥、19%は鶏糞、13%グアノ)へとリサイクルしています。完璧な製品管理がなされているので、安心して使えるのがいいところ。室内用の花や観葉植物だけでなく、またバルコニーの野菜にもと、オールラウンドに使えます。

その肥料のパッケージの大きさも特徴的で、少し大きめのカップに480ml入っており、お値段は8.95ユーロ。もちろん、この肥料の入ったカップもコンポストすることが可能です。肥料と聞くとホームセンターで大きなビニール袋に入っているのを想像しがちですが、ウーマナイザーは見た目も洗練されていて、まるで部屋のデコレーションみたい。一見して、肥料だと気づかないのが良いのでしょう。

優れたアイディアが表彰された逸品

近年コーヒー豆の価格が高騰する中、コーヒーへの愛がそれでも止まらないスイス。世界一物価の高い国ともいわれているのにもかかわらず、年間消費量が1174杯ともいわれていて、ヨーロッパの中でも常に上位にあります。フェアトレード製品に高い関心をよせ、「値段が高くても環境のためになるならば買う」という意識の高い人が多いのも確か。フランスやイタリア、またイギリスにもベアナレア人気が浸透しつつあり、カフェの出すごみ問題そのものの意識改革にも役立っているのです。

世界ではじめて「コンポストできるカフェ・カプセル」として、2013年にスイスでの発明賞を受賞した本商品。クリスマスにプレゼントしてもよろこばれそうですね。

ウーマナイザー

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?