1. Home
  2. EAT
  3. 低カロリーで、ビタミンE豊富なアーモンドミルクの作り方

低カロリーで、ビタミンE豊富なアーモンドミルクの作り方

1,739

知恵子

低カロリーで、ビタミンE豊富なアーモンドミルクの作り方

ビタミンは美容と健康に欠かせない栄養素ですが、なかでも体が冷えやすい冬に積極的に摂りたいのがビタミンEです。

なんと「血行の悪さを感じている3人に2人がビタミンE不足を感じている」という調査結果もあるとか。ではどのように摂るのが効率的なのでしょうか。

美肌、冷え・肩こり改善にビタミンEを

アーモンドミルク研究会が首都圏に住む20代~50代の女性300人に対し『ビタミンに関しての意識調査』を実施したところ、ビタミンEについて、71.0%もの女性が効能を知らないという結果になったとか。そこでビタミンEについておさらいです。

ビタミンEは強力な抗酸化作用で老化防止、生活習慣病を予防する効果も期待できます。また、美肌、冷え・肩こり改善効果も期待でき、特に女性に嬉しいビタミンです

アーモンドミルク研究会の調査レポートより)

抗酸化作用だけでなく、血行不良が原因とも言われている冷えや肩こりの改善効果も期待できるのですね。そこで同研究所が血行の悪さとビタミンEの摂取量との関係性を調べたところ、血行の悪さを感じている179人のうち、じつに3人に2人がビタミンEを摂れていないと感じているという結果になりました。

アーモンドは粒よりミルクで摂ると良い理由

そこで気になるのが、ビタミンEの上手な摂り方です。ビタミンE含有量が全食品トップクラスであるアーモンドをいただくのが便利ですが、じつは粒のまま食べるのよりも、アーモンドミルクとして摂取することでより効果的に摂れるそう。アーモンドミルクは牛乳や豆乳に比べて低カロリーだし、美容の味方である食物繊維も豊富なので、女性に人気のドリンクです。私もスターバックス コーヒーでラテを買うときは、ミルクではなくアーモンドミルクにカスタムして注文しています。ぜひ家でも作ってみたいので、「アーモンドミルク」のレシピをアーモンドミルク研究会の方に教えていただきました

アーモンドミルクの作り方

20171207_almondm1.jpg

<材料>

生のアーモンド 1カップ(ローストアーモンドでも可)

水 2カップ(浸しておく水以外)

塩 ひとつまみ

お好みでバニラエッセンスやシナモンなど

※写真は二倍量

<作り方>

1. 水につける

20171207_almondm2.jpg

生アーモンドは一晩から二晩、水につけておく。二晩ほどつけておくとより濃いアーモンドミルクになる(皮がむけやすくなっている状態まで漬け込む)。

2. ざるに上げる

20171207_almondm3.jpg

水につけておいたアーモンドをざるにあげる。

3. アーモンドの皮をむく

20171207_almondm4.jpg

アーモンドの皮をむく。皮をむくことで出来上がりが滑らかになる。

4. ジューサーで攪拌(かくはん)する

20171207_almondm10.jpg

ジューサーに材料を入れ、1〜2分攪拌(かくはん)する(なめらかに、きめが細かくなるまで攪拌(かくはん)する)。

5. 濾(こ)し、絞る

20171207_almondm11.jpg

ガーゼまたはさらしで濾(こ)し、絞る。

6. 出来上がり

20171207_almondm9.jpg

飲む前にふって混ぜると良い。冷蔵で2、3日で飲みきる。ローストアーモンドを使用した場合は5日ほど。

お鍋などで温めれば、ホットアーモンドミルクに。寒い時期に体の中からポカポカにしてくれそうです。カップに入れて電子レンジで加熱の際は途中でかき混ぜて。

美味しくてヘルシー! アーモンドミルクの作り方レシピの動画はこちら

時間が経つと分離しますが、混ぜればOK。生のアーモンドでつくるときは「生で食べられるアーモンド」など、低温殺菌されているものを使うと安心です。また皮むき不要なスライスアーモンドを使えば時短にもなりますね。

この冬の定番にしたい、ビタミンEたっぷりのアーモンドミルクを飲んで、冷えに負けない体つくりを心がけたいと思います。

TOMIZ,アーモンドミルク研究会

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?