1. Home
  2. MIND
  3. 常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

運命を変えるマインド革命

2,381

常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。今年ももう12月ですね!過去を振り返るよりも、今から来年の幸せに備える......。そんな前向きなマインドで1日1日を送り、最高の2018年にしていきたいものです。

そしてそんなとき、努力よりも大切なことがあります。それは、「1番」を選ぶということ。では、何を「1番」にすれば幸せになれるのか?その3つのヒントをお伝えさせていただきますね。

不幸を選んでることに気づいて!

実は私たちは、今の現実を「潜在意識が最初から選んでしまって」います。たとえば苦しい恋愛をしているときは、「自分を苦しめるような辛い恋愛をする相手しか、潜在意識がOKを出せていなかった」、「モラルハラスメントをする最低な職場しか、潜在意識がOKを出せていなかった」ということなんですね。つまり、頭ではこんなのはいや!と思っているけれど、潜在意識は、苦しめられ、酷いことをされるのが当然になっている......という状態です。

不幸癖はどこから来るの?

「最初から、不幸なことばかりを受けいれて、OKを出している」からこそ、最初から幸せを選べないし、最初から不幸だけを我慢して受けいれてしまう......。そんな不幸癖は、「昔、自分がどう扱われていたか?」によって決まります

大切にされたことがなかった。だから、大切にされるってことがわからない。酷いことばかりを言われて我慢するしかなかった。褒められるって何?褒められたことなんてないから分からない。

そこまで特別じゃなくて「普通」な私だった......。だから、「特別いいこと」なんて、そんなの選ばれた人や美人やすごくできる人だけのものだし......。という潜在意識になってしまっているからこそ、「苦しい現実」が当たり前になっている。結果、「その現実しか起きない」。プラス、こんなことを信じたまま、そのうえで何を選んだとしても、「最初からあなたを幸せにするものは何も選べない!」ということなんです。

最初から1番を選ぼう!

けれど、こうした信じ込みが変わり......自分に自尊心を持って、1番を選べるようになったらどうでしょうか?

私はいい子だったんだな。私は本当は心が美しくて、それは他人と比較できないほど優れていたんだ。私は本当は頑張っていたし、世界にたった一人の大切な存在だったんだな...と。そう思えたとしたら。わざわざ、「これくらいしかできない私だから、この程度を最初から選んで妥協する」ということがなくなります。

そして、

「私は自分を素敵な人だと思えている。そんな私にふさわしい場所を選び直したい」「最高のイケメンと付き合っていい!」「最高の1年を送っていい!」「もっともっと幸せになっていいし、もっと評価されていい!」

と思い、その意識のまま、選べるようになるのです。「美しい私が、こんなことができる私が、能力を発揮できる環境を選び、愛され評価されることを許す」というふうに選択が変わると、それが、現実に反映される=現実が変わるのですね。今自分が1番幸せではなったとしたら、それは、自分が1番を選んでいないから。こうして無意識にしている不幸癖を改善し、来年こそ!「自分史上1番幸せな1年」を送るようにしていきましょう。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

斎藤芳乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 日本人のビタミンD不足に「まいたけ」。免疫や血管への知られざるパワー

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 夏処方。髪のベタつきをケアするシーズナルシャンプー

    6. 自分の「好き」がわからなくなった人へ #キャメレオン竹田からのラブレター

    7. 香りつきのアイテムを使ってる? 膣カンジダ症の原因6つに気をつけて

    8. マニュアルではない。クリス智子が考える「気配り力」

    9. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    10. ハーブティーをすすめる4つの理由

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    3. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. その背中の痛み、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 体をコントロールする甲状腺。正常ではないときに起こる9つの症状

    7. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    8. 「幸せで当然の毎日」あなたがもっともっと愛を受け取るために必要なこと

    9. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    10. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    3. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    8. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

    FBからも最新情報をお届けします。