1. Home
  2. MIND
  3. 常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

運命を変えるマインド革命

3,387

常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。今年ももう12月ですね!過去を振り返るよりも、今から来年の幸せに備える......。そんな前向きなマインドで1日1日を送り、最高の2018年にしていきたいものです。

そしてそんなとき、努力よりも大切なことがあります。それは、「1番」を選ぶということ。では、何を「1番」にすれば幸せになれるのか?その3つのヒントをお伝えさせていただきますね。

不幸を選んでることに気づいて!

実は私たちは、今の現実を「潜在意識が最初から選んでしまって」います。たとえば苦しい恋愛をしているときは、「自分を苦しめるような辛い恋愛をする相手しか、潜在意識がOKを出せていなかった」、「モラルハラスメントをする最低な職場しか、潜在意識がOKを出せていなかった」ということなんですね。つまり、頭ではこんなのはいや!と思っているけれど、潜在意識は、苦しめられ、酷いことをされるのが当然になっている......という状態です。

不幸癖はどこから来るの?

「最初から、不幸なことばかりを受けいれて、OKを出している」からこそ、最初から幸せを選べないし、最初から不幸だけを我慢して受けいれてしまう......。そんな不幸癖は、「昔、自分がどう扱われていたか?」によって決まります

大切にされたことがなかった。だから、大切にされるってことがわからない。酷いことばかりを言われて我慢するしかなかった。褒められるって何?褒められたことなんてないから分からない。

そこまで特別じゃなくて「普通」な私だった......。だから、「特別いいこと」なんて、そんなの選ばれた人や美人やすごくできる人だけのものだし......。という潜在意識になってしまっているからこそ、「苦しい現実」が当たり前になっている。結果、「その現実しか起きない」。プラス、こんなことを信じたまま、そのうえで何を選んだとしても、「最初からあなたを幸せにするものは何も選べない!」ということなんです。

最初から1番を選ぼう!

けれど、こうした信じ込みが変わり......自分に自尊心を持って、1番を選べるようになったらどうでしょうか?

私はいい子だったんだな。私は本当は心が美しくて、それは他人と比較できないほど優れていたんだ。私は本当は頑張っていたし、世界にたった一人の大切な存在だったんだな...と。そう思えたとしたら。わざわざ、「これくらいしかできない私だから、この程度を最初から選んで妥協する」ということがなくなります。

そして、

「私は自分を素敵な人だと思えている。そんな私にふさわしい場所を選び直したい」「最高のイケメンと付き合っていい!」「最高の1年を送っていい!」「もっともっと幸せになっていいし、もっと評価されていい!」

と思い、その意識のまま、選べるようになるのです。「美しい私が、こんなことができる私が、能力を発揮できる環境を選び、愛され評価されることを許す」というふうに選択が変わると、それが、現実に反映される=現実が変わるのですね。今自分が1番幸せではなったとしたら、それは、自分が1番を選んでいないから。こうして無意識にしている不幸癖を改善し、来年こそ!「自分史上1番幸せな1年」を送るようにしていきましょう。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

斎藤芳乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 忙しい朝にオススメ! 3分でできる栄養満点バナナトースト

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 視野が狭くなっていませんか? | 禅僧のおことば 17

    8. ストレスが原因で臭ってるかも。緊張すると皮膚ガスが出るそうです

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. ジェニファー・ロペスの引き締まった腕を作るワークアウトツールとは?

    1. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    2. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    5. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    6. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 4人に3人は感染。膣カンジダ症のこと、知っていますか?

    10. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

    FBからも最新情報をお届けします。