1. Home
  2. MIND
  3. 常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

運命を変えるマインド革命

4,442

斎藤芳乃

常に「自分にとって1番いい方法」を選ぶには...

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。今年ももう12月ですね!過去を振り返るよりも、今から来年の幸せに備える......。そんな前向きなマインドで1日1日を送り、最高の2018年にしていきたいものです。

そしてそんなとき、努力よりも大切なことがあります。それは、「1番」を選ぶということ。では、何を「1番」にすれば幸せになれるのか?その3つのヒントをお伝えさせていただきますね。

不幸を選んでることに気づいて!

実は私たちは、今の現実を「潜在意識が最初から選んでしまって」います。たとえば苦しい恋愛をしているときは、「自分を苦しめるような辛い恋愛をする相手しか、潜在意識がOKを出せていなかった」、「モラルハラスメントをする最低な職場しか、潜在意識がOKを出せていなかった」ということなんですね。つまり、頭ではこんなのはいや!と思っているけれど、潜在意識は、苦しめられ、酷いことをされるのが当然になっている......という状態です。

不幸癖はどこから来るの?

「最初から、不幸なことばかりを受けいれて、OKを出している」からこそ、最初から幸せを選べないし、最初から不幸だけを我慢して受けいれてしまう......。そんな不幸癖は、「昔、自分がどう扱われていたか?」によって決まります

大切にされたことがなかった。だから、大切にされるってことがわからない。酷いことばかりを言われて我慢するしかなかった。褒められるって何?褒められたことなんてないから分からない。

そこまで特別じゃなくて「普通」な私だった......。だから、「特別いいこと」なんて、そんなの選ばれた人や美人やすごくできる人だけのものだし......。という潜在意識になってしまっているからこそ、「苦しい現実」が当たり前になっている。結果、「その現実しか起きない」。プラス、こんなことを信じたまま、そのうえで何を選んだとしても、「最初からあなたを幸せにするものは何も選べない!」ということなんです。

最初から1番を選ぼう!

けれど、こうした信じ込みが変わり......自分に自尊心を持って、1番を選べるようになったらどうでしょうか?

私はいい子だったんだな。私は本当は心が美しくて、それは他人と比較できないほど優れていたんだ。私は本当は頑張っていたし、世界にたった一人の大切な存在だったんだな...と。そう思えたとしたら。わざわざ、「これくらいしかできない私だから、この程度を最初から選んで妥協する」ということがなくなります。

そして、

「私は自分を素敵な人だと思えている。そんな私にふさわしい場所を選び直したい」「最高のイケメンと付き合っていい!」「最高の1年を送っていい!」「もっともっと幸せになっていいし、もっと評価されていい!」

と思い、その意識のまま、選べるようになるのです。「美しい私が、こんなことができる私が、能力を発揮できる環境を選び、愛され評価されることを許す」というふうに選択が変わると、それが、現実に反映される=現実が変わるのですね。今自分が1番幸せではなったとしたら、それは、自分が1番を選んでいないから。こうして無意識にしている不幸癖を改善し、来年こそ!「自分史上1番幸せな1年」を送るようにしていきましょう。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    6. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    10. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら