1. Home
  2. EAT
  3. 多忙でも心の余裕を作る食べ方ルール #ポジティブ栄養学

多忙でも心の余裕を作る食べ方ルール #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

吉川圭美

多忙でも心の余裕を作る食べ方ルール #ポジティブ栄養学

一年でもっとも忙しくなる時期。なくなりがちなのが心の余裕。ちょっとしたことでイラッとしたり、落ち込んだ気持ちを引きずってしまったり。ただでさえ忙しくて疲れているのに、イライラしたりあれこれ考えることで、ますますぐったり......。本当は忙しいときこそできるだけ元気に、ごきげんで、前向きな気持ちでいたいもの。そんなときも栄養が力になってくれます

脳のホルモンを作るのに必要な材料とは

わたしたちの脳では、細胞が神経伝達物質というホルモンを出し合い、情報を伝え合っています。ワクワクした気持ちや快活さに関係するドーパミン、やる気や意欲をつかさどるノルアドレナリン、幸せな気持ちを生み出すセロトニンなどがバランス良く存在することで、ほどよく落ち着いて意欲にあふれた心の状態をつくり出すことができます。そのためには、脳のホルモンを作る材料が欠かせないのは言うまでもありません。たとえばタンパク質やビタミンB群、鉄などが挙げられます。

一方で、いそがしいときほど食事がおざなりになるものです。パソコンの前でコンビニのおにぎりやパンをかじって済ませる、なんてことも。じつはこれらに多い糖質をエネルギーに変えるのに使われるのも、ビタミンB群や鉄なのです。

毎日、食事のたびにこれらの栄養をたくさん使うことで脳内ホルモンまで回らず、イライラや落ち込みを呼び込んでしまっている可能性も。加えて全身の細胞でのエネルギー作りがスムーズにいかなくなり、疲れやだるさといった不調となってあらわれることが考えられます。疲れやイライラは、もしかしたら自分で招いているのかも......というのは、なんだか悲しいことです。

食べるときは肉、魚、卵の入ったものが最優先

でも大丈夫。タンパク質をしっかりとりましょう。肉や魚、卵などがありますが、タンパク質はもちろん、ビタミンB群や鉄が入っているものも多いのです。食べるときはとにかく肉、魚、卵の入ったものが最優先、をルールに。コンビニで買うならゆで卵やサバ缶をプラスする、忘年会ではご飯ものより焼き鳥やお刺身を積極的に食べる、といった具合でしょうか。サプリメントに頼るのも悪くないと思います。その場合は医薬品と同じくらいの基準(GMP基準または準拠)で作られたものをチョイスしましょう。

忙しいときなど、つい甘いパンを選びたい気持ちになりますが、「それをやると明日の体調がキツくなる」と身をもって経験しているせいか、手を伸ばすことはだいぶ減りました。私の場合、一度不調になると、食事も睡眠もますますおざなりになり悪循環になることが多いのです。そんなことを意識しているせいか、必要なときにシュッと集中できたり、行動を起こすときに「がんばるぞ! 」と前向きな気持ちで取り組むことができています。

忙しい毎日ではありますが、どうせ過ごすならイライラするよりごきげんでいたいもの。栄養の力を借りて、楽しく年末を駆け抜けていきましょう!

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー