1. Home
  2. STYLE
  3. ドレスアップは快感!TADASHI SHOJIのワンピース【コンシャスな名品3】

ドレスアップは快感!TADASHI SHOJIのワンピース【コンシャスな名品3】

ドレスアップは快感!TADASHI SHOJIのワンピース【コンシャスな名品3】

身につけて気持ちいい、しかもフェミニン度もアップする。そんな身体と心の両面からポジティブにしてくれる名品をボディメイク&ファッション、ともにマニアックなスタイリスト、清水久美子さんがご紹介。オンリーワンの視点から生まれたアイテムは、想像を超えた感動を私たちに与えてくれるのです。 今回は、ハリウッド式ボディメイク術を駆使したワンピース!

ドレスアップもコンシャス時代

12月になればイベントシーズン。ドレスアップする機会も増えてくる華やかなシーズンの到来です。 長いことスタイリストをしていますが、ドレスアップに一番大事なのは、何より着心地と着映えだと私は思っています。着心地の良さは女性にリラックス感を、着映えは自信を与え、存在感そのものがグッと華やかさを増すのです。 居心地の良い空気感は、好感度に直結。結果、良い時間も良いご縁も生まれます。ドレスアップこそ、コンシャスって大事です。でも、そんな身も心も気持ちよいドレスは、どこに? それがあるのです、TADASHI SHOJIには!

アメリカでもっともドレスを売るデザイナー、TADASHI SHOJI

TADASHI SHOJIは、デザイナー、庄司 正氏が1982年ロサンゼルスで創業したドレス、ワンピース専門ブランド。それ以前は、ハリウッドのエンターテイメントの世界で有名な衣装デザイナー、ビル ウィットン氏の元で撮影や舞台用の衣装を手がけていました。エンターテイメントの世界では、アーテイストを輝かすのが衣装の使命。その経験を踏まえ、すべての女性が美しく見える、しかもリーズナブルなドレスブランドを、創ったのです。以来、レッドカーペットから大統領官邸まで、彼のドレスやワンピースを見ない日は無いほど著名なブランドに。アメリカでもっともドレスを売るデザイナー、という別名はアメリカで有名です。

実はウエストの両サイドが0.5cm下がっている? その秀逸な理由とは?

tadashi_01_AZV17705M_ROYAL.BLACK.jpg

ワンピース¥85,000(TADASHI SHOJI TEL/03-5413-3278 )

実際、彼のワンピースやドレスを着ると、誰でも試着室で驚きます。 「私、こんなにスタイル良かったっけ?」と。 そう、TADASHI SHOJIのドレスには、デザインの美しさはもとより、そこに、いくつもの目の錯覚を利用した、スタイルアップの工夫が仕込まれているのです。

例えば、こちらのブルーのドレス。ウエスト部分が実際の腰位置より、やや高めに設定されています。さらに、ウエストは直線でなく、両サイドが0.5cm程度下がった曲線。ウエスト位置が高めなので、それだけ脚が長く見えます。サイドが下がっているのは、周囲から見ればウエストは、目線より下に見えるものだから。直線だと却ってウエストラインがUの字に状態に見えて、お腹ぽっこりの印象に。両サイドを少し下げると、却って見下ろした時に、真っ直ぐすっきり見えるのです。これだけで、華奢腰感は、かなりアップ!

ボディに自信、自分に自信。オーラも倍増しのドレス力。

加えて、袖は絶妙なキャップスリーブ。二の腕にぴったりつかずに、袖が余る効果で腕が細く見えますが、それにしてもあまりに自然な丈と幅。腕そのものが綺麗に細く見えます。このように、圧倒的なボディメイク術で、個人個人の身体の美しさを引き出すドレス&ワンピたち。「サイズも人種も関係ない、どんな女性でも美しさを引き立てる」というタダシ氏。ハリウッド式の、"ドレスは個性の従者"、という徹底した価値観がこのブランドの根底にはあるのです。

ドレスにまつわる窮屈感は皆無。 スウェット級の肌触りでドレスアップを快感に

tadashi_02_FP17401M_FLAME-4.jpg

ワンピース¥58,000(TADASHI SHOJI TEL/03-5413-3278 )

さらに一着。こちらは、このブランドの原点を象徴するデザインで、メリハリのあるシャーリング使いが印象的。胸下から腰にかけて放射状に寄せたドレープが、胸を引き立て、腰を細くし、しかも脚長効果満点!誰でもフェミニン度マックスで、私は勝手にモテドレスの女王様と呼んでいます。ですが、さらに特筆すべきは、その着心地TADASHI SHOJIのドレスは、そのどれもが、心地よい肌触りとフィット感。日本の公式ショップで売られているドレスのみ、日本人の体型を調べ尽くした"ジャパンパターン"で制作されているというこだわりぶり。

まるで、お気に入りのスウェットを羽織ったかのような、包まれる安心感を与えてくれるのです。それが、華やかな席でもリラックスした美しさをセレブたちにも与えるのでしょう。 ドレスアップは快感!コンシャスなドレスブランドは、ドレスアップの概念を変えるのです。

tadashi_03_AYR17735M_BLACK.jpg

ワンピース¥93,000(TADASHI SHOJI TEL/03-5413-3278 )

レース使いやバラの柄行きなど、実に立体感のある一着は、ボディのメリハリはもとより、遠目からも華やかな存在感。TADASHI SHOJIのドレスは、撮影映え度も高く、インスタ映えも、かなりのものです。 〔TADASHI SHOJI〕

shimizusan_profile.jpg清水久美子(しみずくみこ)さん スタイリスト、ファッションディレクター。 ラグジュアリー雑誌や広告で活躍中。クリエイティブディレクターとして商品企画やファッションにまつわる講演なども多数手がける。エレガントな王道のおしゃれにモダンさを加えたみずみずしいスタイリングには多くのファンが。年齢を重ねても美しく、さらに格好よく過ごすための着こなしを提案し続けているファッション界のパイオニア。

【コンシャスな名品】 名品01 チラ見えのストレス0!脅威の名品登場。ラ・ペルラのVブラ名品02 走れてセクシー! 履いてて快感! ジャンヴィト ロッシのパンプス

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    2. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    3. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    4. 携帯の見すぎや遅刻グセ。「6つのよくある悪いクセ」とサヨナラする方法

    5. 温朝食の新習慣で冷え性対策。1日を温かいスープではじめる提案

    6. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    7. 今夜は立食の「焼肉」です【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    8. 『乳酸菌がすべてを解決する』の著者が教える、乳酸菌を効果的に摂り入れる方法

    9. こんなに可愛い「大福茶」というセット【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    10. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    1. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    2. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    3. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    4. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    5. 女性が不安になる原因のひとつ。生理にまつわる悩み4

    6. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

    7. 寒い夜に火鍋、最高!【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    8. 願いを叶える、新年にはじめたい新習慣4つ

    9. 「馬肉のカルパッチョ」を作ったら、こりゃ美味い!【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    10. 身につけたら一生もの。生きていく上で役立つスキル5つ

    1. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    2. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

    3. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    4. 1年の終わりにやるといいこと、やらない方がいいこと

    5. 目にも楽しい朝食で整える「築地本願寺カフェTsumugi」の朝ごはん

    6. すっぴん美人が実践するお風呂活用術

    7. 2018年、目指すは「快腸」! たった3日でできる「腸」リセット法

    8. この冬に欲しいのは「やわらか肌のほっぺた」

    9. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    10. ネガティブをポジティブに変える、3つの思考法

    ドレスアップは快感!TADASHI SHOJIのワンピース【コンシャスな名品3】

    FBからも最新情報をお届けします。