1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ワンランクアップしたとろみ化粧水「DEW ローション」

ワンランクアップしたとろみ化粧水「DEW ローション」

蓮 真奈美

ワンランクアップしたとろみ化粧水「DEW ローション」

注目の成分や新しい技術を搭載し、肌に驚きの効果をもたらすと話題のコスメの実力を検証。今回は、長年のヒアルロン酸研究と、心地よさを追求した五感設計による処方技術から2017年10月に生まれ変わった、カネボウ化粧品のスキンケアシリーズ「DEW」の秘密を探ります。

濃密なとろみが肌の上でくずれ、密度の高いハリ肌に

20171206_cosme_01a.jpg
左から:DEW ローション 150mL 3,500円(税抜・編集部調べ)、DEW スペリア ローションコンセントレート 各150mL 7,000円(税抜)

カネボウ化粧品のスキンケアシリーズ「DEW」は、見て、触れて、香って、感じてと、感性にこだわって五感にアプローチするように設計。

なりたい肌に合わせて「DEW」と「DEW スペリア」の2タイプを取り揃えています。シリーズの中でもスターアイテムの化粧水は、2タイプそれぞれ「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の計6種がラインナップ。濃密なとろみが肌に触れた瞬間にみずみずしくくずれて心地よく浸透する「高浸透ハリ実感とろみ技術」を採用し、肌にのび広がりすっーとなじむ様子は圧巻。使った後の肌はベタつきのない心地よい感触でありながら、うるおいもたっぷり。うっとりするほど柔らかく、密度のあるハリ肌に導きます。

進化したとろみテクスチャーに納得の声

実際に使ってみたユーザーからは、「肌がごくごくと飲み干すように浸透」「しっとりしながらも、さらっとしていてベタつきを感じなかった」など、今までのとろみ化粧水からワンランクアップした、革新的な技術を実感したコメントが多数。

さらに「手に吸い付くようなもちもちっとした肌に仕上がる」「ぷるぷるっとした弾力が生まれる」「ハリ感がアップしたせいか毛穴が小さくなった気がする」など、さまざまな肌効果を実感している人が多いようです。また、進化したとろみテクスチャーもさることながら、香水のようにトップ、ミドル、ラストと香り立つように計算して作られたグリーンフローラル調の香りを満喫できます。「DEW」を使用した感触と香りのよさは、使い続けることで気持ちを幸福感で満たすというデータも出ていて、肌を慈しむ朝と夜のスキンケアタイムを上質なものにしてくれます。発売初月度の出荷数がブランドトータルで100万個を突破したことでも、肌を慈しみながらケアできるアイテムとしての期待値の高さが伺えます。目で、香りで、手触りで味わえる、そんな五感に訴えかける逸品をぜひ自身の肌で体感してみて。

[DEW][カネボウ化粧品]

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由