1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. とろみと浸透力を両立した「高浸透ハリ実感とろみ技術」って?

とろみと浸透力を両立した「高浸透ハリ実感とろみ技術」って?

キレイのテクノロジー

1,106

蓮 真奈美

とろみと浸透力を両立した「高浸透ハリ実感とろみ技術」って?

贅沢なテクスチャーやたっぷりの潤い、ハリ感を実感したい人にニーズの高いとろみのある化粧水。カネボウ化粧品はさらりとした感触の化粧水が主流だった約50年前から、お手入れにリッチ感を与えるこのとろみを追求し、製品を開発してきたとろみ化粧水の第一人者です。

"とろみ"が肌に触れた途端にくずれ、スッと浸透

「最近のカネボウ化粧品の研究で注目していただきたいのが、最新の"高浸透ハリ実感とろみ技術"です」

と新しい技術力を教えてくれたのは、とろみ化粧水の研究に携わっている、カネボウ化粧品の商品開発部部門ケアグループに所属する西郷華恵さん

とろみ化粧水が持っている、もったりベタつくというイメージを払拭するために、ユーザーが求めている使用感をを再度リサーチし直して研究者に伝える役割を担っていた彼女。しっとりした感触のとろみでベタつかないという、相反することをオーダーし続けること約3年。たどり着いたのが、コクのあるリッチなとろみにも関わらず肌に触れるとくずれ、みずみずしく変化する最新の技術です。

20171203_tech_top.jpg有効成分を含む水性成分を抱え込んだ複数の分子が充満することでとろみを形成し、それが塗布圧と肌上の塩(電解質)に触れることによりくずれて水性成分を放出

構造が変化することで感触が変わり、角層に素早くしみわたってハリ感が生まれます。また保湿成分をきっちり肌に届けることにも成功しました。

「心地よい感触で肌にのび広がりさっとなじむところは、くずれるときの変化する様子をとことん追求した賜物。五感にアプローチするという"五感設計"というコンセプトを実現できました」(西郷さん)

しっかりうるおい、やわらか&もっちりなのにベタつかない使用感

さらに心地よさを追求した五感に訴えかける設計を実現するために、使用後の肌のベタつき感を回避する方法を模索。研究所はどの原料だと仕上がりがベタつかないのか、西郷さんが求めている状態をクリアするために肌なじみのいい原料を一つ一つ確認。浸透力のなさとベタつきは肌の凹凸に製剤がムラ残りして水たまりのようになることが原因であることを突き止め、、テクスチャーをベストバランスで仕上げることに成功しました。20171127_tech_01a.jpg

新技術は、高浸透に加え、使用後の肌がベタつかないという最初のオーダーを見事にクリアしていて、肌の上でそれを実感できたときは感動もひとしおでした」と西郷さん。「使用者の満足度も高く、今までにないとろみ化粧水が完成したと確信しています」と自信の表情をのぞかせた。

>>「キレイのテクノロジー」をもっと見る

(イラスト・小鳥遊しほ

20171127_tech_pro.jpgカネボウ化粧品商品開発部部門ケアグループ西郷華恵さん入社以来、商品開発部に所属し、メイクアップアイテムの担当を経て現在はスキンケアを担当。2014年発売の「DEW ボーテ」、2017年10月発売の新生「DEW」のプロジェクトに従事する、とろみ化粧水のエキスパート。

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー