1. Home
  2. EAT
  3. 動物、だいすき!な、わが家 #根本きこの島ごはん

動物、だいすき!な、わが家 #根本きこの島ごはん

根本きこの島ごはん

1,825

根本きこ

動物、だいすき!な、わが家 #根本きこの島ごはん

つい先日、道でアヒルを拾った。車で夜の県道を走っていたところ、夫が「アヒルだっ!」と、叫んだ。よくもまぁ、ヘッドライトに照らされた一瞬のシルエットで「アヒル」とわかるものだなぁと感心しつつ、そこで娘が「お願い!戻って、戻って〜」と引き返すことを要求してきた。いや、まっとうだ。引き返してほんとに「アヒル」か確認しないと。

Uターンしたら、アヒルはトリ目のせいか、道端にうずくまってじっとしていた。夫が着ていたネルシャツをガバッと脱ぎ、ガバッとアヒルを捕まえた。そんなことをしてもなお、じっとしている。弱っているのだろうか?と心配になったけれど、まずは家に連れて帰ることに20171123_shima_01.jpg

犬のゲージを出して、そのなかに入れた。何を食べるのか、どんな鳴き声なのか。こうしていざ対面してみると、アヒルについて一切の知識がないことを知る。パソコンで「アヒル」を調べ、その結果このアヒルは、バリケン種だということが明らかになった。ためしに米ぬかをあげてみた。食べる。かぶの葉っぱをあげてみた。食べる。小エビ、鰹節、冷やご飯......なんでも食べる。

次の朝、おそるおそる屋上に放ってみた。そうしたら、クエックエッと小さなか細い声で鳴きながら、水かきのある足でペタコンペタコンと歩いた。実に、かわいい。たちまち家族みんな、目がハート。夫はあっという間にアヒル用に新築を建てた。IMG_081004.jpg

「名前はどうする?」と子どもたちに聞くと、「やっぱ、ダブダブじゃん!」と即答。そう、「ドリトル先生」に出てくる、アヒルのダブダブから命名。家族の一員となったダブダブは、おとなしくて人のあとをくっついて歩き回る、やたら人懐こいアヒルだった。

そんなダブダブがつい先日、脱走した。たぶん、テーブルの上に載っていたマフィンを盗み食いしたせいで、シュガーハイになったのだろう。近所のおばあが、「あんたんとこ、鳥、養ってないかね」と、息を切らせて訪ねてきた。いないいないと探していた最中だったので、「はい、養っています!」と、そのおばあの経営する美容室に行ったら、なんとダブダブはちゃっかりソファーに座り、ビスケットまでもらっているではないか。「こんな人慣れしてる鳥だから、きっと主がいるだろうと思ってさー」とおじいが言った。別のおばあも、「主が見つからんかたら、警察に届けよう思ってたさー」とホッとしている。そして、猫が3匹もダブダブを狙っていたことや、チョコレートは食べなかったことなどを、アヒルを取り囲んでやいのやいの言っている。

ふと美容室のおばあが思い出したように、「ところで、この鳥の名前はなんね?」と聞いてきた。「はい?えーと、ダブダブと言います。ひとつ、よろしくお願いいたします」と答えると、3人とも妙な表情をしている。「ダブ...ダブ...」と、いぶかしげっている。どうやら、鳥の種類のことを聞かれたらしい、ということは、帰ってから気がついたけど、まぁいいか。

そんなダブダブは、きょうもご機嫌で屋上を散歩している。最近は、鳩まで遊びに来るようになったけれど、当のダブダブは見向きもしない

「根本きこの島ごはん」をもっと読む>>

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?