1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ

ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ

2,196

ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ

寒くなるとついつい外に出るのが億劫になり運動する機会が減ってしまいます。それに伴い、やはり体も重くたるみがちに。ダイエットするにはまず食事から、と低糖質なものを考えてみると鳥の胸肉、卵など食材は思い浮かぶのですが食べ方はどうしよう? と迷います。

続けるにはやっぱりおいしく、簡単なのがポイント。「ライフハッカー[日本語版]」にお手軽な低糖質・高タンパクレシピがありました。

どこでも栄養補給! には飲み物がおすすめ

まずは飲み物で補給。

・プロテインミルク:スキムミルクは、風味がついていないものと(私はついていない方が好みです)チョコレートやバニラなどの風味がついているものがありますが、いずれにしろホエー粉末としては完璧です。約226gのスキムミルクにタンパク質は9g、炭水化物は12g含まれているので、何も足さずにそのまま飲んでも十分にタンパク質を摂取できます。

・コラーゲン入りのお茶:コラーゲンパウダーは、コーヒーやお茶などの飲みものに入れて摂取しやすいという性質があります。無味無臭なので飲みものの味も口当たりも変わらず、20gのタンパク質が入った美味しいお茶を飲むことができます。さらにアルコールにも入れても飲めます。

ライフハッカー[日本語版]より引用)

飲み物の良いところは水筒に入れていつでもさっと摂取できるところ。食欲がない時や運動の時、満腹にはなりたくないけれど栄養はしっかり摂りたい時などにぴったりです。甘くておいしいのでデザート感覚でいただけるのがうれしいですね。

おいしい「豆」レシピで無理なくタンパク質補給

良質なタンパク源、といえばやはり「豆」です。日本でおなじみの大豆を使ったとうふをはじめ、最近は様々な種類の豆がお店で買えるようになりました。なかでも、ここのところ食卓に登場することが多くなったひよこ豆は缶詰でも売られているからそのまま使えるのが魅力。いろんな料理に幅広く使えます。

・ひよこ豆のサラダ:缶詰めのひよこ豆の水を切り、オリーブオイルを振りかけ、レモンをひと絞りしたら、パルメザンチーズを豪快に振りかけます。脂肪分を減らしたい場合は、オリーブオイルとチーズの量を少なめにします。

・ひよこ豆のロースト:少量の油と塩、調味料で味付けしたひよこ豆を約摂氏200度のオーブンで20分ぐらいローストすると、カリカリ香ばしいプロテインスナックになります。

ライフハッカー[日本語版]より引用)

タンパク質はサプリメントなどでも摂れますが、いそがしくてもできるだけ自然のものから摂りたいですよね。おいしくてヘルシーなタンパクメニューでしっかり食べてきれいになるダイエットを目指したいものです。

ライフハッカー[日本語版]

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー