1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ

ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ

1,907

ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ

寒くなるとついつい外に出るのが億劫になり運動する機会が減ってしまいます。それに伴い、やはり体も重くたるみがちに。ダイエットするにはまず食事から、と低糖質なものを考えてみると鳥の胸肉、卵など食材は思い浮かぶのですが食べ方はどうしよう? と迷います。

続けるにはやっぱりおいしく、簡単なのがポイント。「ライフハッカー[日本語版]」にお手軽な低糖質・高タンパクレシピがありました。

どこでも栄養補給! には飲み物がおすすめ

まずは飲み物で補給。

・プロテインミルク:スキムミルクは、風味がついていないものと(私はついていない方が好みです)チョコレートやバニラなどの風味がついているものがありますが、いずれにしろホエー粉末としては完璧です。約226gのスキムミルクにタンパク質は9g、炭水化物は12g含まれているので、何も足さずにそのまま飲んでも十分にタンパク質を摂取できます。

・コラーゲン入りのお茶:コラーゲンパウダーは、コーヒーやお茶などの飲みものに入れて摂取しやすいという性質があります。無味無臭なので飲みものの味も口当たりも変わらず、20gのタンパク質が入った美味しいお茶を飲むことができます。さらにアルコールにも入れても飲めます。

ライフハッカー[日本語版]より引用)

飲み物の良いところは水筒に入れていつでもさっと摂取できるところ。食欲がない時や運動の時、満腹にはなりたくないけれど栄養はしっかり摂りたい時などにぴったりです。甘くておいしいのでデザート感覚でいただけるのがうれしいですね。

おいしい「豆」レシピで無理なくタンパク質補給

良質なタンパク源、といえばやはり「豆」です。日本でおなじみの大豆を使ったとうふをはじめ、最近は様々な種類の豆がお店で買えるようになりました。なかでも、ここのところ食卓に登場することが多くなったひよこ豆は缶詰でも売られているからそのまま使えるのが魅力。いろんな料理に幅広く使えます。

・ひよこ豆のサラダ:缶詰めのひよこ豆の水を切り、オリーブオイルを振りかけ、レモンをひと絞りしたら、パルメザンチーズを豪快に振りかけます。脂肪分を減らしたい場合は、オリーブオイルとチーズの量を少なめにします。

・ひよこ豆のロースト:少量の油と塩、調味料で味付けしたひよこ豆を約摂氏200度のオーブンで20分ぐらいローストすると、カリカリ香ばしいプロテインスナックになります。

ライフハッカー[日本語版]より引用)

タンパク質はサプリメントなどでも摂れますが、いそがしくてもできるだけ自然のものから摂りたいですよね。おいしくてヘルシーなタンパクメニューでしっかり食べてきれいになるダイエットを目指したいものです。

ライフハッカー[日本語版]

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 強い筋肉を手に入れたい! 高タンパクでおいしいスムージー7種

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン