1. Home
  2. MIND
  3. 自ら不幸を受け入れていない? 「苦労症」度が分かる6つのチェック

自ら不幸を受け入れていない? 「苦労症」度が分かる6つのチェック

運命を変えるマインド革命

3,793

斎藤芳乃

自ら不幸を受け入れていない? 「苦労症」度が分かる6つのチェック

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。自然に生きているだけで、周囲から大切にされ、愛され、なぜかいつも恵まれて幸せそうにしている。そんなきらきら輝く女性っていますよね。

そして、そういう女性ほど、容姿や年齢に関係なく、「なぜか」こんなふうに愛されてしまうもの。実はこれも、私たちの心の中が影響しているって知っていましたか?愛される女性は、「愛されることが当然!」になっていて、その反対に、「愛されないことを徹底的に排除できている!」のです。

その特徴のひとつに、「苦労性」があります。自ら不幸を受け入れ、買って出てしまうと、無意識にいつも恵まれない、不幸、押しつけられる・・・・・・というように、大切にされるのと正反対のことが起きてしまうのです。ではここで、まずは「苦労性」パターンを持っていないか、調べてみましょう!

あなたの苦労症度チェック

粗末にされる女性は自分から犠牲になってしまったり、物事を押し付けられたり......「いつもなんだか不幸になる」という女性の行動パターンは、そもそも大切にされる女性と異なっています。

比較表として、ここではどう根本的に大切にされる人とそうでない人が違うのか、きちんと見直していきましょう。

【あなたの隠れお母さん度チェック】

□ 見返りを求めない(が、無償の愛を与えすぎて、する一方)
□ しっかりしていると言われる(が、しっかりしすぎてしまう)
□ よく気がつく(が、人に何かしてあげてばかり)
□ 相手のことを理解し、気持ちを分かってあげる(が、いつも愚痴を聴く係)
□ 生活のことや家事をしてあげる(が、まるで家政婦のように働いてしまう)
□ 相手ができないことも許せる(が、甘やかしすぎて、頼られてしまう)

このように、優しいのはいいのですが、「つい、自分のことよりも、相手が喜んでくれることに重きをおいている」、「相手の機嫌が少し変わっただけで動揺する」、「相手が喜んでくれることが自分のすべて」、「相手が楽しんでくれる、相手が嫌がる、ということで、自分の意思がない」というように、「相手軸」になってしまっているのです。

大切にされる女性の特徴

では、大切にされる女性の特徴は?というと、必ず主語が「私」になっています。つまり、「自分を大切にし、慈しみ、自分を中心に人生を生きる」ということができているんですね。特徴を見てみましょう。

○ 自分の気持ちを相手と同じように大切にしている
○ 相手が何が機嫌が悪かったときに、自分を責めすぎない
○ 自分がやってあげるより、相手がやってくれることに感謝する
○ 少しでもおかしいなと思ったら、すぐに離れることができる
○ 相手の言葉ばかり鵜呑みにせず、ちゃんと行動を見る
○ 嫌なことはその場ですぐにスムーズに伝えることができる

大切なことは、いつも最初にまず自分!

ここでのポイントは、「自己尊重」「他者尊重」です。自分のことも大切にしているし、相手のことばかりになっていない。自分も与えているけれど、相手からも与えられることを受け取れる。それがもし、できていなかったから、相手から離れることができる。こうしてスムーズに考えることができるようになると、犠牲にならない関係が可能になるのです。

世界にたった一人しかいない自分を大事にしてあげられるのは、自分だけ。それが分かっていると、自然に自分のことを慈しみ、それが他人にも伝わり、無理な犠牲をしなくなり、結果的に、他人のことも無理せず大切に出来るようになる......。だからこそ、「生きているだけで愛される」ということがスムーズに起きていきます。

こんな小さなことで、人は愛される運命に変えられる。あなたの運命を、今こそ変えてみてくださいね!

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?