1. Home
  2. EAT
  3. こってりがクセになる「濃厚フムス」の作り方

こってりがクセになる「濃厚フムス」の作り方

1,103

片岡理森

こってりがクセになる「濃厚フムス」の作り方

フムス」といえば、ゆでたひよこ豆(ガルバンゾー)ペースト状にした料理。サンドイッチに入れたり、野菜のディップにしたり、コロッケの具にする食べ方が主流。高タンパク低カロリー栄養も豊富なことから、近年のヘルシー志向の高まりとともに注目度も上昇中です。

そんなフムスですが、実は本場のトルコやギリシアなどの中東地域では、香ばしく焼いたラム肉と食べるのが定番。脂をたっぷり使った、肉にも負けない濃厚さとコクのある味付けで食べられているというから驚きです。

本場の味に近い「濃厚フムス」のレシピ

伊勢丹新宿店本館地下1階、キッチンステージの柬理(かんり)美宏シェフによると、濃厚さとコクを出すために加えるのは「動物性油脂」。シェフのおすすめはヘットという牛脂(ぎゅうし)だそうです。ナッツのような香ばしさと、ほのかな甘みが出るのだとか。そのほか、ラードで作ると少し軽い食感になり、バターで作るとミルキーなコクが生まれるといいます。

<材料>

1711_humus_01.jpg

ひよこ豆(ガルバンゾー・乾燥)...200g※水煮を使う場合、440~450gにんにく(皮をむいて半分に切り芯を除く)...2片塩...小さじ1水...1.5リットル<A>ヘット(牛脂)...100g※ラード、バターで代用可白練りごま...30gレモンの絞り汁...大さじ2粉チーズ...大さじ1おろしにんにく...小さじ1/2カイエンヌペッパー...小さじ1/2

<作り方>1. ひよこ豆は3倍の水(分量外)に一晩浸してもどす。2. 鍋にひよこ豆、にんにく、塩、水1.5リットルを入れて弱火でコトコト40分ゆでる。「ゆでながらひよこ豆に塩味とにんにくの風味をつけます。このあと煮汁も一緒にフードプロセッサーにかけるので、煮たあとも捨てないでください」(柬理シェフ)3. 粗熱をとり、ゆで汁ごとフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで粉砕する。4. Aのヘット、練りごま、レモンの絞り汁、粉チーズ、おろしにんにく、カイエンヌペッパーを加えて、なめらかになるまで攪拌する。「ヘット(=牛脂)は溶かさずに塊のまま入れてOK。フードプロセッサーでしっかり撹拌すればきれいに混ざります」(柬理シェフ)5. 鍋に移し、中火にかけてもったりするまで水分を飛ばす。「写真のようにヘラでかき混ぜると鍋底が見えるくらい、もったりとすれば完成です」(柬理シェフ)

1711_humus_02.jpg

(「FOODIE」より引用)

好みで砕いたカシューナッツやクミンシード、カイエンヌペッパーなどをふり、オリーブオイルをかけると、味にメリハリが出て、より肉料理に合います」と柬理シェフ。にんにくやスパイスの香りに食欲を掻き立てられそう。

これまで、肉の付け合わせにはマッシュポテトを使うことが多かったのですが、このまったりとした甘みと濃厚なコクの本場フムスをぜひ試してみたいと思いました。

FOODIE

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由