1. Home
  2. EAT
  3. こってりがクセになる「濃厚フムス」の作り方

こってりがクセになる「濃厚フムス」の作り方

こってりがクセになる「濃厚フムス」の作り方

フムス」といえば、ゆでたひよこ豆(ガルバンゾー)ペースト状にした料理。サンドイッチに入れたり、野菜のディップにしたり、コロッケの具にする食べ方が主流。高タンパク低カロリー栄養も豊富なことから、近年のヘルシー志向の高まりとともに注目度も上昇中です。

そんなフムスですが、実は本場のトルコやギリシアなどの中東地域では、香ばしく焼いたラム肉と食べるのが定番。脂をたっぷり使った、肉にも負けない濃厚さとコクのある味付けで食べられているというから驚きです。

本場の味に近い「濃厚フムス」のレシピ

伊勢丹新宿店本館地下1階、キッチンステージの柬理(かんり)美宏シェフによると、濃厚さとコクを出すために加えるのは「動物性油脂」。シェフのおすすめはヘットという牛脂(ぎゅうし)だそうです。ナッツのような香ばしさと、ほのかな甘みが出るのだとか。そのほか、ラードで作ると少し軽い食感になり、バターで作るとミルキーなコクが生まれるといいます。

<材料>

1711_humus_01.jpg

ひよこ豆(ガルバンゾー・乾燥)...200g※水煮を使う場合、440~450gにんにく(皮をむいて半分に切り芯を除く)...2片塩...小さじ1水...1.5リットル<A>ヘット(牛脂)...100g※ラード、バターで代用可白練りごま...30gレモンの絞り汁...大さじ2粉チーズ...大さじ1おろしにんにく...小さじ1/2カイエンヌペッパー...小さじ1/2

<作り方>1. ひよこ豆は3倍の水(分量外)に一晩浸してもどす。2. 鍋にひよこ豆、にんにく、塩、水1.5リットルを入れて弱火でコトコト40分ゆでる。「ゆでながらひよこ豆に塩味とにんにくの風味をつけます。このあと煮汁も一緒にフードプロセッサーにかけるので、煮たあとも捨てないでください」(柬理シェフ)3. 粗熱をとり、ゆで汁ごとフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで粉砕する。4. Aのヘット、練りごま、レモンの絞り汁、粉チーズ、おろしにんにく、カイエンヌペッパーを加えて、なめらかになるまで攪拌する。「ヘット(=牛脂)は溶かさずに塊のまま入れてOK。フードプロセッサーでしっかり撹拌すればきれいに混ざります」(柬理シェフ)5. 鍋に移し、中火にかけてもったりするまで水分を飛ばす。「写真のようにヘラでかき混ぜると鍋底が見えるくらい、もったりとすれば完成です」(柬理シェフ)

1711_humus_02.jpg

(「FOODIE」より引用)

好みで砕いたカシューナッツやクミンシード、カイエンヌペッパーなどをふり、オリーブオイルをかけると、味にメリハリが出て、より肉料理に合います」と柬理シェフ。にんにくやスパイスの香りに食欲を掻き立てられそう。

これまで、肉の付け合わせにはマッシュポテトを使うことが多かったのですが、このまったりとした甘みと濃厚なコクの本場フムスをぜひ試してみたいと思いました。

FOODIE

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 満腹ホルモンで食欲を抑制。つくりおきできる高タンパク質おかず5

    2. 心配症や考えすぎの人におすすめしたい心理テクニック

    3. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    4. 愛してると言うかわりに「話を聞く」。カウンセリングに学ぶ傾聴力

    5. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    8. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    8. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    こってりがクセになる「濃厚フムス」の作り方

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More