1. Home
  2. BODY
  3. アインシュタインやエジソンも実践。効果的なパワーナップ(仮眠)の方法

アインシュタインやエジソンも実践。効果的なパワーナップ(仮眠)の方法

アインシュタインやエジソンも実践。効果的なパワーナップ(仮眠)の方法

ランチを終えて午後の予定に入ると、ふと集中力が切れる瞬間がやってきます。たいていは、コーヒーブレイクや簡単なストレッチなどを挟みながらごまかしますが、10分程度のパワーナップ(仮眠)の方が心身ともにリフレッシュするのに効果的、という話も。

実際、パソコンやスマホで目も疲れているので、目をつぶってウトウトしてみると、10分のつもりが40分くらい経っていてすぐに集中力が戻せなかったり、アラームで無理やり目を覚ましたときは、なんだか余計に疲れてしまっていたり。

パワーナップはあまり効果が出ないなと思っていたら、「ライフハッカー(日本版)」の記事を読んで、やり方に工夫が必要なことに気づきました。

アラーム代わりに、ビー玉やコインを握って眠る

あのアルベルト・アインシュタイントーマス・エジソン、アリストテレス、サルバドール・ダリなど、有名な歴史的人物も実践していたというパワーナップの方法です。

1. 背もたれが直立した、ある程度座り心地のよい椅子に座る。2. ビー玉や、ボールベアリング(金属製の軸受)、コイン、サイコロなどをいくつか片手に握る。3. その手を、球が落ちたら大きな音のする入れ物の上に置く。4. 眠ろうとする。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

ウトウトまどろんで数分経過し、完全に意識がなくなると手からビー玉類が落ち、その音で目が覚めます。このタイミングだと、ちょうど元気が回復し、倦怠感もないのだとか。アラームなど、身体のタイミングを計れない外的要因に起こされるとストレスを感じるけれど、自分の意識が落ちた瞬間に、自分の力で目を覚ますことができれば、脳も活性化する効果的な質と時間のパワーナップになるようです。

家事や仕事の合間など、ちょっと休憩したいときに取り入れてみたいと思います。

ライフハッカー(日本版)

image via shutterstock

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    3. 体をコントロールする甲状腺。正常ではないときに起こる9つの症状

    4. 客室乗務員に聞く! 飛行機内でのスキンケアTIPS

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. 「幸せで当然の毎日」あなたがもっともっと愛を受け取るために必要なこと

    7. マニュアルではない。クリス智子が考える「気配り力」

    8. “素肌美人”がしている3つのこと。そして気になるビューティスポットへ

    9. その背中の痛み、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 10分レシピ。鉄分の吸収率を高める、ほうれん草と豚肉のごまポン酢和え

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    3. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    4. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    5. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. その背中の痛み、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    10. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    9. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    アインシュタインやエジソンも実践。効果的なパワーナップ(仮眠)の方法

    FBからも最新情報をお届けします。