1. Home
  2. EAT
  3. トゲトゲがユニークな旬のフルーツ「キワノ」、知ってる?

トゲトゲがユニークな旬のフルーツ「キワノ」、知ってる?

5,631

キュンメルめぐみ

トゲトゲがユニークな旬のフルーツ「キワノ」、知ってる?

寒い季節になると、スーパーの店頭に並べられる黄色のフルーツ。トゲトゲの生えたユニークな風貌に、人々は興味深々。このフルーツは「キワノ」というものです。

ビタミン豊富で、長期保存できる「キワノ」

濃いオレンジの皮がきれいな「キワノ」。ウリ科キュウリ属だけあって、触った感じは確かにキュウリに似ています。大きな違いは、外に大きめのしっかりしたとげが生えていること。そのため、別名「ツノニガウリ」や「ツノメロン」と呼ばれています。植物学者たちはキワノのことを、野菜でもなくフルーツでもない、その"中間種"と位置付けているのが面白いところ。

大きさはちょうど片手に収まるぐらいで、大きいキウイ1個分ほどの重さです。食べ方は簡単で、縦に包丁を入れ、ふたつに割るだけ。後は中身をスプーンですくって食べます。外見はゴテゴテしているのに、中身は意外と少なめ。皮は食べれませんが、中身の種は非常に柔らかいので一緒に食べられます。食後のデザート一回分にちょうどいい大きさです。

低カロリー(100gにつき22kcal)で、ビタミン・カリウム・マグネシウムを多く含んでいるキワノ。運動の後に食べたら、疲れも吹き飛んでしまいそう。室内温度で長時間保存することができ、ツノが食べごろサインを教えてくれるのがおもしろいです(ツノがやわらかくなる前に食べるのがコツ)。

値段もお手頃な、すっぱ美味しいヘルシーデザート

中の様子は、まるでメロンゼリーのようなキラキラの粒が敷き詰められています。透明感あふれる緑色と、外殻のオレンジのコントラストがとてもきれい。味はとっても甘酸っぱく、後からほのかな甘みが追いかけてくる。例えるならば、ライムとマラクーヤ(パッションフルーツ)を食べた後、ほんのりバナナの甘さがやってくるようです。とても柔らかいジュレが口いっぱいに広がり、あっというまに溶けて、口の中が非常にさっぱり

高級そうなキワノですが、ドイツのスーパーでは1個130円ほどで手に入ります。原産地はアフリカだそうですが、フランスはじめ、アメリカやニュージーランド、メキシコやイスラエルでも栽培されているそうで、これからどんどん市場に出回りそう。この見た目の不思議さと中身のおいしさのギャップ、そして冬でも安価に手に入ることが、キワノの人気の秘密かもしれません。

今やドラゴンフルーツやマンゴー、ライチなどと並べて「エキゾチック・フルーツ」の仲間入りをしつつあるみたい。店頭で見かけたら、ぜひ臆せず手にとってみてください。

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    6. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    7. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    9. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    8. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    10. 更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら