1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. すっぴん美人が実践するお風呂活用術

すっぴん美人が実践するお風呂活用術

大森りえ

すっぴん美人が実践するお風呂活用術

冷えたカラダを芯からあたため、深いリラックスへと導く至福のバスタイム。カラダとココロの健康に、そして美容のためにも入浴が効果的であることは多くの女性が理解しているはず。

「入浴の習慣がない女性が多すぎます」と話すのは、すっぴん美肌の持ち主として知られる美容家の岡本静香さん。自身も湯船につかる習慣で健康と美肌をキープしているそう。忙しい毎日でも続けられる入浴法と、岡本さんならではのお風呂美容メソッドについてお伺いしました。

「お風呂美容ですっぴん美人は目指せます」

ouchideesute_nameraka_02.jpg岡本さんは「カラダあたためマニア」を自称するほどのお風呂好き。20代前半はバスタブにつかる習慣がなかったそうですが、意識してつかるようになって、ある変化が見られたとのこと。

「湯船につかることを習慣にして実感したのが、肌がキレイになったということなんです。以来、お風呂時間を使って、ボディやフェイシャルケアをいかに上手にできるかいろいろ試しています。すっぴん美肌を目指すなら、身近なお風呂をぜひ活用してほしいですね」(岡本さん)

今日から実践! すっぴん美肌に近づく入浴法

そこで、すっぴん美肌の岡本さんが実践する入浴法を教えていただきました。忙しい女性の目線で情報を発信する岡本さんならではの簡単かつおすすめの方法です。

忙しい平日は無理せず10~15分でOK

ouchideesute_nameraka_05.jpgシャワー派の人にとって、毎日湯船につかることはハードルが高い習慣。家に帰ってから寝るまでの時間で、無理のない範囲で続けることが大切です。目安は10~15分。夏は39℃、冬は40℃ぐらいのぬるめの温度に設定し(ご自宅の湯温設定によるので感覚も大切に)、湯温をキープしながら入ることが大切なポイントです。

ボディケアは、すべてバスルームで済ませる

ouchideesute_nameraka_03.jpgお風呂から上がると、たちまち面倒になってしまうボディケア。岡本さんは、バスルームに保湿オイルなどを持ち込んで、湯船から上がってまだカラダに水滴が残っているうちに全身をオイルケアするそうです。これなら寒い脱衣所で湯冷めを気にしながらケアせずに済みます。

冬も気になる肌悩みをお風呂でケア

冬も気になる「毛穴汚れ」。こまめにお手入れしたいけど、毎日続けるのは大変。そこで使いたいのが、マッサージしながら洗顔できるジェルタイプの洗顔料。いつもの洗顔に置きかえて使えば、お風呂でも毎日毛穴ケアできます。

やさしいテクスチャーで毛穴汚れにアプローチ

ouchideesute_nameraka_01.jpgお風呂美容にプラスしたいのは、2017年10月に発売したばかりの、毛穴汚れにアプローチしてくれるこちらのアイテム。

ビオレ おうちdeエステ 肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル」は、新開発の"角栓クリア処方"により、肌への負担はおさえて、毛穴の目立ちや黒ずみ汚れの原因となる角栓を分解して落とします。洗うたび、毛穴の目立たない、なめらかな肌へと導いてくれます。毛穴が開きやすいから、お風呂で使うのがおすすめです。

ouchideesute_nameraka_06_a.jpg

「ジェルなので、液だれせず肌にとどまってくれるのがうれしいですね。汚れが気になるところには、ジェルをたっぷりのせて、くるくるとなじませて洗っています。伸びがいいので程よい圧でマッサージすることができ、洗い上がりの肌はなめらか。そのあとの化粧水のなじみもよかったです」(岡本さん)

忙しい毎日でも、身につけたいお風呂の習慣。「ビオレ おうちdeエステ 肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル」を手に取り、指先でくるくるとやさしくマッサージするだけで、肌がクリアになるのを感じます。リラックスアロマの香りに包まれていると、エステを受けているような至福の気分に浸れます。

「生活習慣だけでなく、その時の心のもちようまで表れるのが素肌です。丁寧にケアしているという自信は、さらなる美しさにつながります。より効果を得やすいお風呂を味方につけて、昨日より美しい自分を目指しましょう」(岡本さん)

ビオレ おうちdeエステ

kao_okamoto_profile_01.jpg岡本静香さん

2005年に始めた美容ブログが人気を集め活動を開始、現在は美容家として活動を続ける。「日本すっぴん協会」立ち上げ時から2017年9月まで会長を務め、すっぴん美肌の認知に貢献。同世代の女性たちと同じ目線に立ち、美容のプロならではの美容情報を生活に取り入れやすいよう発信し続けている。HPはこちら

image via shutterstock(商品、PROFILEを除く)

sponsored by 花王株式会社

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ