1. Home
  2. STYLE
  3. 着丈別・自分に似合うコートを見つけるヒント【Enjoy Fashion!】

着丈別・自分に似合うコートを見つけるヒント【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

2,001

植村美智子

着丈別・自分に似合うコートを見つけるヒント【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。コーディネートサービスの仕事で、お客様と一緒にコートを見て回る日々が続いています。長い冬を共に過ごすコート。見た目的に好みのものを選ぶのも大切ですが、いちばん重要なのは、自分のコーディネートに合わせられるものを選ぶこと。今回は着丈別に、自分に合うコートを見つけるヒントをお話していきます。

ふくらはぎ丈ロングコートの選び方

すっかり定着した、今の空気をふんだんに含んだコート。ドロップショルダーのビッグシルエット、ボタンのないガウンタイプなどが多く、リラックス感ある着こなしを好む人には欠かせません。ボリュームのあるロング丈のボトムスと合わせる、全体的にゆったりした着こなしも、今では違和感なくなったのではないでしょうか? もちろん、細身のパンツやコートに隠れてしまうようなミモレ丈のスカートとも相性バッチリです。

大人の女性の着こなしとして気をつけるべきは、全体の印象がゆるくなりすぎないようにすること。かっちりレザーバッグや、大振りなピアスなど、バッグやアクセサリーで、雰囲気のバランスを整えてください。ヘアメイクできちんと感を出すのもいいかもしれません。かっこ良く着こなしましょう。

膝丈ベーシックコートの選び方

どんなテイストのお店にもある、1番多く出ているコートです。細身のパンツや、膝丈のスカートを合わせ、正統派の着こなしを作りたいならこの丈が使いやすいですよね。スカートを合わせる場合、コートから覗く丈が15cmくらいまでなら、バランスが取れるはずです。ちなみにこの丈のコート(とくに膝上丈)でスカートが全く覗かないというのはNG。覗いているのが、タイツやストッキングの脚だけでは、少し懐かしく、そして若作り感が出てしまうかもしれないので要注意です。チェスター、ノーカラー、カラーレス、ウエストベルトのガウンタイプなどなどいろいろありますが、好みのタイプに仕上げてくれるコートを選びましょう。

ミディ丈コートの選び方

お尻がしっかり隠れる太もも丈のコート。 今年1番、新顔感のあるコートです。代表的なのがPコートタイプ。ノーカラーや、丸みのあるチェスター、ロングジャケットタイプも出ています。ただし、お客様とお店を回っていても、「難しそうですね〜」と言う感想が多く出てくるのが現実。確かに、今の時点ではまだまだ取り入れやすいとは言いにくいタイプです。

ですが、ということは、いつものコートには飽きた! 新鮮さが欲しい! という人にはオススメということになります。ワイドパンツやロングスカートと合わせ、おしゃれ感たっぷりの今年らしいコーディネートを作ってしまいましょう。じわじわ復活、浸透してきているブーツカットのデニムと合わせるのもいいですね。

一歩間違えれば野暮ったくなってしまいそうな、ちょっと危ういこのコーディネートを成立させるポイントは、コートをしっかり着ないこと。前をしっかり留めず、羽織る気分で合わせてみてください。でもやっぱり難しい......と思うなら、ふくらはぎ丈のタイトスカートから始めるといいかもしれません。鏡の前でシューズも合わせ、納得できるバランスを作り、「このバランスが絶妙なんだ!」と、自身を持って堂々と着こなしてください。

ショート丈コートの選び方

着こなしやすいのは、腰骨丈。短すぎると、中に着ているトップスの丈に悩み、もう少し長いと、ボトムスとのバランスが難しくなってしまいます。寒くなり多く出てきたのが、フェイクファーやボアのブルゾンタイプ。ボリュームがあるので、ワイドパンツやタイトスカート、プリーツスカートなど、広がりのない、まっすぐシルエットのボトムスと相性◎。

光沢のあるちょっとゴージャスなタイプの場合、スニーカーやデニムなど、カジュアルなハズシアイテムをプラスし、さらりと着こなしてしまいましょう。アウトドア感もあるカジュアルなボアタイプの場合は逆の考えで。ヒールブーツやヒラッとしたボトムスなどでエレガントさプラスし、大人の女性にも馴染むスタイルに整えてください。

毎年コートを買い換える必要はないかもしれませんが、いろいろなタイプのボトムスを穿く人は、すべてのコーディネートを1つのコートでこなそうとするのは、どうしても無理が出てきてしまいます。長い冬、コートが1つだけでは、飽きてしまうことも。なかなか寒くならない今年ですが、本格的な寒さがやってくる前に一度じっくり、自分のコート事情を把握しておくといいですね。

>>「Enjoy Fashion!」をもっと読みたい

イラスト・米山夏子

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた