1. Home
  2. EAT
  3. 現代女性に鉄が必要なわけ #ポジティブ栄養学

現代女性に鉄が必要なわけ #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

現代女性に鉄が必要なわけ #ポジティブ栄養学

そろそろ12月の足音が聞こえてきました。街を歩けばクリスマスツリーやイルミネーションが少しずつ増え、華やいできているように感じます。パーティなど人に会う機会が増えるシーズンは、肌も、髪も、ボディラインも、できるだけベストな状態でいたいもの。そんな気持ちに寄り添ってくれるのが、なんです。

「私は貧血じゃないから大丈夫」なんて思うことなかれ。女性は生理もあるため、とる量に対して圧倒的に出ていく量が多いのが鉄。さらに妊娠や出産で赤ちゃんに鉄がもっていかれてしまうため、ほとんどの女性は鉄不足だとも考えられているのです。そのサインは、いろんなところに少しずつあらわれてきます。

肌に、ボディラインに、メンタルに、鉄は大活躍する

たとえば肌。シミやシワを増やす原因のひとつが活性酸素であることは多くの人が知っていることかと思いますが、この活性酸素を無害化してくれるのが、カタラーゼという酵素。これを身体のなかで作るのに、鉄が必須なのです。シミが最近増えたという人は要注意。理由は鉄にあるかもしれません。ちなみにコラーゲンを体内で作るときの材料のひとつも鉄です。

そしてボディラインも。わたしたちの身体にある細胞のミトコンドリアでは日々エネルギーが作られていますが、ここでも鉄が重要な仕事をしています。人間の身体は食事に含まれるエネルギーをATPという物質に変えて、それをエネルギー源として使っていますが、鉄がなければATPを作る回路がスムーズに回ることができなくなってしまうのです。エネルギーを上手く作ることができずに材料だけがたまってしまい、結果、太りやすくなると考えることができます。さらに全身がエネルギー不足になるため冷えやすくなったり、疲れやすくなったり......。

心の安定にも大きな役割を果たしています。心を安定させるセロトニンなどは、心の状態や感情を生み出す神経伝達物質と呼ばれ、脳でつくられていますが、これらも鉄の存在なくしては生み出すことができないのです。ちょっとしたことでウジウジ悩んでしまう、落ち込んでしまう、という人も鉄が関係しているかも......。ちなみに産後うつも、鉄不足の理由のひとつとして考えられています。

鉄をとるなら、動物性の食材やヘム鉄のサプリもおすすめ

ちなみに食事から鉄をとるなら、吸収力の高い動物性の食材からとるのがベストです。レバーのパテや煮干しなどを食卓の定番におき、こまめにとるのもいいかもしれませんね。おやつをビーフジャーキーにするのも手。さらにサプリメントを使っても。その場合は、質のよいもの、「ヘム鉄」のサプリメントがおすすめです。

不調を解決するのはもちろん、美しい肌も、ほどよく締まった身体も、上機嫌な心までも手に入る鉄。健康だけじゃなくキレイまでついてくるのは、女性にとってはうれしいものです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    3. イライラするのは細菌のせい? 空腹が脳にもたらすこわい影響とは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. モヤモヤした気持ちとサヨナラするには? 不安との上手な付き合い方

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    8. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン