1. Home
  2. MIND
  3. 自分の「女性らしさ」を受け入れてもっと幸せになる

自分の「女性らしさ」を受け入れてもっと幸せになる

運命を変えるマインド革命

2,791

斎藤芳乃

自分の「女性らしさ」を受け入れてもっと幸せになる

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。女性が女性として、女性らしく生きていく......。本来であれば、無理をしすぎることもなく、自分を大切に愛しながら働き、愛するひとにも大事にされる生活が出来ればいいのですが、なかなかそれが叶わないのも事実です。強く在ることを求められることや、オトナとしての対応に縛られることもあるからなんですね。でも、こうした「日常のルール」にばかり従っていると、私たちはだんだん、自分の柔らかい優しい感受性を忘れていきます。今回は、そのしんどさから抜けて、女性として幸せに輝いて生きるための3つの心理ロジックをお伝えさせていただきますね。

1.弱さもある。でもそれを受け入れて、癒やしながら生きる

強く在りたい、頑張りたい!と思えば思うほど、私たちは自分の弱さを嫌ってしまうもの。

「こんなことで泣くなんて、情けないな。もっと頑張っている人もいるのに」「もっとできればいいのに......、出来ないから、もっと努力しないと」

なんて、思って眠れなくなってしまうこと、ありますよね。誠実であればあるほど、他人の期待に応えようとしてしまいますし、それゆえに強く完璧であることを目指してしまいます。

けれど、泣いてしまう、努力できない、疲れてしまう、しんどい......そんな自分も、大切な自分です。さぼっているのではなく、努力し続けてきたからこそ疲れてしまうこともありますし、「ちゃんとしたい」と願うからこそ、そうではない自分に涙することもあるんですね。

だから、表面的なことで判断するのではなく、「泣きたくなるくらい頑張っている自分」を、深い部分で認めてあげてください。女の子なのによく頑張ってるね。辛いのに、よく我慢しているね。でも、そろそろ休んでもいいよ。そんなふうに自分に言ってあげましょう。

2.オトナになりきれなくていい。その自分で愛される

オトナになると、場面場面で他人から要求されることも多く、理性的な冷静な判断を求められることもありますよね。でも、プライベートでは、そんなしがらみから自由になってみて。子供みたいに無邪気にはしゃいでもいいですし、嫌いな物は嫌い、好きなことはどんどんやりたい!そんな自分でいいんです。美味しい物をひたすら食べて、時には嫌いな上司の悪口言って......、泣いて、笑って、それでいいんです。型に自分をはめようとすると、自分の理想に押しつぶされて、苦しくなってしまうことがあります。でも、もっと感情的で、自由が好きで、遊びたい、楽しみたい、愛されたい、甘えたい自分も必ずいるもの。

だからこそ、「オトナを捨てる!」そんな時間を持ってみてくださいね。

3.できない、は、男性を求められる大切な要素

出来る女を目指してしまうと、出来ない自分がまるでまったくダメなように思えて。そんな瞬間もありますよね。ふと、「あーあ」と自分にがっかりしてしまうこともあります。努力しているゆえに、です。けれど、そんなときほど、「できない」でいることで、「出来る男」を受け入れられるチャンスだと考え方を変えてみて。男性は元々頼られることが大好きです。女性を助けたいと思っているし、同時に、それによって自分の強さやアイデンティティを確認したいとも思っています。

そのため、自分の弱さを嫌わずに、「これができないから助けて」「ちょっとしんどいんだけど、どうしたらいい?」と、お願いできるようになるといいんですね。こうすることで、「出来ることもあるけれど、出来ないこともある。そんな自分で愛される」という人生が始まっていきます。女として生きるとは、「私が感じている心」を殺さないということ。しなやかで美しいあなたのままで、さらに輝いて毎日を生きていきましょう。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら